健康と食と医
272690 花粉症の症状を劇的に改善する、たったひとつの方法
 
Michelle 13/02/01 PM10 【印刷用へ
もうすぐ全国に花粉が舞い始めます。花粉症の症状を抑えるためには、薬や先端医療に頼るしかないのか? もっと簡単な方法で改善した、という話を見つけたので紹介します。

以下、「ねぼけログ」より引用します。リンク

===

花粉症の症状を劇的に改善する、たったひとつの方法

時期こそ違いますが、私もイネ科の花粉アレルギー持ちで、スギやヒノキのピークが過ぎた頃から、辛い鼻水・鼻詰まりに悩まされていました。しかし現在はその時期が来ても、一切ストレスはありません。体質改善に成功して、花粉症と決別したからです。今回は、私がいかにして体質改善に成功したかを書いてみたいと思いまつ。


花粉症を克服するためにやったこと

1日の食事量を半分にする。

あい、たったこれだけです。(これだけ、と言っても結構大きな変化ですけどね)

さて、一見関係なさそうな食事量のコントロールですが、なぜ花粉症に対して効果があるのか。その理由を以下に述べましょー。

但し断っておきますが、私は医者でもなければ、その道の専門家でもないので、これから紹介する話は、書籍で得た知識(後述)と自身の実践に基づいた内容になります。その点をご理解いただける方は、ぜひお読みください。


花粉によるアレルギー症状が起こるメカニズム

アレルギー体質というのは、体内に特定の抗原が入って来た時に、過剰な免疫反応が起こる状態。これは誰もが知っていることだと思います。

問題は、アレルギー反応が起こる原因がよく分かっていないことですよね。医師の診察を受けたとしても、「体質ですね」とか「原因は人それぞれ」と言われるだけで、効果があるのか無いのか分からない治療を長期に渡って続ける、というケースが多いのではないでしょうか。

花粉症に限らず、アレルギー反応は宿便が原因で起こります。宿便とは、排泄し切れずに腸内に残り続ける便のこと。腸内の残留物は、もちろん元々食べ物です。食べ物を体温に近い温度の場所に長時間放置したらどうなるでしょう?腐りますよね。宿便が溜まった状態というのは、腸内に腐敗したものを抱えている状態です。

腐敗物質からは有毒なガスが出ます。これが腸から血液に吸収されて、全身に回るのです。この毒素は、頭痛や肩こりをはじめ、様々な不調を引き起こします。

さらに、腸内に溜まった宿便は、消化の際に腸壁を傷付ける原因になります。実はこの傷口からアレルギー物質が吸収されることこそが、アレルギー反応が起こる原因になります。逆に言うと、腸が正常な状態であれば、多少の抗原が体内に入ってきたところで吸収されないので、アレルギー反応は起こりません。

このメカニズムでいえば、なるべく宿便を溜めない事が、花粉症克服の鍵になります。そのための実践が『1日の食事量を半分にする』ことです。宿便が溜まり易い食生活とは、満腹を感じるまで食べる食事(過食)や、たんぱく質・油・砂糖などの消化負担の大きい食品を日常的に摂取する事、などが挙げられます。

ちなみに、「毎日快便」という人でも、実は完全には排泄し切れていない事が多いそうなので、自覚のない人ほど注意した方がいいかも・・・。


一般的な対処法の問題点

花粉症対策情報は、毎年様々なメディアで取り上げられるし、対策グッズも年々すごいのが出てきます。こんなのとか。でも、なかなか「コレは!」と言うものには出会えないのが現状でしょう。一般的な対処法で思う様に効果が出ない理由は、「体内への侵入を防ぐ」ところに重点を置いているからです。眼鏡にマスクをしようが、微細な物質はどうしたって皮膚表面や呼吸とともに入ってきちゃう。「なるべく入れない」ことは重要ですが、100%防ぐことはほぼ不可能ですよね。

ではどうするか。「体内へ侵入されても平気な身体を作ること=体質改善」こそが花粉症の対策として最も効果的、かつ唯一の方法じゃないでしょーか?

====
(引用終わり)
 
  List
  この記事は 202523 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_272690
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
遺伝子操作で無花粉スギ…ムチャせんといてな 「にほん民族解放戦線^o^」 13/03/23 PM03
273774 「乳酸菌と花粉症の意外な関係」 斎藤幸雄 13/03/15 PM11
273502 花粉症の原因は、幼少期に清潔にしすぎたため 末廣大地 13/03/05 PM09
273157 米を食べて花粉症を治す? 研究が進む「治療米」の正体 山上勝義 13/02/19 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「日本は世界5位の農業大国〜大嘘だらけの食料自給率〜」の書籍紹介(1)
日本の農業は過保護…これ、大ウソ!
地球環境の主役 植物の世界を理解する?〜森への同化意識を継続させたアジア農耕部族〜
農業・百姓を通して見た現代人−A
緑と人間−A
『わら一本の革命』 @科学技術の完全否定と誰でもやれる自然農法
EMのエネルギー整流力とは?
【汚染米・食料危機に備える】(2) 備蓄をどうする?
「緑の革命」の事例: 貧しい国を助けたいという善意と情熱だけでは、市場派に利用され片棒を担ぐ事になる
日本の「食」もアメリカに支配されている
日本のマスコミでは報道されない「遺伝子組み換え作物の健康被害」
日本での人工物質の影響は想像以上
ヤマザキパンの添加物〜パーマ液の2剤と同じ物質も!?〜
コップ2杯の海水が飲めますか?〜カップラーメンの危険性〜
地球上でマクドナルドのハンバーガーを「食品」と認識する生物種は人類のみだった!
衝撃!コンビニおにぎりは腐らない
Re:環境問題への関わり方
なぜ、「問題」は解決できないのか?2 「問題」の捉え方自体の欺瞞性
環境圧力を感じる場A>消費の場に環境問題は圧力として働くのか
温暖化は嘘、氷河期が到来している!A〜「地球温暖化」と言う作り話は切迫した真の問題を隠すための煙幕
法律の数字は目安?
「電子レンジ」の使用を禁止した旧ソビエト
電子レンジの恐ろしさ
JRが口を閉ざす“のぞみ号”の凄まじい電磁波〜新幹線は窓側、クルマは後部座席が異常数値〜
コンクリート・ストレス〜コンクリート建築は、なぜ問題なのか〜
子供の脳を破壊してしまう危険な化学塩
都市鉱山の活用法〜単純な技術で高含有比率の粉砕物を取り出すことが可能〜1
マグネシウムがエネルギーを生む社会!!
『次代を担う、エネルギー・水資源』水生圏の可能性、水力エネルギーの活用<番外・予告編>.火山列島・火の国日本の可能性〜高温岩体発電・マグマ発電が国産エネルギー資源の切り札!〜
微生物による放射能除染を反エントロピー物理学で見事に説明できる(その2)
テスラの技術はフリーエネルギーへの転換が出来るので封印されたのです
Keshe財団が開発した重力と磁場を同時に保持しているシステム

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp