共認運動をどう実現してゆくか?
27210 新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/03/22 PM05 【印刷用へ
大きな社会不全・統合不全を孕んだ現代人が先ず人に収束するのは、共認動物の本能である。(まずは身内仲間、次に外向仲間)。
次に社会収束⇒認識収束の潮流は、間違いなく思想不信を押し流し、新しい観念の構築に先端収束してゆくだろう。
しかし、新しい認識は、誰か一人の天才や学者etcの専門家が創り出すのではない。新しい認識は、他に専業を持つ普通の人々の協働の中で作られ整えられてゆく。つまり、外向仲間収束=認識仲間収束の母胎(=NW)の中で、新しい認識は紡ぎ出され織り上げられてゆく。
その場(母胎orNW)が、認識形成サイトである。つまり認識仲間収束の拠点(収束核)となるのが、認識形成サイトである。
当然、それは協働の場であるが、その協働の原基は(原猿がそうであった様に)外向仲間収束にある。つまり、外向仲間収束こそ(話題を作るetc)協働の母胎であり、課題や認識を作り出す大前提なのである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_27210
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
255176 認識形成サイトの収束力に必要なものは何か? 三池晴与 11/08/05 PM07
236783 答え以前にまず“共感” 越見源 10/08/25 PM10
236553 専門家のニッチと新しい認識 匿名希望 10/08/21 PM00
236519 認識形成サイトが成功するためには共感発・肯定発が原点になるのでは 志水満 10/08/20 PM07
234681 思想不信を押し流すような大潮流はいつ出てくるのか? 山上勝義 10/07/15 AM08
234679 「るいネット」は認識形成サイトになったか? 猪飼野 10/07/15 AM03
229924 人々は認識仲間との充足を求めている 柳瀬尚弘 10/04/11 AM00
225810 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 小松由布樹 10/02/04 PM06
225799 まさに今、「みんな」の力が必要とされている 杉山直之 10/02/04 PM04
225683 共認の輪へ意識転換☆ ちよ 10/02/02 PM11
224379 外向仲間収束があって初めて新しい認識を紡ぐ協働者 匿名希望 10/01/16 PM03
224358 社会統合を一部の専門家から普通の人々へ 長谷暢二 10/01/16 AM09
212261 「みんなが当事者」「信頼できる本物の仲間」になるには…♪ ぴのこ 09/08/05 PM09
212243 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 谷口知世 09/08/05 PM04
212122 皆で形成する場(=認識形成サイト)の一員になることが社会の一員になること 小林雅志 09/08/03 PM04
212116 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである COLA 09/08/03 PM01
210650 受身の受信から、当事者意識の受信⇔発信へ 池田有希 09/07/12 AM08
210606 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 奥澤健 09/07/11 PM07
210443 物から意識への移行 岸良造 09/07/09 PM00
210435 「答え」とともに重要なのは、普通の人の協働で「答え」が創られるという可能性の提示 星埜洋 09/07/09 AM09
210430 金融危機も世界的な意識はバラバラ、日本国民は例外的に危機意識は高い。 今井勝行 09/07/09 AM04
209317 協働の母胎 たっぴ 09/06/22 PM01
209145 協働の原基構造 橋口健一 09/06/19 PM06
208889 外向仲間には共通の課題が必要 09/06/15 PM08
207028 認識形成サイトは専門家にとっても不可欠な場となる 新川啓一 09/05/21 AM11
206928 自分からみんなへ☆ 高橋幸香 09/05/19 PM11
205902 本当に必要とされるものだけが生み出されていく場 匿名希望 09/05/06 AM01
205819 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 太刀川省治 09/05/04 PM04
205247 【図解】新しい潮流10・11 外向仲間の拠点(収束核)が認識形成サイト 他 Rivet16 09/04/26 AM08
204614 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである わっと 09/04/17 PM11
203111 先行する認識形成サイトとして、より良く、より多くの新認識を 山本豊 09/03/29 AM11
203036 基礎となる新認識を与えることによって認識収束仲間の拠点が作られる 星埜洋 09/03/28 AM08
203004 籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人 岸良造 09/03/27 PM06
202810 答えは紡ぎ出し、織り上げ、常に変化するもの 竹田翔 09/03/24 PM06
199763 「新しい潮流」と、るいネット誕生の流れ 庄恵三 09/02/15 AM02
199701 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が認識形成サイト 衛藤信義 09/02/14 PM03
199696 『外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである』を図解化してみて R 09/02/14 PM01
199687 協働とは? 澤根和治 09/02/14 AM08
198345 認識形成サイトの可能性 八代至誠 09/01/27 AM00
198320 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 大森義也 09/01/26 PM08
197743 自分探しから答え探しへ マニマック 09/01/19 PM08
195339 【図解】新しい潮流10、11 外向仲間収束とその拠点が認識収束への道を開く 匿名希望 08/12/20 PM10
193118 仕事も新概念の獲得にかかっている 匿名希望 08/11/24 PM04
192695 新しい観念を創るのは、我々自身。 匿名希望 08/11/19 PM06
190932 みんな期待→答えを出せる協働の場 家村和宏 08/10/29 PM00
190356 普通の人々の意識が集まって探し出す答え 匿名希望 08/10/22 AM11
189072 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 千葉裕樹 08/10/06 PM10
189054 認識形成サイト 上林 08/10/06 PM07
188193 可能性を感じて貰えるには…? ゆずりょくちゃ 08/09/30 PM07
188123 現在の閉塞を突破するには拠点=認識形成サイトが必要 西村秀彦 08/09/29 PM09
187920 「みんなはどうなんだろう?」と、先ず人に収束☆ 高橋幸香 08/09/28 PM07
185544 雨ニモマケズ クレイン 08/09/12 PM11
181845 外向仲間収束こそ協働の母体であり課題や認識を作り出す大前提 かなめんた 08/07/22 PM05
181738 可能性のある「場」は常に外向収束 浅野雅義 08/07/21 AM09
180609 認識の構築=直面した課題を乗り越えるために「みんなで」思考すること スガイク 08/07/05 AM00
180560 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 倉橋利弘 08/07/04 AM09
179023 認識出来る場があるって素晴らしい! 宮崎敬子 08/06/12 PM04
178819 新しい認識へ 西田裕一 08/06/10 AM04
178344 外向仲間とネット 匿名希望 08/06/04 AM11
176966 【事実認識】からの【教育再生】 和田博文 08/05/20 PM08
176875 プロは旧観念の中でしか存続できない。 菊人形 08/05/19 PM08
176855 【図解】新しい潮流11 身近仲間→外向仲間→認識仲間 麦秋 08/05/19 PM04
176251 新しい認識は普通の人々の協働の中で作られ整えられていく 匿名希望 08/05/12 PM07
175727 新しい認識〜学問のすすめ 渡辺卓郎 08/05/04 PM09
175659 認識形成の場の必要性 山田徹 08/05/03 PM01
175613 ブロガーを認識仲間に パンダマン 08/05/02 PM08
175605 単なる人収束から認識を作り出す場へ(認識仲間収束へ) バスケットマン 08/05/02 PM06
175547 『みんなで』答えを創り出す 菅野敬子 08/05/01 PM10
175375 人と答えが一体になってまつり場ができる ぴんぐー 08/04/28 AM08
175205 高まっている認識形成サイトの収束力 山田翔吾 08/04/26 PM10
174338 「共認形成の場」では、『参加する』コトが一番大事。 チョコバナナ 08/04/17 PM08
174255 【図解】新しい潮流11 現代人の不全から認識形成サイトへ 陽陰 08/04/16 PM07
174164 【図解】新しい潮流10〜12 統合幹図解 多田奨 08/04/14 PM11
174042 るいネットの言葉を的確に伝えるためにはどうしたらいい? 安藤広海 08/04/12 PM11
174031 外向収束と答え欠乏の位相 川井孝浩 08/04/12 PM10
173391 新しい認識は、天才や専門家が創り出すのではない。 ヨネ 08/04/02 PM08
173382 統合サイトへの壁はあるのか? 佐藤晴彦 08/04/02 PM06
173375 認識形成サイトに期待される役割 山田孝治 08/04/02 PM03
172169 何のために「課題」や「役割」があるのだろうか。 志水満 08/03/09 PM10
172162 なぜ新しい認識は普通の人々の協働によって作り出されるのか? こうた 08/03/09 PM07
172095 単なる知識では使えない。 長谷川文 08/03/08 PM07
172022 ネット上の「祭り」も外向仲間収束の表れ? 菅野敬子 08/03/06 PM11
171183 「認識は外向仲間収束の中で形成される」が最近実感できる。 匿名希望 08/02/20 AM06
171137 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 津田大照 08/02/19 AM08
170458 新しい認識の創造は言語が作り出される過程と似ている 坂本日出夫 08/02/07 AM00
165390 超集団のネットワークへと進化中 井上宏 07/11/16 PM10
163619 答え図解を見ながら投稿を読む 山名宏明 07/10/17 AM10
163446 場は整った 浅野信夫 07/10/14 AM11
163408 マスコミに見る専門家の退場 井上光利 07/10/13 PM11
163365 新しい認識は、新しい場(認識形成サイト)で作られる 浅見昌良 07/10/13 PM00
163360 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が認識形成サイトである 八代至誠 07/10/13 AM11
163353 企業が生き残るにも新しい認識が必要 浜永良成 07/10/13 AM08
161875 認識を広げるとは? リラックマ 07/09/22 PM11
161792 実現するには、外向仲間収束が前提 匿名希望 07/09/21 PM09
161754 【幹図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 小林千春 07/09/21 PM00
161228 【図解】外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 福田尚正 07/09/14 AM01
161100 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が認識形成サイトである 福島健 07/09/12 AM10
160290 原初の外向仲間収束・現代の外向仲間収束 大森義也 07/09/02 PM04
158299 ブロガーの協働を生み出す仕組みは? 前山薫 07/08/05 PM00
158291 認識収束が加速しはじめた 衛藤信義 07/08/05 AM07
158287 認識仲間収束するか否か〜可能性はネットにある 澤根和治 07/08/05 AM03
156103 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 田中瑠衣 07/07/04 PM09
156095 認識仲間は実現仲間 小林雅志 07/07/04 PM08
152388 闘争課題があってこそ、認識も深化する 田中直人 07/05/23 PM07
149650 TVって答え欠乏を蓄積させる デラウェア 07/04/18 PM02
147032 すべての素人に、その資格がある。 ジャック・ダニエル 07/03/12 PM06
142260 仲間で紡ぎ出すという事 303 07/01/13 PM09
142191 認識形成サイトは認識仲間の収束核 宮本昇 07/01/13 AM08
142176 新しい認識って何? 山上勝義 07/01/13 AM01
142150 より多くの人が参加することで、答えが洗練される! 山田純子 07/01/12 PM10
137859 共認動物の本能 笠原光 06/11/18 PM09
136936 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 近藤文人 06/11/09 PM08
136827 外向仲間収束が次代へと導く 是永恒久 06/11/08 PM03
135809 図解 新しい潮流11 外向仲間収束の拠点(収束核)が認識形成サイトである。 日浦雅俊 06/10/28 PM09
135750 認識形成サイトへのとっかかりの事例 新井重雄 06/10/28 AM03
135712 普通の人が新しい認識を人々に伝える影響力 匿名希望 06/10/27 PM10
135698 新しい認識形成には天才を必要としていない 馬場康一郎 06/10/27 PM08
133868 自分たちで作るおしゃべりの場 渡辺卓郎 06/10/11 PM05
132659 人々の意識に触れる場はどこだろう? 秋田稔行 06/09/30 PM10
132613 人は人に収束し、共鳴し、協働したいと思う 志水満 06/09/30 PM01
132585 【図解】新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである 坂本日出夫 06/09/30 AM07
132583 【図解】新しい潮流10、11(外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる) STP 06/09/30 AM06
130287 解脱仲間から認識仲間に転換する場=認識形成サイト 三輪歩未 06/09/08 AM03
129619 口語にすると マエ 06/08/31 PM09
129613 身内仲間に留まっていないか 峯川満章 06/08/31 PM09
129597 なんで屋が担う成果とは 是永恒久 06/08/31 PM08
129593 不全⇒共認⇒期待応望は、人々が集ってくると、膨大なエネルギーと成る。 新井弘 06/08/31 PM08
129522 社会不全・統合不全 ⇒ 認識形成サイトの図解化 菅野敬子 06/08/30 PM10
27613 外向仲間収束は、集団再生の母胎 衛藤信義 02/03/27 PM10
27610 『人』を超えて『構造認識』だけが定着する 本田真吾 02/03/27 PM10
27486 周囲に新しい認識が unclefootballer 02/03/26 PM00
27480 場の認識 マー 02/03/26 PM00
27429 場を飛び交う紐帯と場に働くエネルギー 冨田彰男 02/03/25 PM11
27416 普通の人々の視点 澤根和治 02/03/25 PM09
27412 協働の中身は、実感の積み重ね。 石橋創 02/03/25 PM09
27360 『認識形成サイト』には人が育つという魅力もある 土山惣一郎 02/03/24 PM01
27338 外向き仲間と共に協働の場を 喜田育樹 02/03/24 AM00
27337 人はヒエラルキーに収束する 松尾茂実 02/03/24 AM00
27319 新しい認識を古い友人と作る事 高橋克己 02/03/23 PM11
27304 認識形成サイトについて感じること 野田雄二 02/03/23 PM09
27303 世代を超えての「答え」収束 新井重雄 02/03/23 PM09
27274 外圧がなければ意識は活性化しない。 ゲン 02/03/22 PM11
27264 社会が求めている『場』 新井弘 02/03/22 PM11
27234 認識の前にまずは意識の共有から 越見源 02/03/22 PM10
27232 認識形成サイトとネット広場作り 橋本正雄 02/03/22 PM10
27228 外向仲間収束の祭りの場 斎藤一浩 02/03/22 PM10
27211 自分たちで作る場である 笠原光 02/03/22 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人権ファシズム
「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念
架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然
矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。
「セクハラ」の驚くべき事実。
規範なきマナーの氾濫
過剰な法令遵守が生む思考停止社会
『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。
国家のあらゆる部門で粉飾会計
「公務」とは
勝ち組ほど、阿呆になる時代
特権階級の自家中毒
暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影
軍と官僚制の罠 〜古代国家の官僚制〜
暴走する「検察」@〜検察権力の強大さ〜
暴走する「検察」A〜検察を捜査する機関が日本にはない〜
財務官僚の無能、しかもその自覚全くなし
平成官僚は無能すぎる
文官高等試験合格者が権力の座に着いた昭和初期に日本はおかしくなり始める
CIAは実は無能なダメ機関⇒「エリートは超優秀」という騙しの崩壊
試験制度の問題性はどこにあるのか?
官僚制と試験制の通史的総括
官僚制と試験制の構造的欠陥
幕末の志士亡き後、戦前の試験エリートは失策に失策を重ねた
戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害
明治時代初期:なぜ、学校一揆や学校焼き討ちが起こったのか?
日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚だ!〜中村敦夫氏が「霞ヶ関」の実態を暴露
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
『国を変える劇的な方法がある』 阿修羅
原子力利権 〜政・官・産・学・マスコミの結託→暴走〜
官僚と東電:特権階級=試験エリートの悪行
現職の鈴木宗男衆議院議員への不当な最高栽の有罪判決と投獄の政治弾圧@
広域暴力団「霞ヶ関」
最高裁(=検察審査会事務局)は「架空議決」という信じられない手を使って小沢を起訴した
世界中を巨大市場化していく諜報機関
CIAと麻薬の結びつき
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp