西洋医療と東洋医療
282821 病気は毒素の排除作用
 
G線上のアリア ( 30代 ) 13/10/29 PM00 【印刷用へ
一般的には、病気にかかると“早く治そう”として病院で治療を受けたりします。
しかし、病気とは体内に入った毒素を排除する回復過程でもあります。

この病気という“一過程”のみを問題視して措置を行うことで、回復に向かう過程を妨げ、却って根本的な回復を遅れさせたり、投与した薬が毒素として作用することが起きるのです。

ただし、医療を問題視・危険視しても根本解決には至りません。
人間を含む生物が本来備えている適応機能や自然の摂理を学ぶことが、健やかな生活を送る起点になると思います。

◇医学の盲点と自然良能力・・・リンク
<「がん」と仲良く暮らす(自然のままに^^)>より
////////↓↓引用開始↓↓////////
人間が自分自身の力で、元に戻ろうとする力を「自然良能力」というのだろうか?? 自然治癒力、免疫力という言葉は、聞きなれているんだが・・・・

再び、岡田茂吉の主張を紹介したい・・!

<医学の盲点と自然良能力>
 現代医学の誤っている事は、常に私の唱えている通りであるが、その中で最も誤っている点は何かというと、人間が先天的に保有している自然良能力を全然無視している事であって、それは斯うである。

今仮に、病気に罹るとする、早速お医者に診て貰うと、お医者は 「早く来てよかったですね、若し手遅れになると飛んでもない事になる処でした」 というのはよく聞く話であって、全く医学では発病するや放っておくと、益々悪くなるように思うからである。

 そこで極力それを喰い止めるべく薬剤をはじめ、種々の療法を行うのであるが、之をみても医学は手遅れになるのを大いに嫌い、何でも早い内に喰い止めなければいけないと思う点に、大変な誤りがある事を教えなければならないのである。

 何となれば病気とはいつもいう通り毒素の排除作用であるから、其の儘放っておけば順調に排除されて了い、病気は治るに決まっている。即ち熱、咳、痰、鼻汁、汗、下痢、痛み、痒み等凡ゆる苦痛が其の為であるから、少し我慢さえすれば、汚物は出るだけ出て体内は綺麗になるからである。としたら手遅れなどという意味はない訳である。

 処が此理を知らない医学は、反対の解釈であるから、放っておく事を非常に恐れ戒める、ツマリ出ようとする汚物を出さないようにして、固めるのをいいとしている。之では病気根治など出来ないのは当たり前である。それから今ひとつの医学の盲点は、よく怪我をしたり、火傷などすると、大抵は膿むことになるが、之を又非常に恐れ膿を出さないよう種々の方法を行うが、之も大変な間違いである。

 というのはそういう刺激によって其の部へ毒素が集まるもので、どんな人間でも必ず相当量の毒素を保有しているから、何かの機会があれば体外へ排泄されようとして、忽ち傷口目掛けて集中し、排泄されようとするのであるから、化膿の部分が大きい程毒素も多く出る訳で甚だ結構なのである。

 処が医学は化膿するのは黴菌が侵入して繁殖する為と、悪い意味に解釈するから、極力化膿を止めようとし殺菌剤などを使い、冷やしたり、注射したり、安静にしたりして、色々な手当てを行う、という訳で吾々から見れば馬鹿々々しい程の逆を行っている訳である。処が此殺菌剤が問題である。

 というのは之れが先ず筋肉から滲透し、時日が経つと恐るべき中毒作用を起こす事になる、何しろ如何に微細な黴菌と雖も、生物である以上、それを殺す程の薬剤としたら、人体に与える影響も又甚だしいのである。

 それで消毒剤が古くなると猛毒に変化し、早晩此浄化が起こる、即ち発熱、痛み、不快感等非常に悪性の悩みで、其際医師に診せると原因不明の病気と言われるが、何ぞ知らん此原因こそ医療が作ったのであるが、マサカ医師としては消毒薬が原因であるなどとは夢にも思えないから、治療の施しようもないというのはよく聞く事である。

 此様に人体は、常に汚物排除の清掃作用が起るので、之を称して自然良能力というのである。此様に人間は生れ乍らに病気を治す自然良能力を有っているとしたら、此良能力を尊重し、発揮させる方法こそ、真の医学であるべきに拘わらず、反って其の良能力を阻止するのを可として、それを進歩させるのであるから、如何に誤っているかが分かるであろう。

 之は理屈ではない、何よりも事実がよく示している。仮に寒冒に罹るとする、之を最初から何もせず放っておけば、前述の如く速やかに治ってゆき、普通一週間位で済むものを、医療を受けると三週間も四週間もかかる事になる。而も自然療法なら、支障なく順調に治ってゆくが、医療を行うと仲々治らない。余病が併発したり悪化したりする。

 中には結核になる人さえある。然し偶々医療で治る事もないではないが、それは医療の妨害に勝つという旺盛な治病力の持主だが、こういう人は寔に少なく、大部分は溶解毒素が一時的にもせよ固まって全快したようになるのである。

 以上によって大体分かったであろうが、事実現代医学は大いに進歩したように見え、有難がっている処に其の迷蒙さがあるのである。以上によってみても、人間は自然良能力という医療も及ばない程の、素晴らしい治病力を天から与えられている以上、之を知っただけでも如何に大きな幸福をつかみ得たかである。

(以上、引用終わり)

要は、現代の医療は放っておけば治るものを、いろいろ手を加えて「毒出し」の邪魔をしている・・・こういうことなのだろうか?? 確かに対症療法というのは、薬などで痛みや熱などの症状を抑えることをする。それで治ったと、我々は思っていることは多いのだ・・・。治ったのではなく、実は「毒を溜め込む」ことになっているのか??
////////↑↑引用終了↑↑////////
 
  List
  この記事は 262068 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282821
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp