日本人の起源(縄文・弥生・大和)
27581 居徳は弥生に突入していた
 
岡本誠 ( 48 兵庫 経営管理 ) 02/03/27 AM01 【印刷用へ
 高知県居徳遺跡の殺傷痕人骨に関して、事実を押さえ直す必要がありそうです。三ヶ本さんや中村先生の投稿と一部ダブりますが、足場を固めたいと思います。

1.縄文晩期(2500年前)の遺跡から見つかった人骨は、成人(男女)9人分15点だが、少なくとも3人分の骨に、人為的に殺傷もしくは損壊された傷痕がある。
2.九州大の中橋孝博教授(自然人類学)が人骨を調べたところ、太ももの筋肉がつく部分が発達しているなど、縄文人の特徴をもっていた。
3.女性の太ももの骨には膝のすぐ上に、骨製の矢じりが貫通した穴があった。男性の太ももと腕の骨各一点には、鉄製と見られる金属ののみ状のもので、何回も刺された傷がついていた。
4.人骨は低湿地に堆積したイノシシ、ニホンジカなどの骨とともに捨てられており、死後まもなく解体され、特定の部分だけを運んで捨てたと見られる。
5.農耕を示唆する木製の鍬や、中国の春秋戦国時代の工芸に共通する木胎漆器が見つかっており、イヌを食べていた(=渡来系の文化)。

 居徳遺跡の殺傷痕人骨の話題性は、縄文晩期に(それまでは2300年前の弥生からと考えられていた)、女性も含む複数の縄文人が(それまでは単発的、事故的な受傷痕)、金属器で(渡来人が持ち込むまでは存在しない)、遺体の解体や損壊を目的とした刺突痕をつけられ(縄文時代にも遺体が白骨化した後解体して再埋葬する習慣はあるが、損壊を目的としていない)、ばらばらにされ墓地に埋葬されていないところにあります。

 これが縄文時代の縄文人によるものだとすれば、縄文観が根底から覆ることになります。殺し合い・戦争を発生させた論理も見つける必要があります。しかし、金属器や農耕具など渡来人の影は明らかで、渡来人が縄文部落を襲ったと考えた方がその後の弥生時代と論理整合します。単に2500年前既に局地的には弥生時代に突入していたわけで、人為的な時代区分を修正すればいいだけです。

 遺体の解体は、殷代(3600〜3050年前)の墓地から無残に積み重ねられた数十体の首のない人骨が発見されていることから、大陸では長い歴史があります。2300年前の北部九州では、渡来人同士の殺し合いの結果、鈍器で頭を殴られて頭蓋骨が陥没した人骨や、脊椎に石の剣の先が折れて刺さったままになった人骨、首を(しかも生首を)切り離されて胴体だけになった人骨など、殺され方が半端でない渡来系の特徴をもつ戦死人骨が急増します。しかも一つの遺跡から十も二十も出土することも珍しくない。
 また神戸市新方遺跡からは、17本もの石の鏃を全身に受けた縄文系の人の骨が見つかっている。戦闘場面で殺されたというより、死後刑罰や儀礼のため、または呪術的な意味で矢が射込まれたか、いずれにしろ凄惨な最期である。
 居徳遺跡は、このような弥生時代への突入が、縄文晩期から始まっていたことを示していると考えられます。
 
  List
  この記事は 27433 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_27581
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
27702 居徳遺跡・・過渡期の同類闘争 細田卓司 02/03/29 AM01
27700 時代区分の曖昧さ 橋口健一 02/03/29 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp