健康と食と医
273364 人体におかしな反応が現れる5つの野菜
 
田中一成 ( 壮年 兵庫 会社員 ) 13/02/28 AM02 【印刷用へ
野菜は体にいいとよく言われますが、やはり何でも取り過ぎはよくないようですね。
ニンジン、トマト、アスパラガス、カボチャなど、健康にはいいんだけど、ちょっと変な反応がでる場合ある野菜だそうです

海外の元記事リンクを翻訳した記事「カラパイヤ」リンクから紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「人体におかしな反応が現れる5つの野菜」

「お野菜を食べなさい」と言われないで育った子どもはあまりにないくらい、野菜は体に良いと信じられている。実際に野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの様々な成分は、病気予防に役立ったり、体の体調を整えてくれる。

とは言え、野菜と言えども、中には人体に変な反応が現れるものもある。ここにあげる5つの野菜は、健康に良い素晴らしい野菜なんだけど、ちょっと変な反応がでる場合がある野菜だ。

1.人参
人参を食べすぎると肌がオレンジ色になるという話を知っている人は多いだろう。それは事実だ。人参、その他の野菜の多くがカロチノイドを含んでいる。これは日焼けを防ぎ、肌を自然な色味に導くので美容や健康には重要な成分でもある。

だが、大量に摂取すると、肌の色がどんどんオレンジ色になってくる。これはカロチン血症になった状態で、すりつぶしたオレンジ色の野菜をたくさん食べる幼児に頻繁に起きる症状だ。大人でも人参やオレンジ、かぼちゃをどっさり食べるとそうなるようだ。これは多くの人には問題無いもので、たいていは肌の色はそのうち元の色に戻る。しかし長い間肌がオレンジ色のままだったら注意が必要だ。これは、カロチンをビタミンAに変えるための正常な酵素が肝臓で作られていないことにより起こるもので、免疫システムの低下が考えられる

2.ビード
ビートの根は、たくさん食べると尿が赤くなる場合がある。これは"ビート尿"とよばれる症状で、原因はベタレインという色素にある。ベタレインを大量に摂取しその後トイレに行くと、身体はおしっこでその色素を排出する。しかしこれは誰にでも起こることではなく、"ビート尿"になるの割合は10〜14%程度だ。もし、ビートの根をどっさり食べた後、真っ赤なおしっこが出てもパニックにならなくてもいい。だが、赤色の野菜をしばらく食べてないのにそんな赤い色のおしっこが出たら、即病院でチェックしてもらったほうがいいだろう。

3.トマト
多かれ少なかれ野菜は面白い着色作用がある。トマトのリコピンという名の色素も皮膚をオレンジっぽい色に変える。ただしそうなるには、2リットルぐらいのトマトジュースを長期間に渡り毎日がぶ飲みする必要がある。なので普通は起こりえないと言えるだろう。

 ちなみにトマトにはビタミンCが多く含まれている。その為、極めて大量に食べた場合、ビタミンCも過剰摂取になる中ぐらいのトマト1個に含まれるビタミンCは30mgくらい。人の身体が処理できるビタミンCの限界量は一日に2,000mgで、日に80mg(日本だと男女ともに100mg)が適量だとされている。

4.アスパラガス
アスパラガスはなんと尿のニオイを変えるそうだ。アスパラガスを食べてからたった15分足らずで、オシッコは強烈なにおいになるという。この変なにおいの元は、"メタンチオール"という化合物。アスパラガスを消化する時、臭いニオイを持つ含硫アミノ酸を放出する。そしてオシッコをしたとき、これらの粒子が空気中に広がって鼻腔に入るのだ。

 今までアスパラガスを食べても、そんなニオイなんて気がつかなかったよ?という人も中にはいるだろう。これがまた妙な話しなるのだが、その人の身体がメタンチオールを分解した訳ではなく、その人は、そのニオイを判別する固有の遺伝子を持っていないのだ。アスパラガス臭がわかる能力のある人はたったの2〜4人に1人と言われている。今度試しに、判別できるかどうかアスパラガスを食べた後尿のニオイを嗅いでみるといい。

5.ニホンカボチャ
バターナッツ・スクウォッシュとは黄色くて首の長い形をしているカボチャの一種だ。これを生のまま切ると、ククルビタ・モスカータ(ククルビタの学名はニホンカボチャ)皮膚炎になることがある。ククルビタ・モスカータ皮膚炎とは、一部の人に起こる症状で、このバターナッツ・スクウォッシュを切った時に、手が乾燥して荒れてしまい、その後皮膚がひび割れて剥けてしまう。

 カボチャの汁が皮膚がヒリヒリさせ皮膚炎を起こす原因となっており、このアレルギーを持つ人には嫌われている。また、これに似た成分を含むものとして、エイコーン・スクウォッシュ、またはポインセチアなどのタカトウダイ属や、キク科の植物がある。もしこのような野菜を切る時は手袋をつけて、炎症が起きた時はちゃんと薬を塗ろう。野菜を使った健康的な食事にも、意外な落とし穴があるようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上引用おわり
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_273364
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp