思考革命:問題意識発から可能性発へ
282868 20時間で新しいスキルを身につけるための4つのコツは「自考型学習」!?
 
あしか ( 24 宮城 設計職 ) 13/10/30 PM08 【印刷用へ
「Outliers」という本は「新しく何かを勉強し始めて、あるレベルまで達するには1万時間必要である」とする1万時間の法則を提唱し、実例としてビル・ゲイツ氏など多くの著名人を挙げておりアメリカでベストセラーになりました。しかしながら、「忙しい現代人に1万時間は多すぎる」と感じた作家のジョシュ・カウフマン氏は、The First 20 Hoursという20時間で新しいスキルを身に付けるための方法やポイントをまとめた本を執筆し、その内容についてのプレゼンテーションを2013年にコロラド州立大学で開催されたTEDxCSUで行いました。

The First 20 Hoursを執筆したジョシュ・カウフマン氏は、奥さんが子どもを産んでからというもの、夫婦で共働きということもあり、仕事と子どもの世話に追われてとても忙しい毎日を送っています。最近では、忙しすぎる毎日に「もう二度と自由な時間を持つことができないのでは」と考え始めるようになってしまうくらい。

自由時間を使って、何か新しいことを学習することが大好きなカウフマン氏は、一体どれくらいの時間があれば1つのスキルを習得できるのか調べてみることにしました。いろいろな本を読んだり、インターネットを検索してたどり着いたのは、1つのスキルを手に入れるのにかかる時間は1万時間、毎日8時間勉強しても約3年半もかかってしまうという「1万時間の法則」。

「子育ても仕事もしている自分に1万時間も自由時間があるはずない!」と思ったカウフマン氏がさらに調べていくと、1万時間はゼロからプロレベルに達するためにかかる時間であることがわかります。次にカウフマン氏が気になったのは「ゼロから、プロではなくてある程度のレベルまでスキルを上達させるにはどれくれい時間がかかるのか?」ということでした。

下記のグラフは(※リンクを参照ください)縦軸が「タスクを終わらせる時間」、横軸は「練習時間」表しており、練習を始めた当初はタスクを終了させるのに長い時間がかかりますが、段々と練習時間が増えるにつれ、タスクを終わらせるのにかかる時間は減っていく傾向にあります。なぜなら練習を積み重ねることで、質の高いパフォーマンスをできる、つまり学習の効率が上がるからです。

カウフマン氏が独自に調査したところ、新しいスキルをゼロからある程度まで学習するのにかかる時間は20時間だということがわかりました。

しかしながら、20時間で新しいスキルを習得するにはちょっとした4つのコツがあるようで、そのコツをカウフマン氏が紹介します。

◆1:習得したいスキルを分解
スキルはさまざまな要素の集合体。その集合体を分解することが、スキルを習得するために必要であり、また、重要な基礎の部分を明確にします。基礎を明確にしたら、重要であるものから先に練習することで、以降の学習スピードを向上させることができます。

◆2:自己修正できるレベルまで学習する
学習しながら、自分でミスを訂正できるようになれば、さらに学習効率が上がっていくそうです。

◆3:邪魔になる物の排除
テレビやパソコンなど学習の妨げになるものは、できるだけ排除して勉強に集中することが大事。

◆4:少なくとも20時間は練習する
自分には無理かもしれない、などの先入観を捨てて20時間は少なくとも練習。20時間後には、勉強を始める前にもっていた先入観を打ち破るほどの自信を持て、その後に勉強を続けられる要因にもなります。新しいスキルのために1日30分を費やしても、40日間しかかかりません。


カウフマン氏は上記のコツを使ってウクレレを20時間練習。最初はパーツの名前などから勉強し始めたとのこと。
次にウクレレを弾くためのコードを勉強すると、100以上存在するコードの中で少なくとも4つあれば、ある程度の曲を弾けることがわかったそうです。
実際に20時間しか練習していないウクレレを演奏し始めるカウフマン氏。決してプロ並みのレベルではありませんが、その演奏は自信に満ちあふれていました。


聴衆は演奏を聴いて、最後に大きな拍手をカウフマン氏に送ります。


カウフマン氏は「学習の妨げになっているのは、知性や間違った勉強方法などではなく、新しいことを勉強することへの恐怖からくる感情なのです。だからまずは20時間、言語でも料理でも何でもいいので勉強してみてください」とプレゼンテーションの最後を締めくくっています。

リンクより。


これって

「実現したいこと」を分析

「できる」「できない」とあれこれ考えずにまず、やってみる

自分でミスを見つけられるようになるまで学習する
=自考できるようになるまで学習し、「何が出来ないのか」を見つけるようになる

あとはそれを克服するだけ!

ってことですね。
まさに、自考力を鍛えながら勉強するってことが
学力アップに向けた最短の方法なのではないかな、と思いました☆
 
  List
  この記事は 206255 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282868
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp