政治:右傾化の潮流
275575 「株式会社ムサシ」実は安倍晋三のオヤジ安倍晋太郎が大株主だった
 
奥村博己 ( 47 京都 農業 ) 13/04/29 AM10 【印刷用へ
以下は、wantonのブログリンクからの引用です。
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
衆議院選挙は操作されていた!!  
リンク
一部引用

飛鳥  この間行なわれた衆議院選挙について、「日刊ゲンダイ」が
とんでもないことを暴き出している。あの選挙は民間企業の
「株式会社ムサシ」が、国政選挙システムを一手に引き受けてやったという。
だから「ムサシ」がその気になれば、いくらでもデータを改ざんできる。
今それについてのものすごい追求を徹底して、
日刊ゲンダイだけがやっているんだ。
だけど4大新聞は知らん顔で、特に読売新聞は一切無視している。

「ムサシ」というのは調べてみるととんでもない企業で、
実は安倍晋三のオヤジが大株主だった。
安倍晋太郎は亡くなっているから当然今は、
それを引き継いだ安倍晋三が大株主だ。

フルフォード  安倍政権になる前には、日本の自衛隊の若造たちが、
安倍を総理にして日本をなんとかしたいと考えていた。
で、結局そうなったわけで、僕が認識しているのは安倍政権というのは
軍事政権だ。なんでも通せるように議席の3分の2が取れたから、
実質的に今日本は軍事政権なんだ。
今まで金をばらまいて操作していたのは外国の連中だった。

菅沼  たとえば憲法9条を改正するとか、国防軍にするとかがあるわけだけど、
それを実現するためには次の参議院選挙が必要ですね。

飛鳥  問題は、次の参議院選挙も、「ムサシ」が一手に引き受けてやる
ということですよ。実は今回の選挙でも、おかしなことがいっぱい出てるんです。
たとえばあの日は東京都知事選も同じ日だったから、投票に行った人は
みんな自動的に書くじゃないですか。多少の差はあるとしても、
大体同じくらいの数になるはずなのに、140万票以上も違っていたんです。

菅沼  どっちが多かったの?

飛鳥  都知事選のほうです。
都知事選の投票総数664万7744に対し、衆院選が139万1089だから、
約140万の無効票があったことになる。

菅沼  都知事選は猪瀬直樹が433万票とったじゃない?

飛鳥  あの数も、全部「ムサシ」が出した数字です。もっと言うと、
実は原発反対を掲げていた議員のほとんどが国政選挙で落ちています。
それだけでなく最も恐ろしいのは、日本未来の党に入った1000万票
が消えている。これも「ムサシ」が全部数字を打ち込んでいる。

続き ↓ 
Aリンク
Bリンク
Cリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用以上
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_275575
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
参院選、不正選挙に要注意3〜バーコード付き票や期日前投票による操作? 「日本を守るのに右も左もない」 13/07/11 AM02
参院選、不正選挙に要注意2〜昨年の衆院選の不正選挙疑惑 「日本を守るのに右も左もない」 13/07/10 PM10
参院選、不正選挙に要注意1〜米の不正選挙の手口 「日本を守るのに右も左もない」 13/07/10 PM10
米国の圧力と戦後日本史23〜米国に抗いきれず、ことごとく潰されていった世襲政権〜 「日本を守るのに右も左もない」 13/05/15 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp