実現論を塗り重ねてゆく
275635 孝明天皇は偽装崩御して裏天皇となった?〜落合莞爾説の紹介
 
山澤貴志 ( 48 鹿児島 ITコンサル ) 13/05/02 AM00 【印刷用へ
落合莞爾という人の 「 明治維新の極秘計画 〜 堀川政略とウラ天皇 」「南北朝こそ日本の機密」という本がある。現在読んでいるが、鬼塚英明氏の論考に並ぶ、なかなか優れた歴史考察である。

落合莞爾さんは1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968年~69年の 『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村證券に入社、商法および証券取引法に精通し、日本初のM&Aを実現する。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物で「金融ワンワールド」なる著書もある。自ら南朝の末裔を自称する、皇室インサイダーである。

鬼塚英明氏が孝明天皇暗殺説を展開したのに対して、落合氏は孝明天皇の崩御はフェイクで京都の堀川御所に隠れて、東京の天皇と役割分担をしたのだ、という説である。

鬼塚説(孝明天皇暗殺説)がインターネットで出回りすぎたため皇室サイドも無視できなくなり、そのもみ消しに走ったとも読めるが、南北朝にまで遡って、シャーマンとしての天皇の存在意義を直視した論考としては注目に値すると思う。

早計な判断は一旦置くとして、説を紹介する、

以下、リンク より転載

***********************

落合氏は孝明天皇暗殺を世に知らしめた鹿島昇氏の説は拙劣粗雑であると断じ、本当は孝明天皇暗殺は偽装であるばかりか、偽装工作の張本人は孝明天皇その人と尹(いん)宮(中川宮:久邇宮朝彦親王) であると主張されています。 そして孝明天皇は息子:睦仁親王と共に堀川御所に移って「 京都ウラ天皇 」 となり、その息子が堀川辰吉郎であると。

政体天皇 ( 東京表天皇 ) と 國体天皇 ( 京都ウラ天皇 ) の双文制を執った理由として、政体帝都江戸を維持しなければならないことと、國体護持のために天皇は国家シャーマンとして富獄( 富士山 )を西( 大峰山 )から拝さねばならない。 とする点は、うっかり納得してしまいそうになる素晴らしい論拠ですが、ウラ天皇( 國体天皇 )をもって欧州王室連合 = ワンワールドとの血縁関係と国際金融連合への加入を目論んだ( 受け入れた )との主張には首をかしげざるを得ないものの重要な示唆を与えてくれます。

しかし、これまで誰も語ることのなかった久邇宮( 尹宮 )と光格天皇にスポットを当てた点や、小栗上野介等による金銀レート操作や徳川埋蔵金に纏わる話などは目からウロコです。金融面における実行役が、小栗上野介忠順と榎本武揚、渋沢栄一であるとしてその実態をおそらくは初めて詳しく紹介したのはさすがは元野村證券マン! と云った感があります。

******************************

著書から補足すると落合氏の史観の特徴は、天皇制をその取り巻きによる対立と統合の歴史とみる史観をバックボーンとしています。以下、「南北朝こそ日本の機密」より要約

***************************
日本史の際立った特長は本来親しかるべき兄弟が周辺勢力に推戴され、もしくは自ら率先して特定勢力の中核となり、その結果兄弟が相対峙するパターンが何度も繰り返されています。神話の山彦・海彦、天智と天武、清和源氏、応仁の乱の足利義視と義尚、そして南北朝の対立です。この対立を巧妙に回避したのが、室町時代の大塔政略で、この時も南北朝の対立による国体の衰弱を避けるため、ウラ天皇をつくりだしています。そして、海外の開国圧力が強まり、天皇制にキリスト教化の圧力が加わる中で、取られた戦略が、孝明天皇偽装崩御による京都天皇=シャーマン天皇の温存という手法だったのです。
***************************

鬼塚氏の左派的分析と、落合氏の皇室インサイダー的分析を統合していくことで、「ウラ天皇」の事実、さらにはこれからの日本の可能性も見えていくように思います。
 
  List
  この記事は 252769 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_275635
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
裏天皇の正体3〜ウラ天皇は南朝発、孝明天皇は偽装崩御してウラ天皇となった。 「日本を守るのに右も左もない」 13/10/07 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp