共同体社会の実現
281381 インターン生の気づき★ 〜自給期待(欠乏)があるのに自給できないのは、観念支配されているから!〜
 
いいじゃん☆ ( そろそろ秋服♪ ) 13/09/21 PM05 【印刷用へ
類グループのインターンでは、仕事を主体的に進める上で不可欠になってくる「時代を読む力」を身につけるための認識勉強会(時代潮流や人類の意識構造を学ぶ)に、希望者は参加することができます。

今日は、その認識勉強会で

>この共認収束の潮流は、今後100年は続く大潮流であり、現在も私権から共認への大転換は進行中である。そして、その途上の’11年、3.11と統合者たちの暴走を契機として、この大潮流は遂に「自分たちの手で作り出せる能力」あるいは「自分の頭で答えを出せる能力」への期待、云わば自給期待の潮流を顕在化させた。これらの潮流が指し示す次の社会は、おそらく「自分たちで作ってゆく」共同体社会となるだろう。(『学生に与う270306』より)

の部分を学んでの、学生の気づきをご紹介します★

o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o

今まで、市場に組み込まれていれば人類は生きていられました。市場拡大こそ、幸せにつながるという幻想を国、経団連、資本家、マスメディア、学者そして企業も抱いていたわけで、大衆もそれを支持していました。

しかし’70年代豊かさが実現されてから、市場はどんどん縮小していきます。それでも国は市場拡大のためにしか動きません。市場の中に生きてきた我々はこのままじゃ駄目だと薄々気づいていながらも、対処する方法が思い浮かばない(市場に問題があるとそもそも思えなかった)ため、どこに向かえば良いか分からず、収束不全を起こす。

しかし、3.11をきっかけに、無能な国とマスコミ、学者の無能ぶりを目の当たりにした我々は、「自分たちで何とかするしかない」という意識が決定的になりました。自給期待です。しかし自給期待が生まれたものの、どうしていいか分からない。なぜなら支配共認は、私権に関わらない課題をすべて捨象しているため、何が問題なのか気づけないのです。

自給したいのに自給できないのは、認識力(事実をありのままに捉え追求する力)と自考力(自分で答えを導く力)が不足しているからです。したがって、この二点を鍛えてあげることが重要であると思います。

市場に生かされ、情報中毒に陥ってる人類は認識力と自考力が弱い。なぜならその二つの力がなくても市場の流れに沿っていれば生きていられるから。だから未曾有の事態に陥った時=市場が機能しない時にどうすれば良いか分からないし、そもそも何が起こっているかを把握することも難しいでしょう。

o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o
 
  List
  この記事は 270306 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_281381
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp