共認運動をどう実現してゆくか?
274242 自民党の世論誘導組織「インターネットサポータークラブ」
 
ET 13/04/02 PM09 【印刷用へ
洗脳チーム「チーム世耕」が、
2010年に「自民党ネットサポーターズクラブ」に発展拡大していた?!
チーム世耕:126067


カレイドスコープ(リンクより紹介します。
------------------------------------------------------------
自民党は、一般有権者の洗脳工作にも余念がありません。

小泉内閣のときの「やらせタウンミーティング」、「愚民政策の柱であるB層づくり」などなど、枚挙にいとまがありません。
すでに世間に広く知れわたることになった「チーム世耕」のネット工作は、さすがに手控えているかと思いきや、どっこいまだ生きているようです。

なにより強硬な原発推進派、世耕の仰天発言が世間をにぎわしました。
この男ほど、悪魔的で陰湿な国会議員はいないでしょう。次の参議院選挙では絶対に落さなければならない男です。
さすが、アメリカの広告代理店で、国民洗脳術をみっちり仕込まれただけあります。

さて、この悪魔の洗脳チーム「チーム世耕」が、2010年に「自民党ネットサポーターズクラブ」に発展拡大していたことをご存知でしょうか。

会員資格は日本国籍を有する18歳以上の男女で、簡単な登録を済ませれば会員証が送られてきて、晴れて売国運動に参加できるというわけです。

規約の中の「活動内容」に、
「自由民主党のパンフレット・ビラの配布およびポスティング活動」「インターネット等を活用した各種広報活動・情報収集活動・会員相互の交流活動」という説明書きがあります。

「各種広報活動・情報収集活動」…ふむふむ

要するに、今までどおり、2のつく巨大掲示板や、その他の掲示板、ツイッターやフェイスブックなどのSNS、自民党の議員を無条件にマンセーする得体の知れないブログの掲示板に、「サクラ」となって、ちょうちんコメントを精力的に書き込むことを「各種広報活動・情報収集活動」と言っているわけです。
さすがチーム世耕の暗躍振りが世間の不評となり、仕方なく「明るい場所に引っ張り出された」ということです。

自民党をマンセーしているブロガーの何割かは、安倍晋三の支持母体と言っても差し支えない統一教会(CIAにコントロールされているグローバリストの道具であり、ヘリテージ財団のスポンサー)の信者であることが容易に分かるのですが、その掲示板への書き込みの幼稚さ、愚劣さは目を背けたくなるほどです。

事実に反すること、社会的道義にもとることに対して、やたら称讃はするやら、たった1〜2行の意味のないコメントを延々と書き込むやら、誰が見ても、いわゆる「工作員」であることが一目で分かるような書き込みが、去年の選挙前から圧倒的な迫力で増えているのです。

何も、掲示板への書き込みだけではなく、前に一例として紹介した日本のTPP参加によるメリット・デメリットとは?などのような、自民党の政策に沿ったスレッドを立てて、その中で自作自演を行うことによって、他の参加者を洗脳し、世論誘導を行うというようなサイトが多数できているのです。

参議院選挙に向けて、自民党ネット部隊の洗脳工作は、ますます激しさの度を増していくでしょう。
特に自分の視座や立脚点を持たない日本人は、コロッと誘導されてしまうのです。つまり、無自覚B層の一丁上がり〜。

それに気がついたときは、もう手遅れ。
--------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 126067 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_274242
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp