アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
275815 シェールガス革命は、新たなバブルである。〜仏ルモンドの日本版
 
岸良造 ( 60 香川 技術者 ) 13/05/09 AM01 【印刷用へ
エクソンモービルの利益を食いつくすシェールガス・・・開発バブルの崩壊に注意  時事/金融危機リンクより
____________________________
■ ル・モンドの記事が興味深い 
日米のマスコミは、「シェールガス革命」がアメリカ経済の復活のカギと宣伝しています。
一方、仏ルモンドの日本版は、シェールガスは「開発バブル」に過ぎないと警鐘を鳴らします。

1) シェールガスの井戸は1〜2年で涸れる
2) 開発資金を回収する為には次々と井戸を掘る必要がある
3) シェールガスの産出量が一時的に増えるのでガス価格が下落
4) 開発バブルを支える為に2008年の金融界の投資合計額に匹敵する資金が必要
5) エクソンモービルの社長は外交評議会(CRF)で「経営は赤字だ」と発言
6) 埋蔵量を水増しする為に、頁岩鉱床の量を多く見積もっている

■ 自転車操業に陥っているシェールガス業界
ルモンドの記事は、ヨーロッパ勢力のアメリカ攻撃の色合いも強いので、
多少のバイアスが掛かっているのもとして読むべきです。

記事の後半は、石油の埋蔵量も水増しされているとして、
ピークオイルが確実に訪れると誘導しています。

ここら辺は、「石油利権 VS 原子力利権」の複雑な対立があるので、
この記事を鵜呑みにするのは危険かも知れません。

しかし、常識的に考えて、採掘コストが高く、環境破壊を伴うシェールガス開発が、近い将来、暗礁に乗り上げるであろう事は想像に難くありません。

興味深いのは、シェールガス業界が「企業秘密」として公表していない
シェールガスの水圧破砕の水に含まれる化学物質を「洗剤」と書いている点です。
頁岩層にはガスと一緒に原油(シェールオイル)が含まれています。
シェールガス井戸からは最初、原油が破砕水と一緒に噴出してきます。
この原油が出切った後、ガスが産出されます。
「洗剤」とはある種の界面活性剤で、頁岩層に浸み込んだ原油を引き剥がす効果があるのでしょう。
そうしないと、目詰まりしてガスが産出出来ない。
水と洗剤と原油の混合物が井戸から噴出する訳ですが、
これを分離する事で、原油を得る事が出来ます。

いずれにしても、シェールガスにしてもシェールオイルにしても
在来資源に比べて大変なコストを掛けて生産される訳です。
ガス価格が下落した状況では、事業自体は既に赤字になっています。
それでも、事業が継続しているのは、外部からの資金が大量に流入しているからです。

シェールガス井戸は開発後1〜2年はそれなりの量のガスが得られます。
ですから、新しいガス井を開発し続ける初期の投資効率は低くありません。
ところが時間の経ったガス井は産出量が激減するので、
投資に見合った生産が得られません。
ですから、新規開発の速度が鈍った瞬間に、シェールガスの開発バブルが弾けます。

■ 問題は投資金額が膨大に膨れ上がっている事
シェールガス開発が、試掘程度の規模であれば問題は少なかったはずです。
ところが、大統領自らが広告塔になってシェールガスの開発バブルを煽ってしまいました。
結果的に大量の資金が投入されました。
ところがバブルが弾けた瞬間に、こららの資金は莫大な不良債権となります。
これは、第二のサブプライムショックに成りかねません。

■ 開発バブルの崩壊はいつか?
シェールガス開発バブルの崩壊はいつ起きるのでしょうか?
それは、シェールガス開発に流入する資金が減少した時です。

アメリカは80年代に風力発電の大ブームが起こります。
大量の資金が流入し、砂漠の真ん中に大規模な風車が立ち並びました。
しかし、発電コストが石炭火力よりも高い風力発電は採算が取れません。
一時の投資ブームが去った後、メンテナンスもままならない状態になります。

同様に近年は太陽光発電ブームが勃興し、そして終焉しています。
この様に元々採算性に乏しい資源開発は、数年の内には崩壊します。

既に目先の効く投資家は既にこの分野から手を引いているでしょう。
現状は、海外の年金ファンドや、インチキファンドが支えているのかも知れません。

シェールガス開発バブルが弾けるとすれば、その引き金は資金の逆転です。
ですから、次の金融危機が意識され始めた途端に、
追い討ちを掛ける様に、シェールガスの開発会社が経営危機に陥るでしょう。

■ アメリカンドリームが醒める時
マスコミは「シェールガス革命でアメリカは大復活」と宣伝します。
しかし、現実は「シェールガス開発バブルの崩壊でアメリカ経済も崩壊」というのが正しい。

だいたい、新聞の一面を飾り、派手にに宣伝される事は疑わしい・・・。

世界の多くの人々が「シェールガス詐欺」に騙されて
アメリカの将来性に期待を寄せています。
これが「単なるバブル」だと分かった時の失望は大きいでしょう。

当然、米国債やドルの信認も大きく揺らぎます。

■ 唯一の解決方法は中東戦争
シェールガスが復活する唯一の望みは「ガス(原油)価格の高騰」。

中東で戦争が発生すればガス価格も高騰し、
シェールガスも採算が取れる様になります。

ですから、アメリカでシェールガス開発が拡大すればする程、
エクソンなどの石油資本は中東戦争を欲する様になります。
__________________
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_275815
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
279831 アメリカで話題のシェールガス、実はクリーンでも安価でもなく、ブームはつくられたバブルに過ぎない。 向芳孝 13/08/06 AM01
276057 シェールガス、米社倒産で早くもバブル崩壊?〜タイム・ラグのある日本ではシェールガス・バブルが花盛り@ ばんび 13/05/19 PM00
新たなバブルが始まった? 70年以降バブルの崩壊構造 日本〜世界経済 パート2 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 13/05/18 PM03
275970 日中の対立の深刻化は、アメリカの長期的な謀略 田中素 13/05/15 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp