共同体社会の実現
271060 これからの企業・人材に求められる能力は?   
 
岩井裕介 ( 41 山口 再開発プランナー ) 12/12/04 AM10 【印刷用へ
・市場拡大期(高度経済成長期)の企業における人材育成は主に、質の高い勤勉な労働者を育成する訓練、およびそれらの管理者教育が中心であった。(この時代の人材研修は武力時代の兵と将の教育方式を下敷きにしている。実際にアメリカの軍隊で開発された人材教育手法も多く輸入された)
・1970年以降、市場縮小の時代に入ると、求められる能力も変化する。本質的には付加価値・新しい価値を生む創造的な能力、事業的・経営的視点を持った人材が求められるようになった。しかし実際には、実体経済から金融経済への移行等、産業界の迷走によってその方向性は混迷、個々人は職能的スキルへ目先収束してゆく傾向が強くなる。
・現在は大きな時代の転換期。各企業とも人材育成の重要性を認識しながらも、求められる能力と育成方法が定まらず、またその余力をなかなか生み出せずにいるのが現状か。一部の企業では、自主活動等を通じて、成員の能力の基礎となる「活力」を生み出すための試行錯誤が続いている。

■これからの企業・人材に求められる能力は?
これから求められる能力を考える上で前提となるのは、「私権から共認へ時代は大きく転換している」という認識。この共認収束の大潮流は今後数十年続く。
共認の時代に求められる能力は、根本的には「みんな発の共認形成力(共認統合力)」と言える。
「自分発からみんな発への意識の転換」=「みんな発の充足性・肯定性」が能力を規定する根幹であり(「自分発」の心のありようではどんな能力も受け入れられない、役に立たない、成果が出ない、使い物にならない)、これを土台に皆を導き皆の活力を引き出す「共認形成力」こそが統合力であり制覇力となる。
(従来の人材育成の発想、例えば個々人のスキルアップをどうするかという発想では本質は見えてこない。またアメとムチで動機づけるやり方も全く通用しないだろう。これらは全て私権時代の発想、方法論に過ぎない)

※参考:私権時代に求められた能力と、共認時代に求められる能力 リンク 
※参考:闘争能力の基盤は、みんな発の充足性と肯定視 リンク

★「共認形成力」とは何か? 文字通り皆の共認を形成する力だがその具体的な中身は、、、先の状況を見通す能力、本質を掴む能力、皆がスッキリできる答えを出す能力、論理的に伝える能力、相手のやる気を引き出す能力、相手を巻き込む能力、人間関係で充足を与える能力、場に充足を生み出す能力、その前提となる相手の期待を掴む同化能力、、、、様々な言い方ができるが突き詰めると、「認識力」と「充足力」ではないかと思う。

■認識力
時代はかつてなかったような大転換期。これほどの大転換期には何が起こるか分からない。したがって重要なのは「いかに状況が変化しても答えを出せる柔軟な認識力」であり、これから生き残る企業の条件となる。
経営者、部門リーダーに最も期待される能力であると同時に、(経営者・リーダーでなくとも)社員ひとりひとりに求められる能力となってきている。認識力の獲得=人材の成長とも言える。現業においても、対象(顧客や競合)を掴んだ上で企画・提案→共認形成ができるか否かが成果に直結する。これは、当然ながら狭い職能(専門知識、専門技能)とは次元の異なる力=職能を超えた幅広い能力の育成という課題である。

※参考:これから生き残る企業に求められる能力は? リンク 
※参考:いま、社会の基底部で何が起きているのか リンク 

■充足力
企業にとって推進力となるのは認識力だけではなく、もうひとつ欠かせないのが、その認識力を生み出す母胎となる「充足空間」とそれを生み出す「充足力」である。共認の時代において、共認充足が全ての活力の源泉である。この共認充足は深い安心感や一体感や喜びから生じるが、ここでも「みんな発の充足性・肯定性」が土台となる。ここは女性が最も得意とする領域、「女子力」「女性の活用」「女性が元気な企業が強い」etc 企業における女性の役割が注目されてきているが、その本質は「充足力」であり、充足空間によって成員の活力をいかに引き出せるかという点にある。

※参考:今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる リンク 
※参考:共同体の母胎は女性が生み出す充足空間 リンク

★みんな発の共認形成力=認識力(最先端)+充足力(最基底)。この両輪こそがこれからの企業に求められる能力である。
★これからは「総力戦」の時代。企業の戦力とは、成員の共認形成力=認識力+充足力の総体である。

■自分たちの生きる場を自分たちで創ってゆく能力
私権から共認への大転換」にともなって、人々の最大の活力源は「周りの期待に応える充足=共認充足」へと転換している。より多くのorより深く周りの期待に応えて充足したいという欠乏が、認識力の獲得、充足力の獲得への原動力となり、その先には、「自分たちの手で作り出せる能力」「自分たちの頭で答えを出せる能力」へと上昇してゆく可能性を秘めている。この潮流は企業自身の体制変革、「自分たちの生きる場を自分たちで創ってゆく=共同体企業の構築」につながってゆくだろう。
 
  List
  この記事は 270655 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_271060
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297745 先見性を養うには 鈴木葵 14/11/11 AM10
278876 認識道場での学びで社内変革 小林克行 13/07/11 PM02
278862 課題をこなすだけでは評価されない⇒共認形成力が問われる時代 清水昌広 13/07/10 PM09
278825 私権と共認 白川浩行 13/07/09 PM06
278779 認識道場ver1.5で学んだことと某企業の経営理念 浅見友一 13/07/08 PM10
共同体リーダーの不文律〜次世代リーダーとは何か?プロローグ 「これからは探求の時代」 13/02/09 PM09
272563 次世代リーダーとは何か? 吉田達乃鯉 13/01/27 PM10
共認時代における人材育成とは?〜後編〜 「これからは探求の時代」 12/12/26 AM01
271409 停滞なんか怖くない! 停滞しない場を作れるようになるのに必要なこと☆ 嶺山志保 12/12/18 AM08
共認時代における人材育成とは?〜前編〜 「これからは探求の時代」 12/12/15 AM01
企業の浮沈を握る認識シリーズ(9)〜共認形成を図る『社内ネット』〜 「日本を守るのに右も左もない」 12/12/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「経済破局に至る基本構造」
銀行国有化しかない
金貸しの没落=私権原理の終焉
2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
日本銀行の通貨発行の仕組み
影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
TPPをめぐる俗論を反証する@〜横行する数字のトリック、おかしな議論への反証
TPPをめぐる俗論を反証するA〜「国益VS農業保護」論は、国益に反する
国破れてTPP在り
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(2)カール・ポランニー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(3)ミヒャエル・エンデ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(5)エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(7)サティシュ・クマールその2
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(8)ヴァンダナ・シヴァ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(9)宇沢弘文
江戸時代の思想11 大衆支配のための既成観念を全的に否定し、新概念を創出しようとした安藤昌益
現状の経済システムに問題あり
作られた物欲
過剰消費のもう一つの理由
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
国債残高
貨幣の問題をめぐってC
貨幣の問題をめぐってD
長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
市場「原理主義」の限界
市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
等価交換など存在しない
消費の自由のいかがわしさ。
消費が変わる。消費を変える。
「所有価値」から「利用価値」への転換
市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型
フェアトレードは市場拡大の幻想取引ではないか?
自我経済学から共認経済学へ
「需要発から供給発へ」
諸外国の公共事業民営化はなぜ失敗したのか?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp