法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
278877 不正集計を可能にさせるムサシの集計ソフトが参議院選挙でも使われる。
 
匿名希望 13/07/11 PM03 【印刷用へ
不正選挙を可能にしているのはバーコード読み取り部分が怪しい。

以下、世界の真実の姿を求めて!さん
リンクより引用です。

不正選挙を可能にさせる集計ソフトが参議院選挙でも使われる。
開票日に第三者による集計ソフトのチェックが行われていたのか?

たとえ問題がなかったとしても

集計ソフトが外部からは、絶対に遠隔操作できないと断言できるのか?
リンク

バーコード附票を読み取ることで、システムが自動集計します。
開票状況もリアルタイムで把握
リンク


選挙管理委員会の人に聞いた開票の手順

1 票読み取り分類機で票を分類したあとに100票ずつ同じ候補者別、同じ政党別にまとめられる。

2 この中身があっているかどうかは、その100票をパラパラとめくってみて選管と立会人などでチェック。

3 確認したあとに、「大丈夫だ」ということで帯封にハンコを押す。

4 それを100票ずつの束を5つそろえて500票の束にする。

1から4迄は、実際に人がチェックしている
→外部から誰でも観察できる。

5 500票ずつまとめられた票の上にバーコードシールを貼る。

6 このバーコードシールをバーコードリーダーが読み込んでそれを集計ソフトが認識する。

5と6の過程は外部から簡単に観察できない。
→正しいバーコードが張られたのかどうか?
 バーコードシールのデーターが集計ソフトに公正に入力されたのかどうか?

この集計ソフトで算出される得票数と実際の500票ごとの各候補者別、各政党別の数とが一致しているかどうかはだれもチェックしていないのである。

この部分だけは「誰もチェックしていない」というのは、選管に確認した。

集計ソフトに工作をすれば、偽りの選挙結果を演出できるわけです

つまり、集計ソフトが、不正選挙の温床となる可能性を排除できない。

集計ソフトの部分は、完全に民間企業の管理。

選挙管理委員会はなにもチェックしていない。
→集計ソフトの出した票の集計結果が正しいものかどうかを選挙管理委員会は全く検証していないシステムを採用している。

集計ソフトが、合理的にはありえないような異常作動を行ったと思われる例が、福岡も含めて多数全国の選挙区で起こった。

国政選挙という非常に重要な主権者国民の意思を反映させる過程に、
「完全に民間企業の集計するPC集計ソフト」が途中に入っていて、なんらそれを、選挙管理委員会は管理もしていない。

集計ソフトが、誤作動、ハッキング、コンピューターウイルスの混入、またはプログラムのミスなどあった場合でも国民はその「適正手続きのない」選挙結果をうけいれなければならない。これほど不合理なことはない。

これは明らかに憲法違反である。


最終票はバーコードで束ねるが、
バーコードはムサシのソフトで作成される。
→2013年1月15日14:00時。豊島区選挙管理委員会に出向き、昨年12月の衆院選について尋ねる。
対応者は豊島区選挙管理委員会事務局選挙係長と若い職員。


MoritaYuuma氏も同じように
不正はバーコードにありと明言。

証拠写真もあると。

ただし
「写真だけではわかりにくい。
細かい状況を説明しないとわからない。
慎重に進めます」

リンク
 
  List
  この記事は 278853 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_278877
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
281799 ますます深まる株式会社ムサシへの疑念 斎藤幸雄 13/10/01 PM11
279571 『参議院選挙に関わるネット上のつぶやき』と、『脱・反原発派などに仕掛けられた罠』 たっぴ 13/07/26 AM02
279432 「盗まれる票<なりすまし>」 斎藤幸雄 13/07/20 AM10
279383 盗まれる票〜「なりすまし投票」に、ご用心! 橋口健一 13/07/17 AM10
279374 “お上”がその気になったら、不正選挙もやる〜神州の泉さんより かなめんた 13/07/16 PM10
279324 不正選挙の始まりは郵政民営化選挙からだったのではないか? ムカシ若者 13/07/15 AM08
278879 原発推進阻止・憲法96条改定阻止・TPP参加阻止・消費税増税阻止・辺野古基地建設阻止を謳う政党は 匿名希望 13/07/11 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp