健康と食と医
267879 抗がん剤は、実は増癌剤だった
 
中村英起 ( 52 佐賀 会社員 ) 12/08/21 PM08 【印刷用へ
抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。

リンク より

今や日本人の死因の第1位となっている癌の治療について、こちらの医師のページに記載されているアメリカ議会ガン問題調査委員会「OTA」(Office of Technology Assessment)レポートによると、現在の癌の抗癌剤による通常療法は、

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7〜10倍」
「腫瘍が縮んでも5〜8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

この結果をOTAが重視して、88年にガン問題調査委員会が組織されて、通常療法と非常療法(代替(だいたい)療法)の比較が行われました。ここで述べられている非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により身体の抵抗力を高めて、自然に治そうという考え主体の治療法です。

その結果・・・非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。アメリカ国立ガン研究所(NCI)は現行の治療には数十余年で見るべき進歩がない。政府はNCIへの研究補助費に疑問を投げて、国民のためのガン治療をしているとは言い難いとまでNCIの責任を追及しているのです。
 追い打ちをかけるように会計検査院(General Accounting Office)の87年の調査報告書では、NCIへの予算がガン患者の生存率に寄与していないという報告まであげているのです。
(OTAレポートの後に、抗ガン剤が「増ガン剤」になるという問題は1988年(平成元年)の日本癌学会大会でも大きな問題となり、本家NCIでも同年に通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているのです。
 
1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。

なんと抗癌剤は実は増癌剤だというのか!

抗癌剤の副作用情報を確認してみると。
ちゃんと二次発癌と書いてある。
抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのだ。

一番上の抗癌剤はナイトロジェンマスタードと書いてある。
もしかして、ベトナム戦争で枯葉剤としてまかれ、多くの癌や奇形を出したマスタードガスに関係するのかと思い調べてみると、上の表の1行目のナイトロジェンマスタードや2行目のシクロホスファミドについて塩野義製薬の以下の説明を見つけた。

(中略)

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足 したものであり、シクロホスファミドの致死量は1500mg。これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物で あることがわかる。

シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤だそうだが、万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性があるという。

(引用終わり)
 
  List
  この記事は 267835 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267879
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
310319 抗がん剤の「虚と実」。「医療の勝利が国家を滅ぼす」 荘家為蔵 15/12/19 AM10
300496 抗がん剤は猛毒殺人兵器 麻丘東出 15/01/23 PM07
300168 抗がん剤=増がん剤 (抗がん剤でガンが増殖するメカニズムが解明された) 向芳孝 15/01/12 PM10
298856 大マスコミが1行も書かない「抗がん剤=増がん剤」という事実 風来坊 浄 14/12/05 PM10
296333 がん化学療法と抗がん剤の歴史〜戦争中に起こった悲劇から生まれた 中村英起 14/10/08 AM01
286596 抗ガン剤は効かない 匿名希望 14/01/25 PM11
285795 抗がん剤で殺されないために・・・『医薬品添付文書』『副作用情報』の開示を要求すべし 14/01/03 PM09
279376 抗がん剤治療は確率の悪いギャンブルと同じ・・・!!効果有効例は160人中たったの6人 岡本誠 13/07/16 PM11
278905 ○抗がん剤に頼らない癌治療法  「ハイパーサーミア」 庄恵三 13/07/12 PM07
278075 医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? りんいちろう 13/06/30 PM00
276060 「がんの早期発見は害」=殺人医学のレールが敷かれている! ヨネ 13/05/19 PM05
「がん」を考える2〜三大療法の罠:「抗がん剤」「手術」「放射線」は発がんリスクを高める〜 「地球と気象・地震を考える」 12/10/29 PM00
269332 ガンは真菌であり、治療可能だ@〜がんの正体とは?〜 mosimobox 12/10/05 AM01
268215 自分のガンと戦う物質は「自分の体内にもともとある物質」だった 橋本宏 12/09/01 AM00
自然の摂理ML selection☆*:・°〜 衝撃の事実?(*゜ォ゜*)抗がん剤は、実は増癌剤だった!!! 「地球と気象・地震を考える」 12/08/24 PM10
267974 日本の癌治療の実態〜利権に群がるガン・マフィア 中村英起 12/08/24 PM09
267962 薬の輸入超過 10年で2.5倍 〜その主力は、抗がん剤〜 たっぴ 12/08/24 AM10
267944 統合が前提の分化の必要性 宮地祐樹 12/08/23 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp