西洋医療と東洋医療
282261 森下氏の語る「自然治癒力」の基本〜「元にもどる」ということが、生命現象の最大の特徴
 
コメットさん ( 27 越後 会社員 ) 13/10/14 PM00 【印刷用へ
以下、「ガンは食事で治す」森下敬一・著 より引用します。
**.....**.....**.....**.....**.....**.....**.....**

◆「可逆性」がある限り、不治の病などない
健康を語る時、特に銘記しておきたいことがあります。
それは、生命の世界は「可逆的である」という特性があるということです。これは、命がある限り、どんな病気でも治る可能性をもっているということを示しています。
条件次第で、体はいい方向にも悪い方向にも向かうということです。病気になったというのは、病気になるだけの条件が整った結果なのであって、逆に適切な処置を行えば、病気は必ず治っていくのです。「不治の病」とか「手遅れ」といった言葉を現代医学の医者たちは口にしますが、生命のあり方に照らしていえば、そんなことはあり得ないのです。
「元にもどる」ということが、生命現象の最大の特徴なのであって、難病の代表であるガンも例外ではありませんし、他の慢性病も同じです。正しい治療さえ行えば確実に治りますし、実際、治っていっているのです。

◆「自然治癒力」の考え方
現代医学では、病気の原因と人間の体を切り離して考える「二元論」をベースにしていますが、自然医学では、発病の原因だけではなく、生活環境のすべてを人間と一体として捉えている「一元論」で物事を捉えています。この世界のすべてを連続した一つのものとして考え、それぞれのものに便宜上、名前はつけていますが、本質的にはすべてが一体であるという考え方です。

このように一元的に物事を考えていくと、生命の問題も自然に解決の糸口が見つけられます。病気は人間の体に起こったひずみですが、それは、人間を取り巻いている生活環境のひずみを反映しているのです。
中でも、関わり合いの深い生活環境(食物、運動、精神)のあり方を正していけば、自然に病気は消えてしまうものです。
それだけではありません。人間の体自体にも、自らひずみを是正しようとするシステムが働いています。それが「自然治癒力」で、医学用語では「ホメオスターシス(体内の環境の恒常性を保とうとする機能)」と呼ばれています。

私たちが「病気」と呼んでいるのは、実はこの「自然治癒力」の発動であり、体自体が健康な状態に立ち戻ろうとする働きなのです。それが果たして「悪」でしょうか?
これは命を何とかして生き長らえさせようとする反応なのですから、まぎれもなく「善」です。「善」であるならば、攻撃するのは誤りで、攻撃とは逆の反応、あるいは同化による穏やかな治療法をとるのが、自然医学のやり方です。だからこそ、病気を本当に治すことができ、本来の健康をよみがえらせることが可能なのです。

現代医学と自然医学、このどちらの方法が体にとって、そして、健康にとって正しいのか、賢明な読者の皆さんはすぐにおわかりになると思います。
**.....**.....**.....**.....**.....**.....**.....**

現代医学の定説では「ガン=敵」であり、排除すべきものとして捉えられています。その根底の認識が、手術による切除や、毒をもって制す抗がん剤という発想に繋がっています。
しかし、森下氏の説を読むほどに、病を敵として認識している限り、私たちは病気の本当の原因の追究に向かえないのではないかと感じさせられます。私たちが病気と呼んでいるのも、生命原理から考えれば、外圧に適応しようとして起こる働きなのですから。
 
  List
  この記事は 281414 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282261
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp