日本人の起源(縄文・弥生・大和)
27767 弥生の統合様式と私有意識
 
岡本誠 ( 48 兵庫 経営管理 ) 02/03/30 AM02 【印刷用へ
 平野さんの「縄文→弥生で集団の統合様式は変化したのか?」(27552)の提案について考えたいと思います。
>こうして日本では「上部構造は容易に転換するが、下部構造はなかなか変わらない」という構図が定着していきます。(平野さん27242
 中村先生も27652で引用されている平野さんの投稿の通り、上から押しつけられた体制・制度も庶民層にはなかなか浸透しないようです。いかに縄文体質が後世まで残存しているか、弥生以降も含めて見たいと思います。

 まず西日本について。
 2000年前には部族連合国家が乱立し、力による覇権争いが始まっています。最初の統一国家邪馬台国の王卑弥呼は、各部族の間から選挙に近い形で選ばれ、強制的色彩は薄く、しかも巫女であった。武力による強制的・一元的統合国家ではあるが、他方各部族とも自治制は高く、統合のためには軍事より占い信仰が上位に立つ構造(いわゆる祭政一致の政治形態)を示しています。血縁関係にはない被支配部族をも含めた統合のためには、それまでの自然的精霊信仰を一気に統合する守護神を設定し、共認統合軸にする必要があったのでしょう。道教=天の概念を統合軸として、天の命令を全うするものとしての巫女を、女王に祭り上げ利用したと考えられます。

 しかし被支配層には、あくまで武力を背景にした租税制という収奪制度がとられます。大人・下戸・生口(奴隷)の身分制や、卑弥呼が死んだとき奴婢100余人を殉葬したともされています。ただ氏族共同体の単位は崩れておらず、土地も共有され共同耕作されていました。婚姻制も支配層は妻問婚(母系制の上位集中婚)が行われているが、庶民層は縄文以来の集団婚が続けられています。

 大和政権の646年「改新の詔」が発布され、班田収受法と統一税制が施行されます。徴税の必要から戸籍が統一され、ここに徴税単位が集団から複合的大家族(戸主をはじめ20人程度からなり、内部は2〜3の単婚家族に細分化されている行政的な単位)に移行します。そして父系継承を前提とした一対婚が法律によって定められますが、家屋財産の継承をはじめ経済的な実態は母系集団によって支えらており、母系制を基盤とする集団婚は続けられています。

 743年(奈良時代)に「墾田永年私財法」が発布され土地の私有化が拡大、そして12世紀末(平安時代末期)には農民の小作権が世襲制に組み直されたことから、農民の土地に対する私有意識も本格的なものになり、財産の父系継承という一対婚の土台が形成されます。母系的生活単位は解体され一対婚が実態を伴ったものへ移行していきますが、夜這いという集団婚は継続され、生涯固定の観念も希薄で、くっついたり離れたり、実状は重婚というような状態が江戸末期まで続きます。このように庶民層の私有意識は800年間に過ぎないと言えます。
 
  List
  この記事は 27552 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_27767
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【縄文の集団に学ぶ〜その9】縄文から弥生にかけて何が変わったか 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/08/25 AM00
ネットサロン:婚姻の歴史を追求中!「縄文〜弥生時代の境目がポイント!」 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/12/13 AM02
193906 形式は従うが、本源性を決して捨てなかった縄文人 猪飼野 08/12/03 PM08
96789 部族連合と国家の違い 雪竹恭一 05/09/03 PM10
96659 私権統合が必要に迫られた 峯川満章 05/08/31 PM10
90756 環濠集落の実態 石川笑美 05/05/15 AM00
84924 魏志倭人伝 ミスター 05/01/31 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp