西洋医療と東洋医療
282621 虫歯予防にはフッ素でなく重曹!
 
THINKER・鶴田 HP ( 40代 名古屋 自営業 ) 13/10/24 AM07 【印刷用へ
 虫歯予防のために歯磨き粉に添加され、歯科や保健所、学校などで塗布が推進されているフッ素は甲状腺機能低下、骨粗鬆症、骨形成異常、子宮がんなど、数多くの健康障害を引き起こすことが知られている。特にフッ素が脳の松果体に蓄積し、児童の知能低下を引き起こす点は、全ての歯科医や保護者に知っておいてほしいことである。

 国際フッ素研究学会(ISFR)リンク 発行のFluorideジャーナルには、フッ素が児童の知能低下を引き起こすことを示唆する調査が多数掲載されている。
例を挙げると、インドにおけるフッ素濃度と知能低下の調査報告では、飲料水1リットル中のフッ素濃度が5.55mgのサナチャ地区では、同2.01mgのチャンドロディア地区に比べて、男女平均のIQが12ポイント低かった。(サナチャ地区の男女平均・IQ92に対して、チャンドロディア地区が104)
そして、イランにおける別の調査ではさらに低濃度のフッ素でも知能指数の低下が報告されている。マジマバード地区(飲用水中のフッ素濃度2.5mg/L)とゾヤール地区(同フッ素濃度0.4mg/L)の比較では、マジマバードの男女平均・IQ88に対し、ゾヤール地区がIQ99。
他にも中国におけるフッ素による知能低下の研究報告が複数あるが、イランのケースでは極低濃度のフッ素でも知能指数の低下が見られる点が非常に重要である。

 さらに、フッ素には虫歯の予防効果もないことを科学的に実証した研究がある。
明海大学歯学部講師の筧光夫氏による電子顕微鏡と顕微ラマン分析装置を使用した観察によれば、歯科用のフッ素剤による歯のエナメル質の強化(フッ素イオンによるフロール化)と歯質の強化のどちらも実際には起きておらず、逆に歯の結晶構造が破壊されていた。
マスコミや歯磨きメーカーや多くの歯科医が訴える「フッ素による虫歯予防」には科学的根拠があるように言われながらも、筧氏の研究のように観察された実際の画像などの証拠があるわけではない。「生体アパタイト結晶形成機構とフッ素イオンの影響」と検索すれば、筧光夫・明海大学歯学部講師の研究論文をネット上で閲覧することができるので、一読をお勧めする。

 では、虫歯予防にはどうしたら良いのか?
とても簡単で安全、安価な方法がある。それは重曹である。
リンク
予防歯科の分野で、これまで歯科医や歯科衛生士でも進行が阻止できなかった初期の虫歯の治療が重曹の使用で非常に高い効果を上げている。
通常の歯磨き後に、小さじ半分の重曹を100ccの水に溶かした重曹水を作り、30秒うがいするだけで歯の再石灰化の効果があるという。
先述の予防歯科では重曹とフッ素が併用されているが、フッ素なしでも重曹だけで初期の虫歯の治癒効果を上げていたと推測される。
ちなみに重曹は唾液中の重炭酸イオンによる緩衝作用と同様の働きをして、食事やストレスで酸性に傾いた口内環境をアルカリ化し、中和する働きをする。この働きにより歯の再石灰化を促進するとされる。
 
  List
  この記事は 280446 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282621
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
283589 重曹うがいを1ヶ月続けてみた。⇒効果大! 匿名希望 Z 13/11/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp