医者って、どうなん?
272004 癌の自然史からみた、がん検診の無理
 
ともみち ( 46 東京 ) 13/01/07 AM03 【印刷用へ
“早期検診”などと云って発見できる癌は、癌という症状においては“晩期”にあたる。癌細胞分裂・転移はそれほど早いのだということです。早期の手術で治るのは、元々転移しない癌だというのです。つまり、治るものは手術せずとも治るし、転移するものは、手術しているときには既に転移している。

癌細胞は自分の細胞が変異したものなのですから、自らの身体の自然治癒力(修復力)に懸けるしかないのです。

(以下、「異端医師の独り言」リンクより)

自然史とは「natural history」の訳で、癌が発生し成長していく過程をさします。

 上皮細胞(胃とか大腸なら、食べ物が通る側の細胞、この部分の細胞は活発に分裂・増殖している)の複数の遺伝子が傷つくと(変異)、癌細胞になります。1個の癌細胞は分裂を繰り返し、細胞数が 2、4、8、16個と増えてゆきます。

10回ほど分裂すると細胞数は千個くらいになり、転移する能力(遺伝子)をもつ細胞は、基底膜(イメージとして、細胞の底にある硬い膜)を酵素で融解し、間質へ侵入していきます。そして周囲のリンパ管や血管内に侵入し、転移先に漂着し、そこでも分裂を開始します。

20回ほど分裂すると、癌の大きさが 1mmくらい(細胞数にして 10の 6乗個)になり、中心部が低酸素状態に陥ります(寒天培地の上で、癌細胞を培養すると、約 1ml以上に大きくならない。栄養と酸素を拡散により得ているので、中心部が壊死していくため。)。すると、癌細胞はある種の成長因子を分泌し、宿主から血管とリンパ管を誘導(新生)します。かくして、癌組織は宿主から酸素と栄養の供給を受けられるようになり、増殖してゆきます。

始まりから数えて 30回くらい分裂すると癌の大きさは 1ml くらい(細胞数で 10の 9乗個)になり、ようやく「早期癌」として発見できるようになります。もし転移がある場合、これから 6〜8回分裂すると癌の総容量は 1,000ml くらい(細胞数で10の12乗個)になり、宿主を死に至らせます。

 癌の自然史からみると、癌専門医のいう「早期癌」は晩期にあたります。30回分裂するまで転移しなかった 1mlの癌は、転移する能力がない訳で、その後も絶対に転移しません。どんなに検診の精度をあげても、発見できる癌はせいぜい 0.5mlくらい(細胞数で 5×10の 8乗個)で、転移能力のある癌細胞を千個単位の時期(0.000002ml)に発見することは不可能なのです。

 検診時に転移がない、いわゆる「早期癌」は「転移巣がまだ小さくて、見えない」か「転移しない癌」です。「転移しないうちに手術しましょう」といわれ、手術後に転移が出現するのは前者。不必要な手術を受け、医者も患者も手術で完治したと錯覚しているのが後者です。

 欧米で、癌検診の有用性を検討した無作為化対照試験(RCT)の結果をみると、検診群ではいわゆる「早期癌」の発見率は高くなるのに、非検診群にくらべ総生存(率・期間)(OS:overall survival)は変わりません。これは癌の自然史からみれば自明の理なのです。

(転載以上)
 
 
 
  この記事は 268815 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_272004
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(1)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(2)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(3)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(4)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、41年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp