実現論を塗り重ねてゆく
280589 血液型について考える
 
THINKER ( 40代 名古屋 自営業 ) 13/09/06 PM00 【印刷用へ
科学的根拠のないものとして否定されている血液型による性格判断や健康診断であるが、一般世間ではいまだ多くの人々の興味を引いている。

 血液は、酸素や栄養素を体中に行き渡らせたり、二酸化炭素や老廃物を排出したり、人体に欠かせない働きをしているが、「重要な体液」という表現で片付けてしまえるほど単純なものではない。

 血液中には、さまざまな遺伝的要素や免疫細胞など親や祖先から受け継がれる個人や民族に特有の物質が含まれている。それは言葉の言い回しにもよく現れている。「血統」「血脈」「血族」や「俺の血が騒ぐ」「下町っ子の血が騒ぐ」「○○家の血が流れている」などである。「血=自分の遺伝的アイデンティティ」といえるのではないだろうか。
血液型別の各種診断に多くの人が興味を持つのは、「血液型=祖先から受け継いだ自分の本質」のことを深く知りたい心理が働いているのだろう。

 さて、血液型について調べていくと、人類の歴史、病原菌の性質、はては免疫学や病気の予防知識へとつながっていき、非常におもしろい。以下は、アカデミズム(学界)の中では少数派とされる学者や一般人の資料、著作からの論考をまとめたものである。

 日本民族の由来は諸説あるが、中国、朝鮮半島はもとより、南方や北方からも渡来してきた歴史を持つようである。一見、単一民族国家に見える日本も、実際は多民族で混成されており、それは血液型の分布にも表れているようだ。日本人の約4割を占めるA型は、日本に稲作を伝えた中国大陸の農耕民族の血液型とされる。O型は、アフリカ大陸由来で人類最古の血液型とされ、縄文人に多く、日本人の約3割を占める。インドやウラル地方の遊牧民族に由来するといわれるB型は2割を占める。(残り1割のAB型はAとBの混成)

 その一方で、ヒトや動物と同じように病原体にも血液型がある。肺炎双球菌はA型物質を持ち、結核菌はB型物質を持つ。また、ある種のサルモネラ菌はO型物質を持っていたり、というようにほとんどの細菌、病原菌は血液型物質を持つ。
そこで、病原菌と血液型との間には相関関係があると推測される。病原菌と同じ血液型の場合、免疫系が病原菌を排除しづらく、感染を起こしやすいというものだ。
これらの推測を裏付ける研究報告によれば、一般的に一番免疫力が強いのはO型。次にB型、A型、AB型と続く。日本人に多いA型は、免疫力が弱い部類に入る。とはいえ、一番免疫力が強いO型でもペストやコレラには弱かったり、B型は他の血液型に比べ、若干、結核にかかりやすい傾向があるとされる。このように血液型によってかかりにくい病気とかかりやすい病気があることを示す研究調査は過去数十年で世界各国に複数ある。

 また近年、米国立がん研究所が、「A型、B型、AB型は、すい臓がんのリスクが高い」と発表。欧州心臓病学会は、「A型は心疾患のリスクが、他の血液型の2〜20倍高い」と発表。東大医科学研究所などの研究チームも「O型はA型に比べて、1.4倍、十二指腸潰瘍になりやすい」と発表するなど、医学界の主流において相関性はないとされてきた血液型と病気に関する研究は現在も進められている。

『血液型の科学』(祥伝社)の著書であり、寄生虫博士として有名な免疫学の藤田紘一郎氏によれば、「血液型で免疫力は異なる。異物と闘う抗体を作るリンパ球の割合(白血球中)は、O型39%、B型37%、A型36%、AB型34%。つまり、O型がもっとも病気に強く、AB型はもっとも病気に弱い」という。
以下、血液型別にかかりやすい病気をまとめると、

●A型・・・ノロウイルス等の食中毒、感染症全般、がん、糖尿病、心筋梗塞
●B型・・・結核、インフルエンザ など
●O型・・・胃潰瘍、十二指腸潰瘍 など

 血液型と病気に関連性はないと、簡単に片づけることもできるが、正当性があると考える人は、病気の予防に役立てることもできるだろう。
 
  List
  この記事は 280584 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_280589
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
281053 血液型別食事法 チウエ* 13/09/17 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp