健康と食と医
285216 1日1食主義
 
吉田達乃鯉 ( 33 神奈川 会社員 ) 13/12/17 PM10 【印刷用へ
『1日1食』こそが、最も自然な健康法。
科学的なデータと共にみるとすごく納得します。
明日から実践です!

知ってはいけない!?医食住の怖〜い話(著・船瀬俊介)より引用。
==================================================================
1日1食主義〜長寿遺伝子オンで寿命も延びる!

◆食べない方が調子いい
私は1日1食しか食べない。こういうと、ヘェーッ!という反響が返ってきます。以前は、奇人変人を見るような目で見られたものです。しかし、最近はお医者さんでも「1日1食」 がマスコミをにぎわし、どうやら市民権を得たようです。1日1食と言っても旅行や、ひとと付き合うときは、1日3食のときもある。わたしは一応ベジタリアンですが、友人と飲食するときは肉を食べることもあります。食事は栄養以外に交友にも欠かせないからです。

なぜ、一日一食なのですか?
よく、聞かれます。それは、食べない方が調子がいいからです。2食食べると具合が悪くなります。3食食べると眠くなります。仕事になりません。

◆「空腹を楽しめ!」
「食べる工夫でなく、食べない工夫をしろ!」と、沖正弘先生の野太い声が、いまだ耳元で聞こえてきます。お姿がありありと目の前に浮かびます。私は24歳でした。三島のヨガ道場で、沖ヨガの取材を許されたのです。

壇上の先生は、道場に響き渡る声で話されます。
「空腹を楽しめ。健康体は、腹が減るほど調子が出る」

このとき、目からうろこのような感動を覚えました。「腹八分に医者いらず」につづいて、ヨガの教えには「腹六分で老いを忘れる」「腹四分で仏に近付く」とあります。つまり、悟りを開くということです。

◆カロリー半減で2倍生きた
私は、このヨガの教えにしたがって一冊の本を書き上げました。タイトルは 『「長生き」したければ、食べてはいけないけない』 (徳間書店)。
そこで、さまざまな科学的データを取材し、ヨガの教えの正しさを実感しました。

例えば、1935年、米コーネル大学のマッケイ教授はネズミのカロリーを60%に制限すると、2倍以上生きることを実証しています。カロリー半減で2倍生きたのです。まさに「腹六分目で老いを忘れた」のです。

このマッケイ論文は、70年以上も社会から黙殺されてきました。食べる量を半分にしたら、寿命は2倍に延びる。素晴らしい健康法であり、長寿法ではないですか!しかし、世界の食料利権を牛耳る食糧マフィアにとって、これはトンデモナイ理論です。この真実が広まったら人類は半分しか食べなくなる。それは食糧市場が半減することを意味します。食糧価格は暴落するかもしれません。だから、あらゆる政治的圧力を使って、この論文を歴史の闇に葬ったのでしょう。

◆腹七分で1.6〜2倍生きる
しかし、2009年、衝撃的実験の結果が発表されました。米ウィスコンシン大学、赤毛サルの実験です。なんと20年にわたって栄養と健康の関係を調べた報告です。

76頭のサルを2つのグループに分け、一方はカロリー100%のエサを与え、他方には70%のエサを与えました。
そうして20年、カロリー制限の効果は、めざましいものでした。腹七分組のサルは、毛もツヤツヤと若々しく、シワもない。生ぎ生きと活動的です。それに対して腹十分組のサルは、はっきり老化がわかり毛もパサパサ、顔はシワだらけ、動くのも大儀そうです。

実際、飽食組のサルは半数が死亡。一方、節食組は80%が生存。1.6倍の生存率です。また、飽食組は37%がガン、糖尿病、心臓病、脳萎縮など老化に伴う病気で死にました。これに対して腹七分組は加齢による病気で死んだのはわずか13%。腹十分組の約3分の1です。

明らかにカロリー制限は寿命を延ばし、さらにガン、心臓病は半分以下に激減。糖尿病はゼロでした!(『サイエンス』 09/7/10)
同様に60匹のサルを使った15年間の実験では腹七分組のサルは2倍生き残っています(米国立衛生研究所M・レーンらの実験)。

◆長寿遺伝子の発見と解明
さらに少食の効用は、長寿遺伝子の発見により決定的になりました。レオナルド・ガレンテ博士 (マサチューセッツ工科大学)が、存在をつき止めたのです。
マウスの実験でカロリー制限をすると脳・腎臓・肝臓の各臓器の長寿遺伝子が急増することを証明しています。

興味深いのはカロリーを半分近くに制限すると微生物から線虫、昆虫から哺乳類まで、あらゆる動物の寿命が1.5〜2倍に延びることです。これはウィスコンシン大の実験などと共通します。

長寿遺伝子のはたらくメカニズムも解明されています。「老化」は活性酸素や紫外線などで遺伝子が傷つくことで進行します。カロリー制限すると遺伝子を守る酵素に、酵素を補う物質が合体します。遺伝子を傷つける紫外線、活性酸素を防ぐため連結強化して、攻撃を撥ね付け遺伝子を守るのです。

考えてみたら野生動物で3食きちんと食べている動物はいません。空腹、飢えこそが、生命力の原点だったわけです。1日1食にすると、いいことずくめです。まず、見かけも若々しくいられる。体もスリムで締まる。医療費がまったく要らない。食費が3分の1ですむ。買物、料理の手間、お茶碗洗いも3分の1!

どうです。実践してみませんか。

==================================================================
(引用終了)
 
  List
  この記事は 283213 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_285216
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
289224 一日一食健康法 匿名希望 14/04/12 PM07
288441 ファスティング療法 匿名希望 14/03/18 AM02
農を身近に★あぐり通信vol.17:明日から始めよう☆1日1食主義☆ 「新しい「農」のかたち」 14/02/21 AM10
【コラム】類農園の業態革命〜“からだ”も“こころ”も充たす直売所「農家の食卓」 「新しい「農」のかたち」 13/12/22 PM05
285323 生で食べれば病気にならない 末廣大地 13/12/21 PM00
285256 食べ物に殺されるー食物アレルギーの深刻さ 匿名希望 13/12/19 AM08
285249 コーヒーを毎日飲んでいい理由が11もある HHH 13/12/18 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp