人工物質の脅威:大気・水・食品
273155 合成洗剤 〜「白く染めるニセの清潔さ」が及ぼす健康被害〜
 
太刀川省治 ( 52 大阪 建築士 ) 13/02/19 AM10 【印刷用へ
石鹸製造会社の通販サイトですが、「合成洗剤の害」についてシンプルでわかりやすくかかれています。
合成洗剤は、もともと洗浄力が弱く、泡切れ・汚れ落ちの悪い洗剤でした。なんとか石けんに近づけようとしたが及ばず、ついに汚れ落ちの悪さをごまかす為に、蛍光増白剤を使用し「白く染めるニセの清潔さ」が考案されたのです。


純石けんでお洗濯・・本当に肌にやさしい純石けんがあった・・
リンクより
*********************************合成洗剤の害

合成洗剤で洗った衣類を着用すると、残留した洗剤が皮膚から吸収され、血中・体内の臓器(特に肝臓・腎臓)に入り、害を与えます。
もちろん、1ヶ月や短期間の使用で身体に異常が出るような洗剤製品は少ないでしょうが、洗剤に含まれる危険な成分は、長期にわたり体に蓄積され、10年後や20年後に異常が現れることもあり得るのです。

1.皮膚への影響

手指先のひび荒れ、指紋がなくなるなどの主婦湿疹といわれる皮膚病の原因の多くは、石油系合成洗剤によるものです。
さらに、湿疹、かぶれ、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の原因も、合成界面活性剤が体内に蓄積されてホルモンバランスを崩していることによる可能性が高いと言われています。
合成洗剤、または柔軟仕上げ剤で洗った衣類を着用し続けますと、アトピー性皮膚炎の症状や下着・オムツかぶれが一向に改善されません。

2.高い発ガン率
合成洗剤はタンパク質を変質させ壊します。
変質した細胞はガンの素となり、発ガン物質の働きを強め、ガン発症率が高くなります。
では、この危険な合成洗剤は、一体いつごろから作られたのでしょうか?
第一次大戦後に石けんが不足し、安価に大量生産する為に開発されたものが合成洗剤です。

合成洗剤は、もともと洗浄力が弱く、泡切れ・汚れ落ちの悪い洗剤でした。
洗浄力は、当初から石けんの方がすぐれており、なんとか石けんに近づけようとしましたが及ばず、ついに汚れ落ちの悪さをごまかす為に、蛍光増白剤を使用し「白く染めるニセの清潔さ」が考案されました。
蛍光増白剤とは、発ガン物質であり白く染める為の有毒な染料のことで、一度衣料に付着すると一年は取れないと言われています。

合成界面活性剤の残留分は、女性ホルモンを撹乱するノニルフェノールと言う化学物質(環境ホルモン)に変化し、衣類から皮膚表面へ、そして体内へ浸透します。
どんなに衣類をすすいでも、合成洗剤は衣類に残留してしまい、洗濯する回数が増えれば増えるほど、合成洗剤の残留も累積されていきます。

3.妊娠率の低下
女性ホルモンを撹乱するノニルフェノールが、生物に悪影響を与えることも分かっています。
東京都府中市の多摩川で、コイを捕獲・生態調査をした結果、オスの精巣が痩せ細り、正常な精巣は150グラム前後あるはずが、6グラムしかない精巣もあったそうです。
さらに、オスのメス化が進んでおり、メスにしかない黄体ホルモンが検出されています。

原因は、水質検査で多く検出されたノニルフェノールによるものと考えられています。
石けんは一日で、ほぼ分解されますが、石油系合成洗剤は何日も分解されず環境への大きな負担となります。
河川や海に排水された合成洗剤は、海藻類や魚に残留し、それを人が食すと、さらに体内に取り入れて悪循環となります。

また合成界面活性剤は精子を殺傷しますので、避妊薬として販売されていました。女性用避妊フィルムは、合成界面活性剤が主成分の避妊薬でしたが高い発癌物質の為、販売停止措置が採られました。
ノニルフェノールによる女性の体への影響として、乳ガン、子宮筋腫、子宮筋炎、不妊が起こりやすくなります。

石油系合成洗剤は自然界にない物質であり、分解しにくく、体内から速やかに排出されることが難しいようです。

4.毒性
合成洗剤を誤って一口飲み、亡くなった人がいます。
動物実験によると、メダカのいる水槽<400ml>に合成洗剤の原液を2分の1滴垂らすと濃度は約150ppmとなり、普段、食器を洗う濃度と同じになります。
しかし、この濃度では、メダカは5分で死んでしまいます。
成長したメダカは50ppmの水中では、えらの細胞が破壊され、死に至ると考えられています。ふ化したばかりのメダカの場合は、1ppmで24時間以内に死に至ります。

日本の河川の多くは、界面活性剤濃度が1ppmを超えているので、この濃度ではメダカは生息できません。
しかし、石けんの場合は、同じ濃度でも成長したメダカは元気に泳いでいるのです。
*********************************
 
  List
  この記事は 267295 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_273155
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
328374 知っておきたい石鹸生活の基礎知識 太刀川省治 17/07/28 AM01
293149 服はきれいになっても、環境を汚すドライクリーニング たにっち 14/08/04 PM03
291347 バクテリア石けん?〜石けんやシャンプーは不要!バクテリアを吹きかければ肌の調子は良くなる 西谷文宏 14/06/15 PM10
287053 その石けん、プラスチック入ってませんか? それ、毒になるんです…。 りんいちろう 14/02/07 AM09
合成洗剤 〜「白く染めるニセの清潔さ」が及ぼす健康被害〜 「地球と気象・地震を考える」 14/01/10 AM02
285400 洗剤だけは止められない… (マインドコントロールかも) 加賀野宏 13/12/23 PM08
自然の摂理ML selection☆*:・’〜合成洗剤は、石鹸ではなかった!〜蛍光増白剤によって白く染める「ニセの清潔さ」が及ぼす健康被害 「地球と気象・地震を考える」 13/04/01 AM00
273784 環境病・・・毒を毒と気付かれないようにするために 太刀川省治 13/03/16 AM08
273281 「安全という嘘のパンフレット」 作ったのは企業ではなく国 ばんび 13/02/24 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp