法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
286224 金貸しによる司法支配の構造
 
田中素 HP ( 48 長崎 企画 ) 14/01/15 PM05 【印刷用へ
日本では、「法の番人」である筈の司法ですら、金貸しからの支配を強く受けている。

「日本最強の捜査機関」と呼ばれた東京地検特捜部は、ロッキード事件、リクルート事件など日本現代史に残る贈収賄事件や汚職事件の捜査と立件を通じ多くの政治家たちの政治生命を断ってきた。当時のマスコミは、政治腐敗を浄化する国民的ヒーローのごとく特捜を持ち上げたが、それは全くの虚像だった。東京地検特捜部の前身は、戦後、旧日本軍の物資収奪を担うGHQの直轄部隊(隠匿退蔵物資事件捜査部)であり、彼らの主任務は、中国との接近を図った田中角栄をはじめ、米国の金貸し=ロックフェラー支配からの自立を志向する政治家たちの社会的抹殺だったのである。

支配を受けているのは検察だけではない。4年前の民主党政権時、角栄の系譜を継ぐ小沢一郎の首相就任を阻んだ陸山会事件では最高裁が動いた。調書を改竄してまで軽微な書類ミスを起訴まで持ち込もうとした東京地検の強引な捜査が証拠不十分に終ると、事件は最高裁事務総局が管理する「検察審査会」の場に移された。検察審査会は民意の反映による検察の暴走抑止を名目に一般有権者に審査を委ねる制度だが、これが非公開制であることを利用して、最高裁事務総局は架空の審査会を開催し、強制起訴の議決を捏造したのだ。結局、裁判で小沢は無罪となったが、金貸しの目論見通り小沢の政権担当の機会は失われた。

彼ら司法官僚は、どのようにして金貸しの手先と化していくのか。
法務官僚トップや検察トップの多くは、そのキャリアの過程で外務省に出向し、駐米大使など滞米勤務を経験する。彼らはその滞米期間中に、国際的な権力構造の実態を知らされる。もともと受験エリートで序列志向の強い彼らは、この権力構造に従うことが己の身分・地位を上昇させる道と刷り込まれた上で、出世を約束された幹部候補生として日本へ戻ってくるのである。1万人に1人のエリートを発掘して養成・懐柔するという、ルネサンスの時代から続く支配の常套手段がここでも使われている。

さらに付け加えれば、’00年代、日本の大学で量産された法科大学院(ロー・スクール)や裁判員制度の創設を柱に進められた「司法制度改革」も、米国からの「年次改革要望書」にその具体的内容までが明記されている。即ち、日本を米国のような訴訟社会に変え、ビジネスの拡大を狙う金貸しの意向に沿った政策を官僚たちが実行したに過ぎない。

要するに、国会(立法)も、官僚(行政)も、検察・裁判所(司法)も、金貸しの掌の上で茶番劇を演じているのである。権力の濫用を防ぎ、国民の権利と自由を保障すると謳われる「三権分立」など、本当の支配構造を見え難くするためのお題目に過ぎないことに気付かなければならない。
 
  List
  この記事は 286172 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_286224
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299470 小沢一郎と創価学会との深いつながり(1) 敢為丈夫 14/12/22 PM08
295599 検察審査会法の41条の解釈変更、報道されないうちに変更されていた、だれもが簡単に刑事被告人になるリスクの到来 山上勝義 14/09/20 AM10
金貸し支配の構造まとめ@ 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 14/02/08 PM09
286366 米国の司法も、グローバル企業に支配されている。モンサントを巡る訴訟結果 レオンロザ 14/01/19 PM07
286309 アメリカに洗脳された元東大教授が主導する民法改正の狙い 橋口健一 14/01/17 PM10
286267 【図解】金貸し支配の基盤とその崩壊構造 山澤貴志 14/01/16 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp