学者とマスコミはグルで頭脳支配
282338 「福島第一原発、だめだ」 福一作業員からの連絡
 
森羅万象 ( 知命 滋賀 農業 ) 13/10/16 PM03 【印刷用へ
■最近は、福島原発事故の状況がほとんで報道されず、事実がなかなかわかりません。そんな中での現場からの生々しい声を紹介します。
●もう黙ってられない! 原発なくせ!ちばアクションリンク からの引用です。
〜引用開始〜
「福島第一原発、だめだ。」ーー福島第一原発に働いている知り合いから連絡がありました

フェースブックから
先ほど、福島第一原発に働いている知り合いから連絡がありましたので紹介します。
・引用開始・
福島第一原発、だめだ。
現場の意識レベルが最近低下して、原発の知っている人が居なくなってきた。
線量計も身に付けさせてもらわず、4時間⇒7時間作業に伸びた。人が足りてない。素人ばかりだ。さらには、自分の被曝量もわからない。
やり方はむちゃくちゃ。日当もほとんど上がらない。
最近では、会社をクビになったおっさんまできだした。
多分、浮浪者も居なくなってきているのかも。
夏も終わり涼しいが風が強いと埃が舞って、さらに被曝量が増えている。
俺の靴下に入れているシート型線量計も100ミリシーベルトはこえていた。
あと、二週間前に、同じ作業員が、急性心不全で亡くなった。
そいつは建てや内の作業で、高レベル放射能地区だった。
もう、誰も止められないよ。
どうしよ。このまま福島第一原発は続いていくのか心配。
タンクの汚染水漏れ、ホースのつなぎでの被爆なんて、現場ではわからない。全てにおいて報道で知る。アルプスも不具合治しながらだが、除去されている補償がない。
現場にいると、綺麗事なんてない。2年半、なんにもできていないみたいだ。なんとなく周りに建家を立てているが、3号機なんて近寄れないし。
事実を報道しない理由はわかる。
報道したら、福島第一原発はチェルノブイリよりタチが悪い。
東電も、毎日何かやっているが、メルトスルーすら、なんにもわかっていないみたいだ。
これから、また、どうなるかわからないが、もう少し働いてみる。
今日の夕方に、嘔吐により病院行ったが緊急入院。白血球が異常値らしい。
もう、作業員も使い捨てだな。
また、連絡するな。
・引用終わり・

●現場の士気が低下。
なくなっている人もいる。
政府は理解していても東電任せだろう。
なんとかできないのか。。
以下管理人
事態はどんどん進展していますね。
どうすればいいのか・・焦るばかりです。
「限度」は100mSv/5年ですから、(賃金以外に)最低限でも1mSv当たり20万円程度の補償と、万全の安全対策・健康管理を実施させねばなりません。
そのうえで、5年以降の継続雇用も保証させることです。朝日の記事も参照
リンク
〜引用終わり〜
 
  List
  この記事は 282235 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282338
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
282588 福島第一原発の事故が収束に向かっているのかどうかは、メルトダウンした核燃料が取り除かれたかどうかで判断すべきだ。 本田真吾 13/10/23 PM03
282453 次第に人がいなくなってきた福島第一 岡本誠 13/10/19 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp