新しい男女関係(→婚姻制)の模索
281544 生物史から学ぶ、男と女の組織論
 
岩井裕介 ( 41 山口 再開発プランナー ) 13/09/25 AM00 【印刷用へ
男としてどう生きるべきか、女としてどう生きるべきか、男女の関係はどうあるべきか、、、誰もが考える普遍的な問いであるが、個(個人)の視点で見るか、種(集団)の視点で見るかで、これらの問いに対する答えは全く違ったものになる。

個(個人)の視点で見た場合、往々にして、男も女も同じようにすべきか、平等であるか、特か損か、、、男女を比較してどうなのかといった思考にとらわれやすい。(男であること、女であることの前に個(個人)を置いているので当然そうなる)

種(集団)の視点で見た場合はどうか。
そもそも、生物がメス(女)とオス(男)が分かれたのは何故なのか?
この原初的な問いが決定的に重要であり、男という存在、女という存在の全ての起点、基盤となっている。

---------------------------------------------------------------
●実現論 前史:雌雄の役割分化 リンク 
雌雄に分化した方がDNAの変異がより多様化するので、環境の変化に対する適応可能性が大きくなり、それ故に急速な進化が可能だったからである。

事実、進化の源泉はDNAの多様性にある。つまり、同一の自己を複製するのではなく、出来る限り多様な同類他者(非自己)を作り出すことこそ、全ての進化の源泉であり、それこそが適応の基幹戦略である。しかし、同類他者=変異体を作り出すのは極めて危険な営みでもある。従って生物は、一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。その突破口を開いたのが組み換え系や修復系の酵素(蛋白質)群であり、それを基礎としてより大掛かりな突破口を開いたのが、雌雄分化である。つまり、雌雄分化とは、原理的にはより安定度の高い性(雌)と、より変異度の高い性(雄)への分化(=差異の促進)に他ならない。従って、雌雄に分化した系統の生物は、適応可能性に導かれて進化すればするほど、安定と変異という軸上での性の差別化をより推進してゆくことになる。
---------------------------------------------------------------

ひとことで言えば、生物がメス(女)とオス(男)が分かれたのは「環境の変化に対して、種としての適応可能性を高めるため」、これが全てである。
つまり、生物史を学んで分かるのは、「男女(オスメス)という性は、もともと二つでひとつ」ということ。
主従でも上下でも損得でもなく、メス(女)とオス(男)の二つの性があって、種(集団)としてはじめて成立する、どちらが欠けても成り立たない。二つに分化し差異化された性が、相互に惹きあうことによって統合される。(個人という概念が登場するはるか以前からそうである)
このように考えると、男女の違いも肯定的に捉えて深く感謝できるのではないだろうか。

現代の組織においても、男と女の問題は大きなテーマであるが、個(個人)を主体に考えても利害調整や妥協にしかならない。
雌雄分化の本義に立ち返って、男と女が調和、融合することによって集団としての適応可能性を高める、そのような組織論を目指したい。


※双極的世界観「男と女(雄と雌)は最も始原的な分化と統合の実現態である」 リンク 

※雌雄分化における統合「分化という差異化=遠心力の形成に対して、相互に惹きあうことによって求心力をつくり、統合している」 リンク 

※オスメス分化の塗り重ね構造「生物数十億年の歴史のなかで、外圧に適応していくために、役割分担と調和が塗り重ねられてきた、それがオスとメスの分化。オスという役割(存在)、メスという役割(存在)があわさってはじめて、外圧に適応的たり得たし、種をつなぐこともできたのである」 リンク 
 
  List
  この記事は 280412 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_281544
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ3−5 〜性の再生は企業の中から〜 「共同体社会と人類婚姻史」 13/12/22 AM02
女たちの充足力を日本史に探る1〜縄文時代は女性の充足に満ちた時代だった 「縄文と古代文明を探求しよう!」 13/11/15 AM02
282698 性の再生は、集団の適応戦略から生まれる。 匿名希望 13/10/26 AM10
282223 外圧に適応する集団とは@雌雄(充足)共認が集団形成の原基構造 匿名希望 13/10/13 AM09
281695 自給思考における男女関係の在り方@ 匿名希望 13/09/29 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp