日本人の起源(縄文・弥生・大和)
27767 弥生の統合様式と私有意識
 
岡本誠 ( 48 兵庫 経営管理 ) 02/03/30 AM02 【印刷用へ
 平野さんの「縄文→弥生で集団の統合様式は変化したのか?」(27552)の提案について考えたいと思います。
>こうして日本では「上部構造は容易に転換するが、下部構造はなかなか変わらない」という構図が定着していきます。(平野さん27242
 中村先生も27652で引用されている平野さんの投稿の通り、上から押しつけられた体制・制度も庶民層にはなかなか浸透しないようです。いかに縄文体質が後世まで残存しているか、弥生以降も含めて見たいと思います。

 まず西日本について。
 2000年前には部族連合国家が乱立し、力による覇権争いが始まっています。最初の統一国家邪馬台国の王卑弥呼は、各部族の間から選挙に近い形で選ばれ、強制的色彩は薄く、しかも巫女であった。武力による強制的・一元的統合国家ではあるが、他方各部族とも自治制は高く、統合のためには軍事より占い信仰が上位に立つ構造(いわゆる祭政一致の政治形態)を示しています。血縁関係にはない被支配部族をも含めた統合のためには、それまでの自然的精霊信仰を一気に統合する守護神を設定し、共認統合軸にする必要があったのでしょう。道教=天の概念を統合軸として、天の命令を全うするものとしての巫女を、女王に祭り上げ利用したと考えられます。

 しかし被支配層には、あくまで武力を背景にした租税制という収奪制度がとられます。大人・下戸・生口(奴隷)の身分制や、卑弥呼が死んだとき奴婢100余人を殉葬したともされています。ただ氏族共同体の単位は崩れておらず、土地も共有され共同耕作されていました。婚姻制も支配層は妻問婚(母系制の上位集中婚)が行われているが、庶民層は縄文以来の集団婚が続けられています。

 大和政権の646年「改新の詔」が発布され、班田収受法と統一税制が施行されます。徴税の必要から戸籍が統一され、ここに徴税単位が集団から複合的大家族(戸主をはじめ20人程度からなり、内部は2〜3の単婚家族に細分化されている行政的な単位)に移行します。そして父系継承を前提とした一対婚が法律によって定められますが、家屋財産の継承をはじめ経済的な実態は母系集団によって支えらており、母系制を基盤とする集団婚は続けられています。

 743年(奈良時代)に「墾田永年私財法」が発布され土地の私有化が拡大、そして12世紀末(平安時代末期)には農民の小作権が世襲制に組み直されたことから、農民の土地に対する私有意識も本格的なものになり、財産の父系継承という一対婚の土台が形成されます。母系的生活単位は解体され一対婚が実態を伴ったものへ移行していきますが、夜這いという集団婚は継続され、生涯固定の観念も希薄で、くっついたり離れたり、実状は重婚というような状態が江戸末期まで続きます。このように庶民層の私有意識は800年間に過ぎないと言えます。
 
  List
  この記事は 27552 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_27767
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【縄文の集団に学ぶ〜その9】縄文から弥生にかけて何が変わったか 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/08/25 AM00
ネットサロン:婚姻の歴史を追求中!「縄文〜弥生時代の境目がポイント!」 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/12/13 AM02
193906 形式は従うが、本源性を決して捨てなかった縄文人 猪飼野 08/12/03 PM08
96789 部族連合と国家の違い 雪竹恭一 05/09/03 PM10
96659 私権統合が必要に迫られた 峯川満章 05/08/31 PM10
90756 環濠集落の実態 石川笑美 05/05/15 AM00
84924 魏志倭人伝 ミスター 05/01/31 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp