日本を守るのに、右も左もない
268089 岸信介は対米自立派だった?安保反対の全学連を闇支援していたのは米国CIAだった?それはほんとうか!
 
新聞会 12/08/27 PM11 【印刷用へ
新ベンチャー革命リンクより転載します。
-------------------------------------------------------
1.安倍元総理の祖父・岸信介は対米自立派だったのか
 
 本ブログのメインテーマは米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人です。その米国戦争屋ジャパンハンドラーによる戦後の対日戦略について、最近、孫崎享氏の『戦後史の正体』が出版されて、かなり真相が暴露され、大変心強い思いをしています。なぜなら、本ブログの米戦争屋観が孫崎氏によって裏付けられたからです。
 
 ところで、上記、孫崎著で、筆者が意外だったのは、岸信介元首相が対米自立派にカテゴライズされている点です。
 
 本ブログの理解によれば、戦後、岸信介らの尽力によって、自民党が生まれたのは、米戦争屋傀儡政党として育成するため、CIA(米戦争屋の諜報機関)が資金提供したからです。孫崎著もその点は指摘しており、少なくとも、今ではネット世論の常識です。にもかかわらず、悪徳ペンタゴン・マスコミは決してそのこと国民に知らせません、なぜなら、本ブログのリンクの注記にて解説しているように、そのマスコミ自身もCIAによってつくられたからです。この秘密を能天気の世論調査国民が知ったら、彼らの自民党支持率は大きく低下するはずですし、国民のマスコミ報道に対する見方もおおいに異なってくるでしょう。
 
 本ブログでは、岸信介に関し、戦後自民党を起ち上げるのに、CIAから資金援助を受けた事実から、親・米戦争屋CIAの代表的売国政治家(悪徳ペンタゴンの元祖)と位置づけてきました。だから、孫崎氏が岸信介を対米自立派にカテゴライズしているのに、強い違和感を覚えました。
 
2.岸信介は紛れもなく、米国戦争屋CIAエージェントの元祖だった
 
 日米太平洋戦争敗戦のA級戦犯であった岸は米戦争屋GHQと司法取引して、CIAエージェントとなる代わり、巣鴨プリズンから無罪放免されています。そのため、死ぬまで、A級戦犯で処刑された元同僚の亡霊に悩まされていたとみえ、個人的に、愛知県の三ヶ根山に殉国七士廟を建立しているほどです。
 
 岸信介は戦前派日本人であり、戦前の皇国教育を受けてきたわけで、他のA 級戦犯とともに、米戦争屋を敵として戦ってきた人物です、だから、米国と戦ってきた同志を裏切って、自分だけが生き延びて、米国戦争屋の手先となっていることを、上記、殉国七士の亡霊が責め続けてきたと思われます。
 
 その意味で、岸信介は、現在、米戦争屋CIAの手先となっている悪徳ペンタゴン日本人勢力(面従腹従)とは、いささか異なる悪徳ペンタゴン日本人(面従腹背)の元祖だったのかもしれませんが、愛国日本人としての対米自立派とは決して言えないと思います。
 
3.60年代安保反対紛争時代、全学連を支援したのはCIAだったのか
 
 孫崎著によれば、60年安保反対闘争時代の全学連に資金提供したのは、右翼の田中清玄であり、彼は米国情報部とコンタクトがあったと孫崎氏は指摘しています。当時のうわさでは、確かに右翼の大物・田中清玄はCIAエージェントであったらしく、そのことは筆者も同意します。
 
 それではなぜ、米戦争屋CIAが日米安保反対の全学連に闇資金を提供したのか、孫崎著によれば、米戦争屋CIAが、岸を面従腹背の“隠れ対米自立派”と見破ったため、岸総理を退陣させて、生粋の親米だった池田勇人に置き換えるためだったと推定されています、ほんとうでしょうか。
 
 米戦争屋CIAのために国民の反対に逆らって強引に日米安保を推進している張本人・岸をCIAが退陣させるのは、おおいに矛盾しており、理解不能です。事情を知らない人は仰天でしょう。
 
 本ブログの認識では、岸信介は隠れ対米自立派というより、隠れ核武装派だったとみなしています。その意味で、米戦争屋が岸に対し、一瞬の油断もせず、内心警戒したのは事実であり、それは岸が核武装派だったからとみなします。しかしながら、だからと言って、わざわざ、全学連に闇資金を拠出して、岸退陣を画策したのかどうかは疑問です。
 
 とはいうものの、孫崎氏の指摘通り、日本の左翼活動にCIAが闇資金を提供したというのは事実だと思います。その意図は何でしょうか。
 
4.日本の左翼活動家を闇支援したのは確かに米戦争屋CIAだった、なぜか
 
 それではなぜ、あろうことか、米戦争屋CIAが全学連活動家に闇資金を提供したのでしょうか。その謎を解くカギ、それは、2年前の2010年9月、菅・仙谷・全共闘政権誕生のサプライズに潜みます。当時の菅総理、仙谷官房長官のコンビは、ともに、左翼出身者(元全共闘)です。
 
 彼らは左翼系政治家のはずなのに、なぜか、政権をとったとたんに、ころりと米戦争屋系の悪徳ペンタゴン政治家に豹変したのです。
 
 本ブログリンクに述べているように、米戦争屋ボス・デビッドRFは、ソ連の共産党内部の覇権争いに関与しており、トロツキー派を支援していました。60年代、米戦争屋を含む世界的寡頭勢力(ロンドン・オリンピック仕掛け人)は、ソ連を世界統一構想(NWO = New World Order)の実験場に利用していたわけです。そして、60年代当時のソ連共産党内の覇権争いは、欧州寡頭勢力と米戦争屋の代理闘争の様相を呈していたのですが、ソ連が大国になるにつれて、世界的寡頭勢力の言うことを聞かなくなりつつありました。そして、強大化したソ連は共産主義を全世界に広める国際共産主義革命の一環として、1922年から日本に既に存在していた日本共産党に資金援助していたのです。その結果、日米安保反対の全学連活動に日本共産党経由にてソ連の支配が及ぶことは、米戦争屋ボスにとって好ましくないわけです。そこで、全学連から日本共産党(学生運動の民青含む)勢力を徹底排除するために、米戦争屋CIAが、全学連内に日本共産党と敵対する新左翼勢力育成する目的で、全学連に闇資金を提供したとみなせます。
 
 米戦争屋の目論見はズバリ当たり、その後、全学連は内ゲバに明け暮れ、自滅してしまいます。
 
 上記、仙谷氏は、東大全共闘時代、アンチ日本共産党活動家として、米戦争屋CIAから闇支援を受けていた可能性が極めて高いわけです、だから、彼は今では、悪徳ペンタゴン政治家の最右翼なのです。
 
 さて、ネットでは、領土問題、日韓問題、日中問題、日朝問題、日露問題などに関して、ネットウヨやネットサヨの議論が白熱していますが、右翼・左翼を超越する世界的寡頭勢力の世界統一戦略を知らないと、彼らの掌中でまんまと踊らされるということです、充分、気を付けましょう。
--------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_268089
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp