暴走する悪徳エリートの所業
271565 すべての不正はロックフェラーに通ず
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/12/23 PM09 【印刷用へ
『すべての不正はロックフェラーに通ず』(陽光堂主人の読書日記)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
まだ組閣前なのに、安倍自民党総裁は選挙公約を次々と軌道修正し、反故にしようとしています。原発の新規建設を認める構えを見せており、TPPも「聖域なき関税撤廃」であっても参加することを匂わせています。

消費増税についても、軽減税率導入の時期を巡って党内で対立している有様で、増税が前提になっています。経済成長が前提だったはずなのに。こうなることは判っていましたが、総選挙の「圧勝」で強気になっているようです。民意を得たから、どうしようとこちらの勝手だと言わんばかりです。

自公に投票した人は臍を噛んで入るでしょうが、不正選挙で「圧勝」したのですから、これは全国民に対する反逆行為です。国民運動を起こして今回の選挙結果を無効にすべきです。

不正工作があったとしても、それは一部だろうという意見もあることでしょう。筆者も最初そう考えていましたが、投票直前のロイターの調査では、日本未来の党の支持率が第一位で35%もあったのですから、明らかに可笑しいのです。

開票に携わった人たちの告発もなされていますが、既に妨害工作に遭っています。開票現場での不正は、個人が見聞きした範囲ですから票数的には多くありませんが、一部であれ不正が明らかなら、当局は大々的に調査すべきです。投票権という国民の権利の行使に疑念が抱かれているのですから、頬かむりは許されません。

日本未来の党の藤島利久氏は、不正選挙について裁判所に提訴するそうです。門前払いされる公算が大ですが、問題提起すれば国民の覚醒に繋がりますので、こうした動きをバックアッブしてゆく必要があります。

一部ブログでは、藤島氏の行為を「落選の腹いせだ」と嘲笑っていますが、こういう手合いが本物の工作員です。不正工作に目を瞑って全く報道しないマスコミも、もちろんその仲間です。

未確認情報ですが、竹中平蔵の派遣会社が出口調査要員や期日前投票要員の募集をしていたそうです。派遣自体は合法ですが、竹中平蔵が絡んでくると、途端に怪しくなります。本人の不徳の致すところでしょう。

問題視されているムサシの自書式投票用紙読取分類機について、「牧義夫 市民応援団ブログ」に興味深い情報が載せられてていますので、以下転載します。

自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS-VA」に関するメモ

メモ
リンク

株式会社「ムサシ本社」は汐留「電通本社」のそば

ムサシ関連会社「ムサシ・エービーシー」は築地「電通テック」のそば
ムサシ関連会社「武蔵興産」は銀座「電通ビル」のそば
ムサシ関連会社ジェイ・アイ・エムは飯田橋「潮出版」のそば

60年代に「ムサシ機関」という自衛隊の秘密諜報機関があったらしい。
リンク 

自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS-VA」 
→製造販売:(株)ムサシ
→筆頭株主:(株)上毛実業
→商号変更:(株)価値開発
→筆頭株主:(有)アルガーブ
→親会社:(株)ダヴィンチ…旧郵政互助会と取引
→実質支配:フォートレス・インベストメント
     …ニューヨークに本拠地を置く、世界最大の
      上場ヘッジファンド運用会社
→共同会長:ピーター・ブリガー氏
     …ゴールドマンサックスより移籍

ムサシの関連会社は、電通や創価学会と近しい関係にあるようです。米国の大手ヘッジファンドや、ゴールドマンサックスの名が出てきますが、ダヴィンチという会社はデビッド・ロックフェラーの支配下にありますから、結局デビッドの影響下にある企業ということになります。これで限りなく怪しくなりました。

安倍を評価する人もいますが、どう見ても米国戦争屋の手下です。どう評価しようとその人の勝手ですが、不正選挙で選ばれた人を支持するわけには行きません。一票の格差は是正されておらず、今回の総選挙は憲法違反として各地の弁護士グループによって提訴されていますから、犯罪捜査した上でもう一度やり直すべきです。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 271024 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_271565
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
272150 安倍政権で日本が孤立し、得をするジャパンハンドラー コスモス 13/01/12 PM01
271816 第46回2012衆院選考不正選挙疑惑の巻その1(れんだいこのブログ)@ 猛獣王S 12/12/31 PM09
271604 【不正選挙疑惑】システムを独占しているムサシの社長、自民党に献金!ムサシ関係で過去に選挙無効も! ET 12/12/25 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp