法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
278871 自民党は地方選挙では連戦連敗の大敗北!!それでも参院選は自民圧勝?〜不正集計を疑え!
 
山澤貴志 ( 48 鹿児島 ITコンサル ) 13/07/11 AM08 【印刷用へ
あまり話題になりませんが地方首長選挙では自民の敗北が続いています。ただし都議選は圧勝。これは不正選挙ができるかできないか、あるいはメディア誘導がうまくいったかどうかによる違いです。あまりにも盛り上がらない参院選も、メディアによる無関心ムード誘導の結果なのかもしれません。地方紙十勝毎日新聞による内閣支持率は24%しかないようです。 リンク これが実態ではないでしょうか。

以下、リンク より

*****************************

● 自民党が地方選挙で連戦連敗!!

★ 桑名市長選:自公推薦候補が日本未来の党推薦に「ボロ負け」
★ 下関市長選:安倍晋三のおひざ元で、安倍総理系列の候補が「大差で敗北」
★ 宝塚市長選:自民党候補は3位。次点の「共産党候補にすら負ける」ただの泡沫候補。
★ 青森市長選:自民党候補「大敗北」
★ 名古屋市長選:自民党候補「ダブルスコア以下で大敗北」
★ さいたま市長選:自民党候補「大差で敗北」
★ 千葉市長選:自民党は候補すら立てられず「不戦敗」
★ 静岡県知事選:自民党候補「トリプルスコア差で大敗北」
★ 横須賀市長選:小泉親子の地元で、自民党候補、「また敗北」【new】←今ココ

● 自民党ぼろ負けの地方選挙

大都市、さいたま、千葉、静岡(県知事)市長選で、ボロ負けの自民党。安倍の地元、下関、小泉の地元、横須賀でもボロ負け。産経新聞(統一協会)も思わず、本音を書く。
「自民党は静岡知事選、名古屋、さいたま両市長選など、最近の主要な地方選でも敗北を重ねている。」「今回の横須賀市長選の敗戦によって、参院選への不安材料がさらに増えた形だ。」

それでも、NHKは安倍政権支持率は60%だと言いはる。そろそろ、それがメディアによる大衆操作なんだと気づきましょう。裏社会御用達メディアの世論調査など、信用できるわけもなく。それでは、憲法を改悪して、米国の戦争利権にあやかりたい安倍総理さんは、参院選で最後の「不正選挙」を強行してください。もはや、不正選挙するしか、自民党が勝つ道はありませんからね。

● 【不正選挙】自民党が圧勝したのは、東京の「都議選だけ」

6月の都議選では,自民党と公明党だけが圧勝し、奇跡の全員当選という、信じられない快挙を達成しました。そして、生活の党の立候補者は3名とも落選し,生活の党が推薦した候補者も11名全員が落選しました。このように、都議選でのみ自民党が圧勝するという、異常事態が発生しました。まるで、今までの選挙戦での自民党の惨敗がウソだったかのように,都議選だけが地方選挙の結果とは「真逆の結果」に終わったのです。これらの結果が意味するのは何なのでしょうか?そうです、都議選は「不正選挙」だったのです。
もはや,不正選挙でしか勝てない自民党は,不正選挙をすれば勝ち、しなければ負ける、ただそれだけの状況にまで成り下がっています。都市部では、ムサシくん導入で勝ちやすい。地方では、ムサシくんが導入しにくいので、ムサシくんがいなければ、投票用紙を偽造するしか勝つ方法がありません。ただし、投票用紙の偽造には大変手間がかかり、連発できない。

★ 小泉進次郎が応援してるのに、簡単に負ける

不正選挙をうまく行使できない横須賀市長選では、小泉家四代目、組長進次郎傘下の自民党候補が敗北しました。「えっとお、進次郎クンって、すごい人気者なんじゃなかった?」
あれあれー? おかしいですねー。裏社会は、メディアを使った世論誘導、大衆操作劇場の選挙戦に失敗して大慌て。国民が利口すぎて不正がうまくできない国、それが日本。
★ 自民党が大人気です【不正世論調査】

地方選挙で連戦連敗の自民党が「高支持率」だと?
自民高の支持率など、マイケル・グリーン裏メリケン総理が、ごろつきメディアに捏造をさせた、真っ赤なウソです。
安倍政権の本当の支持率は、十勝毎日新聞の調査結果、24%が妥当でしょう。
それでもまだ高すぎる。
十勝は自民の強い農業専業地帯です。
ここで24%なら、他は10%くらい。

★ これは参院選の議席数「予告」ですか?【不正世論調査】

<毎日新聞―世論調査>
☆ 比例投票、自民45% 民主8% 維新5%

7月4日公示、21日投開票の参院選を控え、毎日新聞は29、30日の両日、全国世論調査を実施した。参院比例代表の投票先を聞いたところ、自民党が45%でトップで、民主党8%、みんなの党7%の順。日本維新の会は5%だった。民主、維新の両党とも党勢が戻っておらず、先の東京都議選の結果と同様、自民党の「1強」状態が目立っている。(毎日新聞)
 
  List
  この記事は 278810 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_278871
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
286508 ムサシの「自書式投票用紙読取分類機」のありえない超高性能ぶり 14/01/23 PM07
279468 新聞事業とは国民社会に対するテロリズム 田中素 13/07/21 PM10
278874 『もしも不正選挙が行われているなら』と仮定した場合の対抗策 如意袢 13/07/11 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp