健康と食と医
283589 重曹うがいを1ヶ月続けてみた。⇒効果大!
 
匿名希望 Z 13/11/20 PM10 【印刷用へ
282621 虫歯予防にはフッ素でなく重曹!』
を読ませていただき、近所のドラッグストアで重曹を購入(300gくらいの袋が400円と安い)、1ヶ月程度うがいを続けてみた。
といっても1日1回寝る前に1分くらいなので、ほとんど手間も時間もかからない。

■結果
正直、あまり期待はしていなかったのだが、良い意味で裏切られる結果に。
まず、口の中がさっぱりする。
そして、明らかに歯垢が付きにくくなり、歯磨きなど比較にならないくらい歯がツルツルになり、黄ばみも消えてくるのが実感できる。食事後、歯と歯の間にモノが挟まりやすかったのだが、ツルツルになった効果か、ほとんど挟まらなくもなった。


■どうしてこうなったのか?
やはり、口内のpH値が上がる(アルカリ性〜中性)のがポイントのようだ。

《以下引用》リンク
1.むし歯という病気の特徴
・歯が溶ける病気である
 むし歯は、硬組織である歯を溶かす病気です。本来頑丈なはずの歯の組織であるエナメル質や象牙質が溶けてしまい、くずれてしまうのがむし歯の特徴です。
 歯冠のいちばん外を覆っている組織はエナメル質です。エナメル質はカルシウム、リン酸などでつくられるハイドロキシアパタイトという組織により構成される石灰化組織ですが、むし歯により溶け出していく現象は「脱灰(だっかい)」というふうに表現されます。
 むし歯を放置しておくと、どんどん進行してしまい、歯のアタマが溶けてなくなることがあります。
・口の中の細菌により生じる
 むし歯をつくる原因はいくつかありますが、その中のひとつが細菌です。口の中にある細菌(ミュータンス菌:Streptococcus mutans)が引き起こす感染症である、という言い方もできるでしょう。
 歯周病も口の中のいくつかの微生物が原因となりますが、ふだんから口の中に棲みついている微生物が原因である、という点は共通しております。

2.むし歯を進行させる三つの要因
   ・歯   ・食物   ・細菌
 この三つの要素が絡まったときに、歯は溶け始めます。
 むし歯を引き起こすいちばんの原因は歯垢です。歯垢は細菌の塊ですが、細菌が歯のまわりに残ってしまった食物残渣(わかりやすくいえば「食べかす」のこと)を介して増殖していくことにより歯垢が生じます。
 ここで、歯垢のpH(ペーハー)が下がり、酸性化していくと、歯垢中に細菌により産生された物質が歯を溶かしていきます。これがむし歯の実態なのです。

3.歯垢のpHについて
 では、どんなときに口の中のpHが低くなるのか?
 一般的には、飲食後だといわれております。
 ふだんのお口の中は何もしていなければ、pHは7弱で、ほとんど中性の状態です。ところが、飲食をすることでpHが下がり、むし歯を引き起こす境界線といわれているpH5より下がります。しかし、唾液のはたらきにより、歯垢のpHは再び上昇し、中性状態になるのです。
 朝昼晩三食のみの方は、飲食によるpH低下は一日三回という理屈なります。しかし、間食などで一日に何度も飲食をしている人だとpH低下の機会が増えるので、それだけ「脱灰」の機会が増え、むし歯になるリスクが高まります。

《引用以上》

現代人は四六時中、飲食物を摂取しているため、口内が酸性になりがち。
このような食生活が歯に負担を強いていると言えるだろう。
重曹うがいと共に、過剰な飲食物摂取に留意してゆけば、自分たちの体をより健全な状態に戻せるのではないかと思われます。
 
 
  List
  この記事は 282621 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_283589
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
318733 天然の歯磨き粉の作り方 蔦宇兵衛 16/08/22 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp