学者とマスコミが人類を破滅に導く
279847 トリチウム数十兆ベクレル流出か 福島第1原発の汚染水
 
小澤紀夫 ( 40代 大阪 営業、企画 ) 13/08/06 PM10 【印刷用へ
 福島第1原発の汚染水が海に流出している問題で、東京電力は7月22日、11年5月以降に汚染水に含まれて流出した放射性物質のトリチウムの量が20兆〜40兆ベクレルに上るとの試算を明らかにしました。これがどれだけき危険なものなのかは「福島原発汚染水の危険性」リンクで説明しましが、汚染水流出について発表が8月2日にありました。

 カレイドスコープから紹介します。

<引用開始>

 とうとう、自民党、経済産業省、環境省、文部科学省、東電が隠しに隠してきたことが明るみに出てきました。
それは、トリチウムという形のない悪魔です。

トリチウム数十兆ベクレル流出か 福島第1原発の汚染水
(共同通信  2013年8月2日 20時)

福島第1原発の汚染水が海に流出している問題で、東京電力は2日、2011年5月以降に汚染水に含まれて流出した放射性物質のトリチウムの量が20兆〜40兆ベクレルに上るとの試算を明らかにした。原子力規制委員会で開かれた汚染水対策を検討する作業部会に報告した。

東電は、体内に蓄積しやすく健康影響が懸念される放射性ストロンチウムも流出総量を今後試算するとともに、原発周辺海域での魚介類への影響調査を始める。

『トリチウムの脅威が私たちの生活を二度変えようとしている』の記事で、東電が自ら出してきた資料だけを使って、少なくとも、今年の5月下旬に、天文学的な量のセシウム、ストロンチウム、トリチウムが海洋流出していることを東電は把握していたものの、(おそらく)資源エネルギー庁あたりから圧力をかけられて国民に発表しないようにしてきたことを証明しました。


【トリチウム汚染水が医学的に意味するところの9つのこと】
ヘレン・カルディコット博士

放射能汚染水からトリチウムを分離する方法はありません。
トリチウム(エネルギーの低いβ線を放射しながらβ崩壊する)は、100年以上、放射性を持ったままの強力な発ガン物質です。

トリチウムは、(水に取り込まれると)藻類、海草、甲殻類、そして魚などの水生生物に集中して蓄積されます。

(他の核種と同様に)無味無臭で、目に見えないので、シーフードを含む食べ物の中に、今後何十年もの間、必然的に取り込まれてしまいます。

それは、DNA分子(つまり遺伝子)の中で結合します。
DNA分子の中では、後になってから、癌に結びつく変化が引き起こされる場合があります。

(トリチウムがDNA分子内で起こす変化は)脳腫瘍、赤ちゃんの先天性奇形、多くの臓器でのガンの原因となります。

この放射能汚染水を永久に封じ込めておく方法はなく、今後、50年以上の間、太平洋に漏出することは避けられないため、非常に恐ろしい事態が待っているのです。

『汚染水の海洋放出 ガンを誘発するトリチウム汚染の恐怖』より抜粋



元国連職員の松村昭雄さんのブログにあるように、6月18日付ニューヨークタイムズ紙の田淵広子記者による記事「福島原発近くの地下水に高レベルの放射性ストロンチウムが検出」は、TEPCOが福島第一原子力発電所で許容レベルをはるかに超えたストロンチウム90とトリチウムを検出していたことを警鐘しているのですから、確実に国と、自民党が国民に隠したことは間違いのないことです。

著名な原子力専門家のゴードン・エドワーズ博士(Canadian Coalition for Nuclear Responsibility理事長)がトリチウムとストロンチウム90の恐ろしい影響について説明してくれています。

2011年の段階で、4号機の破滅的事態を予測し、緊急に国際的な評価チームを作るべきだと主張した高名な核物理学者です。

トリチウムは水と同じ。水から水を除染することはできない

<引用終了>
 
  List
  この記事は 279826 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_279847
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
282235 原発事故当時、4号機の水は無くなっていた〜あらためて実感する嘘つき東電〜 rino 13/10/13 PM07
281432 低線量被曝の現実〜スウェーデンでは年間0.2ミリシーベルトでもガンになる住民が34%増加! 阿部和雄 13/09/22 PM07
280741 原子研究機構「トリチウム除去の研究はしてない アールティ 13/09/11 AM02
280022 【福島第一原発】地下に高濃度放射能汚染水が1万トン以上存在している!さらに汚染水が遮水壁を越えて来た! 長井雅貴 13/08/14 PM05
280000 メルトダウンの危険を無視した安倍政権に原発を再稼働する資格はない やぐっちゃん 13/08/13 PM09
279997 フクイチから漏れ出す汚染水に政府は相当追い込まれている 13/08/13 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp