健康と食と医
272708 電子(マイナスイオン)は動植物の生育を促進する〜落雷が起こると豊作になる理由〜
 
萱間直 ( 24 大阪 会社員 ) 13/02/02 PM01 【印刷用へ
イオンと生体との関係については、日本の上古代人の自然認識・カタカムナ255819においても以下のように捉えられています。

○イヤシロチ
「動植物の勢いが盛んになる土地」の意味であり、農作物の出来が良い。
健康地で長寿者が多い。物質の耐久性を付与する地帯。
電気的にはマイナスイオンが多い、還元電圧地帯。

○ケガレチ
「気が枯れる」という意味であり、動植物鉱物等から電気を奪う
(電気分布度の低い)土地である。
プラスイオンが多く、人間の居住には不向きであり、病人が多発し、
ものが腐りやすい。災害を受けていることが多い。
リンク

→イヤシロチ(マイナスイオンの多い所)では、動植物は電子を多く受け取って、体内の酸化を防ぐだけでなくエネルギーそのものを得ているということ。
例えば、昔から「落雷が起こると豊作になる」と言われていますが、この理由は「落雷によって稲が多くの電子を受け取れるから」だと捉えられるのです。

この点について、リンクより引用し、補足します。
-------------------------------------------------------------------
昔から、雷の鳴る年は豊作だと言われます。
古くは「雷」という字は、「神成り」と書いたそうです。「雷」という字の下を少し伸ばすと「電」という字になり、これはアースを取るという意味ではないかと思います。大地・地球のことを英語ではearth(アース)といいます。
さらに雷は稲光りとも、稲妻ともいいます。いずれにしても稲と雷は関係が深いということがわかります。
本来、妻というのは『いとしいもの』『愛すべきもの』という意味で、稲妻の妻≠ニは、稲が欲しがるものを意味しています。それが雷(稲光り)というわけです。

稲妻というのは物理的にいうと、プラズマ状態になっているそうです。
つまり高度に電離した状態で、原子の外側を囲んでいる電子がはぎ取られ、原子核が裸のまま飛び回っており、氣体がイオン化している状態のことです。

それで大氣中の窒素がアンモニアになります。これが雨とともに大地に降りそそぎ、稲の栄養になったり、土中の微生物を活性化したりして、植物の生育を促すのです。

稲は葉がとがっています。稲の穂についているノギ(芒)もとがっています。これは電子を受けやすい形なのです。植物の栄養というと、とかく土中の養分が問題にされますが、大氣から得る栄養もあるのです。
このとがった部分は電子が集まりやすく、マイナスイオンが発生しやすいので、麦畑などに行くと非常にすがすがしい気持ちになります。

稲は大気中の電子を受けるために、ノギを残しているのではないかと思われます。

私は八種類の古代稲を「縁喜之華」として千代似八千穂と命名しご縁のある方々に分けてあげていますが、以前、これを差し上げた方から「家に千代似八千穂を置いてから、死にかけていた猫が元気になりました」という電話をいただきました。
お一人の体験なら、たまたまそうなのかなーとも思えますが、同じような報告を二人の方から受けました。こうなると、やはり古代稲のパワーのようなものを感じないわけにはいきません。まだまだ古代稲の不思議な体験はたくさんあります。
------------------------------------------------------------------
以上引用

これらを踏まえると、病気の予防or治療として、『電子を得る』という発想は有り得るのではないかと思えてきます。
 
  List
  この記事は 272707 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_272708
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp