日本を守るのに、右も左もない
273586 TPPで国際訴訟が起これば米国が必ず勝つ仕組みになっている
 
猛獣王S ( 42 東京 営業 ) 13/03/08 PM09 【印刷用へ
『TPPで国際訴訟が起これば、米国が必ず勝つ仕組みになっている。』(世界の真実の姿を求めて!)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
TPPで国際訴訟が起これば、米国が必ず勝つ仕組みになっている。
TPPはアメリカ・多国籍企業の一人勝ち。

ISD条項でメキシコ、カナダは全敗、アメリカは全勝。
→カナダ28件、メキシコ19件、米国19件の訴訟全てが米国の勝訴。

また別記事によれば、(韓国チョン・ウンジュ記者)
外国投資家が米国政府を相手に15回の投資家-国家訴訟を請求したが、米国政府は一度も敗訴しなかった。

世界銀行の影響下にある投資紛争解決センターは、投資家にとっての実害を判定する。

密室裁判で控訴できない。

情報は国会議員にも非公開。

遺伝子組換え作物など、パッケージ表示など、規制にも廃止されてしまう可能性が大。

●国家訴訟(ISD)の八百長

ロアン事件
カナダの葬儀業者のロアンが1995年米国、ミシシッピ州裁判所で5億ドルを賠償しろとの陪審員評決を受け、北米自由貿易協定違反とし投資家-国家訴訟を請求した事件。

仲裁判定は仲裁人3人で構成。

連邦裁判所判事エブノ ミックバー、オーストラリア判事、英国判事の3人

連邦裁判所判事エブノ ミックバーは米国法務部から米国に有利な判決をするよう圧力を加えられた。

当初は、連邦裁判所判事エブノ ミックバーは「私に圧力を加えることを願うということならばこれ以上は我慢できない」 と答え、圧力を拒否した。

ところが

実際の裁判の過程では、オーストラリア判事、英国判事の3人が米国に不利な判決を支持。
一方
連邦裁判所判事エブノ ミックバーは、米国に有利な判断を主張。(圧力に屈した?)
→エブノ ミクバーは“難しい状況で(米国政府の立場で)少数意見を陳述した”と強調。

結局、最後には

残りの仲裁人のオーストラリア判事、英国判事も、後になって立場を変え、2003年6月仲裁判定部は全員一致で米国政府の勝利となった。

●TPPのISD条項は常軌を逸している。

例えば
アメリカの投資家が金を出して日本に工場を作るとする。
ところが工場が化学物質を含んだ有害な水を捨てたので環境省が操業停止命令を出す。
すると投資家は「利益が損なわれた」と私設の国際裁判所に日本政府を提訴できるのだ。

その結果

提訴された日本側は米国に敗訴する。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_273586
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
273736 不平等条約の影・・・『TPP協定素案 7月まで閲覧できず』 HAYABUSA 13/03/14 PM07
273723 TPPで日本の医療費は100倍に!患者の弱みにつけこむアメリカ式医療の現実 阿部和雄 13/03/13 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp