アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
279921 3.11人工地震の証拠
 
小澤紀夫 ( 40代 大阪 営業、企画 ) 13/08/11 AM01 【印刷用へ
3.11人工地震の証拠を
神のホームページ「3.11人工地震説について」リンクから紹介します。



<引用開始>

1. 証拠:

 2011年3月11日に起こった 東日本大震災の巨大地震が、人為的に起こされたものであることの証拠を挙げてみる。


  (1) いくつかの科学的な方法で地殻変動などが継続的にモニターされていたにもかかわらず、前兆となる現象が観測できず、科学的な直前予測が全くできなかったこと。

   ・・・・・ これは各報道機関も共通して語っていることである。未だ、”直前予知”の成功例は、世界的にも非常に少ないということになっている。
  地殻変動の観測は継続的に行なわれてきた。過去に宮城県沖を震源地とする地震の規模はM7.3〜8.2であり、通常の地震では、地震の途中から岩盤に含まれている水が潤滑剤となって揺れを起こさない”すべり”によって地殻移動するが、今回のM9.0 の大地震では、地下の核爆発による広範囲な刺激によって、すべりを起こす間もなく一気に岩盤が跳ね上がったために揺れと津波が想定外に大きくなった(M9.0 は、想定 M8.0 の 30倍のエネルギー)と考えられる。しかも、実は、数秒間隔を置いた同じ場所の3連発の3つ子地震。


  (2) 4回の大津波が発生した4つの地震の時間的間隔は、(マグニチュードの小さいものもあるが)きっかり20分間隔で起こっていること。

   ・・・・・ 20分という時間は、海岸から震源までの150kmの距離に対し、津波の振幅が最も大きくなる周期として、人為的に設定されたことを示す。 津波の速度は 沖合いで数100km/hで、浅瀬では抵抗のため遅くなる。(水深4000m: 700km/h、 2000m: 約500km/h、 200m: 約160km/h、 10m: 約36km/h) 


  (3) 地震前日に複数名の人が、”発破”のような爆発音と振動を感じていたこと。

   ・・・・・ これはインドネシアのスマトラ島沖地震でも報告されている。”地震直前に異様な大きな爆発音を聞いた! 突き上げるような地鳴りが今までの地震とは違っていた!”等の報告。
        → ツイッター 、 中村もんどさんのブログ


  (4) 自衛隊員で 米軍の超小型核爆弾の開発に関わったという人が 立川の教会に逃げてきて、洗いざらい告白していったこと。他のメンバーは皆 暗殺されたという。

   ・・・・・ 超小型水爆は現在開発中で、用途はすでに決まっているという。彼がいた特殊ミサイル開発チームの日本人15人のうち ほとんどが暗殺され、残り2名は行方不明という。本当に逃げてきたか、米国の脅威を”宣伝”するよう強制され、泉パウロ氏が本を書くことを知っている当局に遣わされたか? 元横須賀基地の隊員だったという本人は、3回の礼拝出席後はいつもすぐ帰り、その後ロサンゼルスに帰ったそうである。


  (5) HAARP(米のオーロラ調査名目の軍組織、強力な電波を発射できる)が提供する、東アジア方向に向けられた誘導磁力計(東京大学が提供)の周波数成分グラフが、3/8 から 3/11の午前10:00まで 2.5Hz付近の超低周波を連続的に観測していたこと。 直接には発射された電磁波によって地震が誘発されたのではないが、電離層の操作(超低周波の音波が出るようにする)を行なった可能性が大きい。

   ・・・・・ このとき大地震前のいくつかの地震が起こっている。 これは、唯一の科学的な直前予知として、電離層における電子密度の変化が観測されたこと(by.北大、電通大)と 原因が共通している。地殻の岩盤の摩擦によって発生する電磁波は強くない。(→ 2.現在の地震予知の実力)


  (6) 大地震の直後に、東京湾と 富士山近くで地震が起こり、東京湾・海ほたる付近の震源地では同じ日時に 科学掘削船”ちきゅう”が停泊、また、富士山では米海軍も演習する”東富士演習場”の まさに敷地のまわりを震源地として起こっていること。

   ・・・・・ 科学掘削船・ちきゅうは、専門家たちから米国の工作船と見られている。この船が 東京大地震を人工的に起こそうとしたもくろみは、東京湾の地下が振動が伝わりにくい砂礫層であるため失敗した。
  また、富士山の震源地は 静岡東部 35.3 138.7  35.3 138.8、 山梨南部 35.4 138.7 35.4 138.8 と 正方形であり、その中央にこの演習場がある。(地図とgoogle earth でその場所が所定の経緯度であることが分かる) 北富士と東富士の演習場は、米軍の優先使用の密約がある。ベンジャミン・フルフォード氏によれば、いまなお3/11の人工地震を起こした連中は富士山噴火をあきらめないで、富士山を人工噴火させるための新たな装置を設置工事中と、現場から逃げ出した元作業員が暴露しているそうである。

  (* 今年2012年の1月28日からも一連の地震がすぐ近くの富士五湖で起こっている。最大震度5弱。噴火は誘発されていないもよう)


  (7) 地震直後から群発地震が起きている間は、放射能の量は 原発付近よりも 海の震源地近くのほうが高かったこと。 また、カムフラージュのために 原発の放射能漏れを細工した形跡があること。 地震直前に東電株を空売りして大もうけした人たちがいること。

   ・・・・・ 検出されないよう福島第一原発への放水が、実は、建屋の水素爆発に見せかけた”小型の純粋水爆”によってできたトリチウムを洗い流す作業であった かどうかは良く分からない。しかし、この爆発で 放射性物質を広範囲に撒き散らすことになったことは確かである。 旅客機が落ちても壊れないはずの建屋の電気系統を破壊したのは、スタックスネットと名づけられたイスラエル製のコンピューターウイルスといわれる。(原子炉製造: GM(にせユダヤ系)、安全管理システム: イスラエルの企業 Magna BSP) これらの工作を事前に知らされた投資家たちは、兆円単位で大もうけしたそうである。


  (8) 大地震発生の4ヶ月前に、宮城県沖で震度6強(M8・0)を想定した 大規模な日米共同演習・”東北方面震災対処訓練”が行なわれていたこと。

   ・・・・・ この演習のときに、海底のボーリング穴のキャップを外して原爆を仕込んだと思われる。震災後は”トモダチ”作戦が行なわれ、普天間問題がうやむやにされている。 (ただし、米軍は放射能汚染した福島県には一切入っていない。22日までに厚木・横須賀・座間・横田の米兵の大部分が避難している。)

<引用終了>
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_279921
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp