新資源・新エネルギーの開発は?
268199 前世紀のお荷物ウランと原発を押し付けられてきた日本は資源大国でもあった!
 
猛獣王S ( 42 東京 営業 ) 12/08/31 PM04 【印刷用へ
『上) 日本は大産油国! その1』(nueq lab)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
黄金の国ジパングは、資源大国でもあった!
日本はエネルギー資源輸入国から輸出国へ。

天然ガスの発電コストは石油の1/10!

前世紀のお荷物:ウランと原発を押し付けられた哀れな国

東電は天然ガスを高く買取り価格に転嫁の詐欺会社
盗電に値上げ以上の値下げをさせよう!

 〜中略〜

さて、副題に「 黄金の国:ジパングは、資源大国でもあった! 」としましたが、金鉱脈を始め、石油、メタンハイドレード、シリコン、レアメタル、レアアースなど、豊富な地下資源の上に立っているのが日本列島であり、その大陸棚です。
石油はご存知のように砂漠地帯や大湖周辺、大陸棚に集中しています。 その理由と成因については激しい論議を巻き起こすことになると思うので、項を更めて発表します。
また、レアメタルなどの金属ミネラルは火山地帯から豊富に産出されます。
つまり、広大な大陸棚を持ち、火山脈の上にある日本列島はまさに資源大国なのです。

1)原子炉メーカーのGE( ゼネラル・エレクトリック )のCEOが、「 原発の正当化、難しい 」「 原発は割高 」と、  7月30日の英フィナンシャル・タイムズで発言。  原発の発電コストは核廃棄物処理コストを加えなくてもすでに火力発電に対して割高になっている。2030年の原発比率を問うこと自体が、すでに放射性脳溶化症の末期的病状を呈している。

2)ウランビジネスの雄:ロスチャイルドは、すでに大半のウラン鉱山掘削権を中国・日本企業にピーク高値で売却済み!GE原子炉部門もウェスティングハウスも東芝が高値で買収済み!つまり、「 ババ 」を掴まされた哀れな日本。

3)地球温暖化の犯人=二酸化炭素説の冤罪はすでに証明されて久しい。ビジネスの現場では今だに「 低炭素ですから 」などと平気な面してしゃべる放射性脳溶化症の連中がウヨウヨいるが、二酸化炭素犯人説は、原子炉・ウランビジネス高値売り抜けのための方便に過ぎない。

4)小さな国土に50もの超大型原子爆弾をタダで仮想敵国に提供しているアホな国 = ニッポン( にほん ではありません。念のため。)その効果がどれほどのものかは311で明らかなのに、尚も2030年の原発比率を問う放射性脳溶化症のキャリア官僚・国会議員と云う名の寄生虫ども。

5)火力発電の主力は石油から天然ガス・石炭にすでに移行済み。その天然ガスの元となるガスシェール・メタンハイドレードの大規模埋蔵が世界各地で確認され、天然ガスの値段は暴落し、エネルギー単位あたり石油の1/10の価格になっている。

6)日本周辺にも、太平洋と日本海で大規模なメタンハイドレードが存在。エネルギー輸入の必要性がないどころか支那などへの輸出も可能。しかし、簒奪ニッポン政府が進める太平洋側のメタンハイドレード層は地下震度が極めて深く、東海〜東南海〜南海〜沖縄大地震トラフと連動していて極めて危険。日本海側は手ですくえる。と云うのは冗談だが、海底にスカイツリーより高く降り積もっている。

7)盗電を始め電力各社は、天然ガスをアメリカ現地価格の8倍もの金額で買い入れ、それを電気代に転嫁している。電力料金は、コストに対しての利益率が法律で決められているため、コストが高くなるほど、利益が膨らみ、その分、市民から収奪する構造となっている。つまり、盗電値上げなど、断じて許すまじ!!!

8)ロシアのシベリア天然ガスと樺太の石油田にも膨大な埋蔵量。樺太の油田開発権は今だに日本にある。日本は千島列島と樺太南半分の返還をロシアに迫るのが筋。9月のAPECでプーチンは大胆な提案をしてくる可能性がある。

9)尖閣諸島周辺のサウジアラビアを凌ぐ石油埋蔵量が1968年にアメリカから発表されている。能登半島 〜 佐渡ヶ島にも大規模油田。

10)シェールガスから化学素材を低コストで生産シェールガス革命、素材に波及 旭化成が樹脂原料
  
11)大型発電所が効率的に有利というのは、1950年代の知見。大型発電所からの送電で電気の6割が送電線から漏れて、途中の高圧線による生活環境病を引き起こしている。都市ガスによる地域や家庭個別静音ガスタービン発電で送電による大規模エネルギーロスが解消される。盗電+8電はすべて隠し資産(数十兆円?)没収の上、幹部全員市中引き回しの上、さらし首にして解体処分にすべし!

12)電気自動車・オール電化は、すべて盗電の謀略。電気自動車の購入は止めましょう!電熱コンロなどという、エネルギー大量ロスしながらクソまずい調理しか出来ないガラクタは盗電に買い取らせてガスコンロに戻しましょう!

13)石油も天然ガスも自前で調達できるので、中東からのシーレーン防衛とその経費負担は意味をなさなくなる。

以上、箇条書き的に並べてみましたが、以下ではその出典・論拠と詳細を述べます。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------

「中) 日本は大産油国! その2」リンク
「下) 日本は大産油国! その3」リンク
へと続きます。
 
  List
  この記事は 267841 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_268199
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
315419 メタンハイドレートの海底での大規模な爆発が津波や地震を引き起こしてきた可能性 猛獣王S 16/05/20 AM00
273132 鳴り物入りで導入された電気自動車の実態・・・タクシー編 小林雅志 13/02/18 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp