健康と食と医
281979 米国で増えるリラックス飲料、不眠や不安の処方薬の代わりに
 
りんいちろう 13/10/06 PM03 【印刷用へ
 カフェインの入ったエナジー飲料の次は、メラトニンやテアニンが入ったリラックス飲料を売り始めるようです。背景としては炭酸飲料売上げの落ち込みがあります。喉が渇いて飲む量には限界があるので、「何か効能がある」と思わせて売るのです。安易に手を出す前に「何か騙されてないか?」と疑ってみたほうが良いでしょう。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『米で増えるリラックス飲料、不眠や不安の処方薬の代わりに』(リンク)より転載

 カフェインなどの刺激成分が入ったエネルギー飲料の販売が急増するなか、それとは逆の効果をもたらす炭酸飲料を求める消費者もいる。「Neuro Bliss(神経の至福)」、「Marley's Mellow Mood(マーリーのリラックス気分)」、「Just Chill(落ち着け)」といった名称の、医薬品とは銘打っていないが、リラックス手段の1つとして販売されている商品だ。従来であれば、リラックスするために、たとえ効果が不十分だとしても処方薬を服用したり、ビールを数杯飲んだりといった方法に頼っていたが、それに代わるものだ。

 Neuro Bliss、Neuro Sleep、Neuro Sonic、エネルギー飲料を含む6種類の飲料品を販売しているニューロドリンクス(カリフォルニア州サンタモニカ)のポール・ネーデル社長は、不安感や睡眠障害を和らげる薬は服用したくないが、何か対策を採りたいと考える消費者が、そうした飲み物を徐々に受け入れ始めていると話す。「われわれが暮らす過剰投薬の文化」のおかげで消費者はリラックス飲料というコンセプトをすんなり受容している、とネーデル社長。

 一部調査では、リラックス飲料に含まれるメラトニンやカノコソウ根、テアニンといいた原材料は、不眠対策や1人でいるときのリラックス感の醸成に役立つ可能性があることが示されている。

 しかし、臨床医は、睡眠障害や不安感の解消に薬やサプリメントに頼るのは最後の手段にすべきであり、日々の運動や規則正しい起床を心がけたり、夜は電子機器をオフにして部屋を暗くしたり、セラピーに通ったりするなどの方法をまずは試すべきだと助言する。

 自然療法の評価を行うマサチューセッツ州サマービルを本拠地とする団体「ナチュラル・スタンダード・リサーチ・コラボレーション」の共同創設者、キャサリン・ウルブリクト氏は、リラックス飲料に含まれる原材料は大半の成人にとってほぼ安全だが、他の医薬品や持病との相性を医師に確認したり、調べたりすることは必要だと話す。

 また、複数の有効成分が入ったこの種の飲料については、まだあまり研究が進んでいない点も指摘し、「怖がらせるつもりはないが、水とは違う」と述べた。

 こうした飲料は、食品医薬品局(FDA)の基準で栄養補助食品に分類される商品として販売されている。つまり、原材料には少なくとも1種類は通常食品ではないとされる成分が含まれているということだ。FDAは栄養補助食品の有効成分の効果や安全性、量は検査していない。

 リラックス飲料が登場した背景には、従来の炭酸飲料の販売減少が10年近く続き、ニッチな消費者を対象にした飲み物を発売する企業が増えていることがある。

 炭酸飲料よりも健康と感じられる飲み物を求める消費者の声は高まっており、低カロリーの新商品が相次いで発売されている。天然成分のみを含んだものもあれば、活力や睡眠促進、風邪対策といった何らかの効果をうたった「機能」商品もある。
 
  List
  この記事は 281535 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_281979
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp