次代の活力源は?
270306 学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 12/11/05 PM01 【印刷用へ
 しかし、悲観することはない。破滅に向かう旧社会の深層では、すでに新社会へ胎動が始まっている。
 私権圧力が衰弱した以上、その強制圧力によって抑圧されてきた人類本来の活力源が再生されてゆくのは、当然の理(ことわり)である。
事実、’70年以後、貧困の消滅に伴って私権追求はもはや第一の活力源ではなくなり、代わって、周りの期待に応えることによって得られる充足(安心や喜び)、すなわち共認充足(※)こそが最大の活力源となっている。
 ※共認とは、共に認め合うこと。共認機能はサル・人類に固有の機能で、相手の期待に応えることによって充足を得ることができ、サル・人類の最大の活力源となっている。(詳しくは本サイトの「実現論・前史」を参照。)
 つまり、社会の表層での統合者たちの暴走を尻目に、人々は最も深い潜在思念の地平で私権充足から共認充足へと収束先の大転換を遂げてきたのである。

 この共認収束の潮流は、今後100年は続く大潮流であり、現在も私権から共認への大転換は進行中である。そして、その途上の’11年、3.11と統合者たちの暴走を契機として、この大潮流は遂に「自分たちの手で作り出せる能力」あるいは「自分の頭で答えを出せる能力」への期待、云わば自給期待の潮流を顕在化させた。これらの潮流が指し示す次の社会は、おそらく「自分たちで作ってゆく」共同体社会となるだろう。
 
  List
  この記事は 270296 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_270306
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
やりたい仕事よりも「望まれる仕事」を選んだ〜期待に応えようと向き合う姿勢で、仕事は面白くなる 「女の職場話」 17/01/16 PM03
307285 【図解】学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足⇒実現の時代 小平健介 15/08/29 AM11
282123 「社会の役に立つ」と「この社会をよくする」の違い 匿名希望 13/10/10 AM10
281381 インターン生の気づき★ 〜自給期待(欠乏)があるのに自給できないのは、観念支配されているから!〜 いいじゃん☆ 13/09/21 PM05
280961 都会ではなく、田舎こそが日本の最先端!!「里山資本主義」 dou 13/09/15 PM06
280590 アベノミクスの「宴」の中、不動産市況をどう見る? 竹村誠一 13/09/06 PM01
279986 就活を終えた学生から聞いた企業選びのポイント〜自給期待にどう応えているか? チーズカレー 13/08/13 PM00
『類グループ岡田社長に学ぶ』シリーズ・・・プロローグ 「これからは探求の時代」 13/06/17 AM02
275642 【図解】学生に与う「2私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走」・「3新しい活力源=周りの期待に応える充足」 重ね図解 塩貝弘一郎 13/05/02 PM00
共同体リーダーの不文律〜次世代リーダーとは何か?・・・徹底してまわりの「期待に応える心」、そして、導いてくれた「みんなへの感謝」が育てた次代のリーダーSさん 「これからは探求の時代」 13/03/12 AM08
273292 東京大学法学部の人気が凋落 入試は倍率低下、東大内部でも敬遠 チーズカレー 13/02/24 PM10
【時代認識】3 〜新しい活力源=周りの期待に応える充足 「地球と気象・地震を考える」 13/01/05 PM11
271940 方針も段取りも、それを実現する本気度も、まずは対象=みんなに同化することが出発点 春風 13/01/04 PM11
270307 学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ 岡田淳三郎 12/11/05 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp