人工物質の脅威:大気・水・食品
280479 ハイブリッド車は危険!ガソリン車と比べ、3倍の電磁波が発生する
 
深紫 13/09/01 AM00 【印刷用へ
 「環境に配慮している」アピールと補助金バラマキにより、一時は数ヶ月待ちと言われたハイブリッド車ですが、「やはり」というべきか、発生する電磁波は従来のガソリン車に比べて3倍にもなります。

電磁波過敏症の方はもちろん、電磁波が気になる方は購入前にもう一度検討した方が良さそうです。

以下、リンク より引用します。

−−−−−−−−−−−− 以下引用 −−−−−−−−−−−−

ガソリンエンジンとモーターを搭載し、両方を組み合わせて走るハイブリッド車。
通常、モーターからは電磁波が発生するので、モーターを搭載した「プリウス」からも電磁波が発生しています。いったい、どのくらいの電磁波が発生しているのか、プリウスを走らせて測定しました。

■ハイブリッド車で車酔い

最近「ハリブリッド車の電磁波は大丈夫ですか」という相談を受けることが多くなりました。
中には、ハリブリッド車に買い換えたら小さな子どもが必ず車酔いをするので、「もうハリブリッド車には乗りたくない。これでは子どもと車で出かけられない。」と打ち明ける人もいます。
その原因はよくわかりませんが、その子どもは、何かこれまでとは違う"異変"に気がつき、無意識に避けているのかもしれません。
ハイブリッド車に乗ると気分が悪くなるという話は、よく聞くのです。

■電磁波測定開始

測定はさいたま市中央区の「食品と暮らしの安全」からスタートし、その周囲を走行しながら行いました。
比較のために、スタート前に駐車場で、プリウスに乗り込む前の電磁波を測定しました。ここでの極低周波は1.5〜1.6mG、高周波は0.25〜0.31v/m。周囲に高圧送電線もなく、さらに近くに携帯電話基地局も見当たらないので、それらの影響は少ないと考えられます。

○乗車
プリウスに乗り込み、何もしていない状態での車内(助手席)は、極低周波が1.0〜1.2mG、高周波が0.03〜0.05v/m。

○スイッチ
スイッチを入れます。このとき、「待機電流」が流れて電磁波が発生すると予想していたのですが、スイッチを入れただけでは変化はありませんでした。

○スタート
次に、ドライブモードにします。スタート時はモーターだけで走行しますが、極低周波は2.0〜2.1mG、高周波は0.13〜0.16v/mにやや上昇。極低周波の周波数は105〜135Hzの間で変動していることもわかりました。

○走行中
車を走らせると、極低周波が2.9〜5.1mGに上昇。そして安定走行に入ると、極低周波はさらに上昇し、常時10.5〜12.2mGの間で推移しました。
その間、周波数はスタート時同様105〜135Hzを上下しています。信号待ちなどでの停車中は極低周波は11.0〜12.6mG、さらに周波数が159〜196Hzという高い値へと上昇。一方、高周波は、スタートからほとんど変化はありません。

○ウインカー
ウインカーやハザードなど方向指示器を点灯させると、高周波は0.05〜0.08v/mでほとんど変わりませんでしたが、極低周波が点滅にあわせて1.1〜9.2mGの間で大きく変化しました。

○ワイパー
ワイパーを作動させた場合は、高周波は0.05〜0.08v/mと変化せず、極低周波が2.0〜2.1mGとやや上昇しました。

■ガソリン車と比較

これらの測定の結果が、他の車に比べて高いのか、それとも低いのかを比較するために一般的なガソリン車であるマツダのデミオでも同様に測定しました。
デミオはエンジンをスタートさせると極低周波が3.3〜4.2mGに上がりましたが、安定走行に入ると、やや下降し2.6〜3.2mGの間で推移しました。プリウスで大きく変化した周波数は、デミオではスタート時には一時的に132〜139Hzになりましたが、安定走行に入ると0.18〜0.20v/mとやや上昇しました。

■10mGを超える極低周波

これらを比較してわかったことを改めて確認しておきましょう。
(1)プリウスは安定走行時には10mGを超える極低周波が測定される。デミオは計測された最大の極低周波はエンジンスタート時の4.2mGだが、走行時は3.2mGを超えることはない。
(2)プリウスは安定走行中の極低周波が常時105〜135Hzを上下している。特に停車中は159〜196Hzになる。デミオは周波数の変化はそれほどない。
(3)プリウスは極低周波は変化するが、高周波は大きく変化しない。デミオは極低周波、高周波いずれも小さな変化はあるが、プリウスほどではない。
以上から、プリウスの走行時にはデミオの3倍近い10mGの極低周波が発生していることがわかりました。
この数値は、実は私たちの生活の中ではあまり接することはありません。これまでさまざまな場所で電磁波測定をしましたが、10mGを超える箇所はごくまれで、それは変電所の近辺くらいです。
私は電磁波過敏症ですが、プリウスの電磁波測定時、特に安定走行時に、頭が締め付けられるような感覚がありました。
電磁波過敏症の方は、ハイブリッド車を避けた方が無難です。

鮎川哲也(電磁波問題市民研究会)

−−−−−−−−−−−− 引用以上 −−−−−−−−−−−−

 
 
  List
  この記事は 280373 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_280479
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312953 ハイブリッドカー・プリウスの電磁波 匿名希望 16/03/07 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp