健康と食と医
276434 牛乳を飲むと、ガンになる!
 
HHH 13/06/05 AM00 【印刷用へ
コチラリンクのブログより転載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そもそも牛乳は、子牛が飲むものです。
なぜ、人間が飲まなければならないのでしょうか?

たしかに、カルシウムが豊富で、骨粗鬆症の予防に効果があると言わたり、健康的なイメージが強いですが・・・

動物のお乳は、子の成長のために必要な成分が豊富です。

中でも、「インスリン様成長因子」(IGF−1)というホルモンが大量に含まれています。

IGF-1は、成長のために細胞分裂や増殖を加速させる働きを持っています。
これが、クセモノなのです。

細胞分裂は、DNAの複製によって行われます。つまり、コピーですね。細胞分裂を加速させるということは、コピーを高速かつ大量に行うことを意味します。

普段私たちが使っているコピー機でも(特に古く劣化してくると)、コピーエラーが生じやすくなります。

同じ理屈です。DNAの複製コピーを高速大量に行えば、エラーが生じやすくなります。

このエラーによってできた細胞が「がん細胞」です。

ですから、牛乳を飲むということは、この「がん細胞」をつくる確率を高めていることになるのです。

とはいえ、通常私たちの体は、一日数千個の「がん細胞」ができていると言われ、この異常な細胞を体内の免疫システムによって駆逐し、健常を維持しています。

それがゆえ、お乳を大量に飲む子供は免疫力が強く、「がん」にはかかりにくいわけです。

ところが、年とともに劣化してくる大人の私たちは、この免疫力も弱まってきます。同時に細胞分裂も弱まったり、細胞自体が死滅しますので、エラーも減るはずですが・・・

そこへ成長因子を取り込むということは、再び細胞分裂を活性化させ、エラーを生じやすくさせることになります。

しかも、免疫力も衰えているわけですから、日々駆逐できる能力も弱まり、
いよいよ「がん細胞」が成長していくことを許してしまうのです。

特に、牛乳の摂取と乳がんや前立腺がんとは有意な相関関係にあると言われています。

それ以外でも、牛乳は、アトピーやアレルギーの原因ともなっています。
さらに、牛乳の摂取量が多い北欧では、骨粗鬆症(逆説ですが)や心筋梗塞が多いと言われてます。

近年では、「2歳以上の子供に牛乳を飲ませてはいけない」という育児書も出てきています。

ということで、“牛乳神話”は、日本の場合、戦後の学校給食普及のための国策であり、背後には欧米食に変えさせようとする(=自国の食品の輸出のため)欧米の食糧戦略だったわけです。

それまで牛乳を飲む習慣のなかった日本人は、その代償として、アトピーやアレルギー、そして「がん」に冒されやすくなったのです・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 276275 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_276434
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp