農村を活性化させる為には?
271071 “奇跡のリンゴ”から“奇跡の田んぼ”へ〜木村農法の田んぼとお米からは、福島でも放射線が検出されず!〜
 
萱間直 ( 23 大阪 会社員 ) 12/12/04 PM10 【印刷用へ
「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則氏の自然栽培の田んぼからは、放射線が1ベクレルも検出されなかったそうです!それも、福島県・宮城県で、周囲では高い数値が出ているのにもかかわらず。

「微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る」249516と同様、微生物による浄化が働いた結果だと思われます。

以下、「奇跡のリンゴから奇跡の田んぼへ 放射能から救われる」(キノコの光合成)リンクより転載させていただきます。
----------------------------------------------------------------
奇跡のリンゴのあのお方がまたやらかした!

って
素晴らしい方にやらかされたのだ。
農家よ、はっちゃけよう。
世界を救うのは自然と共に生きるあなた方です。
そして消費者も友に学びます!

以下転載゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
光の戦士さんのブログリンクより

リンク
一部引用

奇跡のりんごで知られる木村秋則氏。彼の木村農法で育てられた
りんごは、切っておいても 色も変わらずなんとよい香りを残したまま 
くさることもなくドライフルーツの様になっていくまさに「奇跡のりんご」
である。

そして、今回フクシマのこの木村農法・自然栽培の「 田んぼ 」で
なぞの おどろくべき現象が、報告されている

「百姓が地球を救う」リンク

この木村氏の著書によると

自然栽培の木村農法で育てられた米に関して「同位体研究所で
福島と宮城の自然栽培米を分析したところ、
1ベクレルも 検出されなかったのです。(0以上1ベクレル未満)」
と書かれている。さらには、

「 特に福島県産のお米は1メートル離れた 
あぜみちで高い数値がでていたにもかかわらずわたしが 
指導する 田んぼ では検出されませんでした。」

とまで書いてある! 

これには 驚き! である。木村氏の自然栽培の田んぼからは、
放射線 が検出されないとのことである!

これは「奇跡」といえる出来事である。どうでしょうか?
木村氏はこの原因は はっきりとは解らないが、
一般の 田んぼ よりも 何倍も 多く住む バクテリア が 関係している 
かもと話している。とにもかくにも この様な 奇跡的な出来事が、
フクシマ の 田んぼで実際に起きていると言うのである。

リンク  〜より

東電でも、原子力保安院でも、大学の研究室でも、どこでもいいから

放射能を分解するバクテリアを、しらみつぶしに探して

汚染地帯にばらまいてくれたら・・・と、願います


転載以上
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

木村さんのご著書をじいさんも読んだ事がある。

気も狂わん程の努力の果てに見いだした世界は、甘やかす事無く育む自然の愛だった。
本来の自然の愛は厳しいが無敵なのだ。
それが絶対不可能と言われてきた無農薬リンゴの生産にこぎつけ、
畑にUFOさえ呼び込んだ(笑)


気も狂わん程の努力を、
しかも正しい方向
自分があるべきだと思う方向に努力をした事はあるだろうか?

やらされるがままの仕事にあなたの全精力を傾けても
例えるならばそれは
農薬漬けのリンゴを大量生産するだけかもしれない。

大量生産のリンゴも確かに人類には必要だ。

しかし人類が今後も地球上で存続するには
この木村氏の到達した世界への、誰でもが辿り着ける地図が必要なのだ。

----------------------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事は 249516 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_271071
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297694 食べることは未来をつくる!?「奇跡のリンゴ」木村秋則さんと食の未来を考える、対話式の90分間@ A.i 14/11/09 PM11
286198 人為的にいじられたタネ〜F1種〜 一木実樹 14/01/14 PM09
すごい畑のすごい土(1) 植物−土壌フィードバック 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 13/09/18 PM03
【コラム】福島でも放射線が検出されず!?〜放射能を浄化する微生物〜 「新しい「農」のかたち」 13/01/07 AM01
271691 微生物が放射能汚染を浄化する。 向芳孝 12/12/28 PM10
日本回復の兆し〜木村農法の田んぼとお米からは、福島でも放射線が検出されず!〜 「日本を守るのに右も左もない」 12/12/18 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp