健康と食と医
281920 1日3食は、陰謀だった! その歴史は西洋でも200年と浅い。
 
13/10/04 PM09 【印刷用へ
私たちは、朝食をしっかりとりなさいと、教えられて来たものですが、実はその歴史は浅く、人間の体に本来不要な量の食事を取るようになってから、体に不具合が出るようになって来たようです。
最近でこそ、その事実が明らかになりつつあり、粗食が見直されつつありますが、一健康面だけでなく、政官財がどのようにキャンペーンを張ってきたのか?その歴史もしっかり認識しておく必要がありそうです。

医者が絶対教えない健康裏情報
リンク より

1日3食という食習慣が始まったのは、西洋でも200年足らずです。
日本でも江戸時代後期、元禄の頃から始まったとされ、それまでは、1日2食、昼と夕でした。

西洋では、ドイツの栄養学の確立と共にエジソンの発明により、トースターが普及する頃と合致します。つまり、朝パンを普及することで、トースターを売るために販売業者が朝食必要論を提唱し始めたからです。

日本でも事情は同様でした。玄米から白米が普及し始めた頃に合致するわけです。つまり、精米業者の思惑があったことは明白でしょう。

栄養学的にも、玄米に比べ、栄養価の低い白米は多く摂らなければなりませんでした。経済的に最も発展した元禄時代だから、そこそこ裕福な人も増えたことも背景にあるでしょう。

このようなことからも1日三食になった経緯は、恣意的なことだったわけです。

近年、「朝食抜き」の生活習慣を改めさせ、“朝食の大切さ”を訴えている論調も多く、農林水産省も朝食推進運動を展開しています。

朝食の経済効果は1.5兆円にも上ります。つまり、「朝食抜き」が増えると、食品業界、薬品業界、医療業界が経済的にも大打撃を受けるわけです。

1985年、厚生省が「一日30品目」を推奨する食生活指針を発表しましたが、これも政治的な背景があることはおわかりになるでしょう。

当時、日米貿易摩擦の解消のために「プラザ合意」がなされ、円高が一気に進行し、米国の輸入食品が安く大量に出回るようになりますが、それを後押しするための政策だったわけです。

その後、空前のバブル時代を迎え、日本は飽食の時代を迎えたのです。「1日30品目」は2000年に指針から削除されますが、未だにこの“信仰”は生きているようです。

「栄養はバランス良く」 ここから栄養補助食品(サプリメント)などを普及させる素地となっています。

勿論、これもサプリ大国の米国の思惑ですね。
(同時に向精神薬の新薬が2000年頃から大量に日本へ入り込み、なぜか自殺者が増大していきます)

1日3食が当たり前となった私たち日本人は、幸いにしてか、低カロリー、低脂質、低タンパクの食生活でした。今から見れば粗食であり、栄養学的見地からも塩分や炭水化物に偏向した食生活でした。
それで不健康だったかといえば、そうではありません。

(詳細は述べませんが、近代栄養学を確立したドイツ医学を見本としたのは、大日本帝国憲法と同様、西洋人の発想にある“栄える”ことを意図しているため、「栄養学」と翻訳されていますが、当時「営養学」という“体の営み”に重きを置いた言葉を使用すべきだという議論もあったようです)

先にも触れましたように、1日三食用に人の体は作られていなかったのです。
そこから健康被害が生じるようになりました・・・
 
  List
  この記事は 259655 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_281920
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp