日本人の起源(縄文・弥生・大和)
279474 蘇我氏について
 
彗星 13/07/22 AM01 【印刷用へ
【セレンディピティ】より『蘇我氏(リンク)』を転載します。
蘇我氏は、ドラヴィダ人以前のインダス文明の原形を造っていたサカ族であるとのこと。このサカ族は、インドではシャーキア族=釈迦族と呼ばれ、お釈迦様の出た部族のようです。
-------------------------------転載
 BC6000年頃、死海の北、ヨルダン川沿いの世界最古の町、エリコから
アナトリアへ、そこで高温の火の技術を発明し、そのおかげで土器を焼くことが出来、アナトリアで自然銅を発見した人々は銅を加工することを覚え、銅を採集するために世界に散っていったと考えられます。
 主たる人々はメソポタミアへ移動し大規模農業を始めたと考えられますが、なかには、更に銅を探しに北へ行った人々もいた可能性があります。
 大規模農業の最適地だったメソポタミアには銅はなく、銅を求めるためには、遠方まで出かけて行かなければならなかったのです。彼らは大規模農業を行なうメソポタミアへの交易をはじめたのです。農耕をする人々と農耕をしないで遂商をする人々の始まりです。
 商売の正確さを記すため文字が生まれ、共有の穀物倉庫の盗難防御の封のためのスタンプも発明されました。
 BC4000年頃、ナマヅガ彩文土器文化が熟成期を迎えた頃、アムダリヤ上流域のバタフシャン産ラピスラズリを商う、羊トーテムのサカ族と牛トーテムの月氏の隊商が馬や船などによって旅を続け、バビロンの【スサ】から【ウル】に入ったと記述されています。同じ頃、小麦が、ドナウ河流域とライン河流域、及び黒海の西海岸一帯と南ロシアに広がりBC3000年頃には、小麦からパンをつくる文化がヨーロッパ全域を覆いました。
 やがて、ナマヅガの彩陶文化は、サカ族によって、東西に運ばれイラン高原における「プロト・エラム文化」に大きな影響を与えました。またラピスラズリが、ハラッパ文化以前のコト・ディジ遺跡から発見されていることから、彼ら、サカ族がドラヴィダ人以前のインダス文明の原形を造っていたことが分かり、感動を覚えます。サカ族は、私たち日本の蘇我氏のルーツでもあるからです。また彼らが、メソポタミアから北方へ銅を探しに行ったウルの人々であり、中央アジアから中国の河南省の方まで行き着き、また西へ移動してギリシャへ到達した彼らはBC2400年頃にクルガン人(アーリア人)になり、コーカサス地方に侵入して黒海に進み、インド・ゲルマン的特徴の混合文化を生み、彼らが、後のインド・ヨーロッパ語族となった人々でありました。
 それは、サカ族のナカヅガ文化の移動と変遷でも証明されます。
イラン高原文化を受容したナマヅガ文化が黄河流域のカラスク文化になりBC3500年頃になると、拡散を始めました。この遺跡から出土した土器は、トルキスタン、アフガニスタン、イランおよびシリアのものと同一であり、同一文化の拡散があったことが分かります。
 BC3100年頃には、イエニセイ河上流とアルタイ地方に、アフナシュヴァ文化と呼ばれる青銅器文明が起こりましたが、この文化の担い手はクルガン人であり、その高塚墳墓の板石には、カラスク文化と中国のトーテム文様に似た「鷹と人面像」が刻まれていました。
 クルガンというのは、ロシア語で土饅頭という意味です。クルガン人は、非常に古い時代、BC3500年からBC2300年頃、南ロシアからダニューブ川流域に住んでいた半農半遊牧民族です。彼等は、最初のインド・ヨーロッパ族であり、最初のギリシャ人だと考えられています。クルガン人の到来とともにギリシャでも馬の骨が出土するようになりました。
 人類が牛に出会ったのは、数万年前に遡ります。BC7000年頃あるいはそれより少し後、アナトリア南部のタウラス山脈の麓、チャタルフュイックの遺跡では、牛頭信仰の起源と思われる牛の首が壁に掛けてありました。そしてこのチャタルフュイックの住人こそ、その後、徐々にメソポタミアへ進出してウル人となり、そこからさらに、青銅時代に入ったBC3500年以降、銅を探して世界に散り、今日の世界の多くの民族の祖先になった人々と考えられています。それに比べると、人類が馬に出会ったのはかなり後になります。場所は南ロシアでした。馬の源生地もまたその辺だったと考えられています。
 最初馬は人間の食料でした。やがて人は馬に乗り、馬に車を引かせるようになりました。
 しかし、サカ族の活躍には驚異的なものがあります。彼らがメソポタミアのウル人であり、月氏もアッカド人と共にインダス文明を担ったウル人だったことを考えると、サカ族と月氏は同族であり、半農半牧民から馬を操るようになると騎馬遊牧民になって東西を駆け巡り、アーリア人の祖になった人々、しかも日本に渡来し、蘇我王国を築いたと考えると、深い感動を覚えます。彼らは、朝鮮半島南部の金官加羅(天の王朝)から分派した新羅人であり、白村江の戦いで百済・倭国軍に勝利し、日本を占領しました。(奈良時代)
 しかし、奈良時代末期になると新羅政府も衰退し、東大寺建立の莫大な費用に財も疲弊し百済人(桓武王朝)にリベンジされました。藤原氏(唐人)も介入し、新羅人は、阻害され、漂白の民となり彼らの歴史書「日本紀」は、改竄され、百済天皇で統一された日本書紀に置き換えられ新羅人の存在は、歴史から抹殺され、蘇我氏は名前も存在も大悪人に貶められました。
-------------------------------終了
 
  List
  この記事は 278148 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_279474
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
300474 女系社会から男系支配へ 彗星 15/01/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp