日本人と縄文体質
282033 日本人と外国人の脳の違い
 
杉山直之 ( 26 静岡 農業 ) 13/10/07 PM11 【印刷用へ
日本人と外国人では、右脳と左脳の特性が異なるようです。


以下、日本人の脳の特性から、引用します。
リンク

_____________________________

日本人と外国人の脳の違い

 よく知られているように、人間には右脳と左脳があります。右脳は『音楽脳』と呼ばれ、情緒・感情、図形・絵画・空間などの認知を司り、アナログ的処理機能を有していると言われています。いっぽう左脳は『言語脳』と呼ばれ、言語・調査・分析・計算・知的な作業などを司り、デジタル的処理機能を有していると言われています。ここまでは日本人も外国人も全く同じです。

 なお、これからご説明する際に使用する「日本人」とは人種的な意味での日本人ではなく、日本語を第一母国語とする人々を意味し、日本で生まれ育って日本語を第一母国語とする外国人も含めますが、外国で生まれ育って外国語を第一母国語とする日本人は含めません。

 また最近の研究で、ポリネシア語を第一母国語とする人々・ボルネオ奥地の山岳民族も、日本人と同様な特性を持つと判明しましたので、今後も中国南部の山岳民族・アフリカ奥地の民族・アマゾン奥地の民族の中に、日本人と同様な特性を持つ民族が存在する可能性がある事を申し添えておきます。

 また外国で生まれ育った日本人でも、日本で生まれ育った外国人でも、生まれ育った所で周囲から隔離された環境下(日本人社会と日本人学校、米軍基地とアメリカンスクールなど)は別であると申し添えておきます。あくまでも関係して来るのは、「第一母国語」なのです。


「右脳は音楽脳と呼ばれ」、としましたが、音・音楽については触れませんでした。その理由は音・音楽を考えると、日本人の右脳は『音楽脳』と呼ぶことが適切でないからです。

 確かに日本人にとっても、西洋楽器の演奏音楽・機械音・雑音については、右脳を音楽脳と呼ぶことに問題はないのですが、人間&動物の鳴き声などの社会音・邦楽楽器音については、左脳で処理するため、右脳を音楽脳と呼ぶことは正確ではないのです。

 「日本人の特性」でも触れましたが、日本語には独特の特性があります。それは「擬音語が多い・母音一字にも言葉を当てはめられる・単語は全て子音と母音で出来ている等」です。

 「擬音語」では小鳥の鳴き声等の「聞きなし」が代表例で、ホトトギス「特許許可局」・鴬「法、法華経」・ツズレサセコオロギ「綴れ刺せ綴れ刺せ」・ツクツクボウシ「つくづく惜しいつくづく惜しい」などです。

 「母音一字にも言葉を当てはめられる」とは、あ=唖、い=意・胃・井・医、う=鵜・羽・雨・兎、え=絵・江・餌・柄、お=尾・緒、などです。欧米語はもとより、中国語・朝鮮語でも、母音一字にも言葉を当てはめられる例は、ほんのわずかしかありません。

 なぜ「聞きなし」・「母音一字にも言葉を当てはめられる」というと、日本人は、母音・社会音などを右脳で処理するのではなく、言語脳である左脳で処理しているため、母音・社会音などを言葉として聞いているからです。社会音とは、人の笑い声・鳴き声・いびき・ハミング・動物の鳴き声・小鳥の鳴き声・波の音・せせらぎの音などの事です。


邦楽を言葉として

 日本人は邦楽をも、言葉として言語脳(左脳)で処理しており、同じ邦楽を音楽として音楽脳(右脳)で処理している外国人と全く違っています。日本人は邦楽を言葉として処理しているために「チントンシャン」「ツテシャン」などと文字でも表記します。

 そもそも邦楽には以前は楽譜がなく、師匠から弟子へ実技(おさらい)と言葉(チントンシャン、ツテシャンなど)で伝えられてきました。琴・三味線などにも流派があり、家元制度があるのも日本だけといっても過言ではありません。琴・三味線(三弦)などは発祥の地ともいえる中国で、今でも伝えられていますが、家元制度はなく、実力のある弟子が技術を後進に伝えて行くシステムを取ってます。

 外国では偉大な音楽家でも、あくまでも先生であり、有名な音楽家の子供さんが、同じジャンルの先生となるのも、バッハ・モーツアルト・シュトラウスなどの例外を除いてあまりなく、その例外も家元となっている訳ではなく、同業を選んだ結果です。宮城流・坂東流という言葉はよく聞きますが、シューベルト流・ベートーベン流などという言葉は聞いた事がありません。
 
 邦楽に限らず日本では、生け花・日本舞踊・茶道も家元制度があり、アロマセラピーの分野でも「香道」という家元制度があります。家元制度ではありませんが、跡継ぎが襲名し主役配役を占める歌舞伎もあります。この跡継ぎ(血縁的子孫、一部養子)が最高トップとなる家元制度は、実力主義の外国にはない伝統です。これも、あるいは脳の違いに遠因があるかも知れないと、思っております。


中略


左脳を酷使する日本人と、右脳を酷使する外国人

 以上述べてきた事を纏めますと、「日本人は右脳で、音楽・西洋楽器音・機械音・雑音を処理し、残りの言語音・社会音・邦楽器音・計算などを左脳で処理する」、「外国人は右脳で、音楽・西洋楽器音・機械音・雑音・社会音・邦楽器音などを処理し、残りの言語音・計算などを左脳で処理する」となります。

 簡単に言うと左脳を酷使する日本人と右脳を酷使する外国人とも言えます。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_282033
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp