新資源・新エネルギーの開発は?
267841 世界の再生可能エネルギーの成長と発展の予測は完全に的外れだった
 
山上勝義 ( 47 京都 建築士 ) 12/08/20 PM05 【印刷用へ
WIRED.jp リンク
より、以下引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
専門家の目は節穴? 驚異的な勢いで普及する再生可能エネルギー

2000年の「世界エネルギー展望」において頭でっかちな専門家たちによって定められた目標は、完全に的外れだった。クリーンなエネルギーは、場合によっては想定の10倍を超えて成長している。ある研究が警告している、過ちから学ぶべきだと。

疑り深い専門家たちよ、自ら過ちを正してほしい。あなた方の、世界の再生可能エネルギーの成長と発展の予測は、完全に的外れだった。

信頼の欠如と先見の明のなさによって、「わが過ちなり」と唱えなければならないのは、特にこの分野での基準と考えられている、国際エネルギー機関(IEA:International Energy Agency)によって2000年に発表された「世界エネルギー展望」を作成した、頭でっかちな専門家たちだ。

彼らの奥歯にものの挟まったような予言はすべて2020年のデッドラインにおける想定だったが、特に太陽光発電と風力発電において、予測された数値は10〜15年も前に十分に達成されているのだ。

そう容赦のない知的な復讐をにじませながらリポートしているのが、アメリカの環境NGO団体Fresh Energyによる分析だ。12年前、2000年に策定された最も楽観的な目標に対し、全面的な不信感をもってその見通しの甘さを指摘している。

「今年のリオ会議(リオ+20)で発表されたリポートに掲載されている『再生可能エネルギー政策ネットワーク』のデータに基づいてわたしたちが明らかにしたのは、多くの専門家が、風力発電と太陽光発電がどれだけ成長するかの予測を大幅に見誤っていたことである」と、このNGOの理事であるマイケル・ノーブルは書いている。

しかし、どこで専門家たちは間違えたのだろうか? まずは全体的な枠組みから出発しよう。国際エネルギー機関によれば、再生可能エネルギーは、20年以前には水力発電を除くと生み出されるエネルギー全体の3%にも達しないはずだった。

第1の間違いは、すでに08年、想定の12年も前に目標のパーセンテージを超えたことだ。そして、11年にはさらなる転機を迎えている。

「いくつかの重要な市場における経済危機と、政治的な不安定が続いたにもかかわらず、11年は再生可能エネルギーによる発電施設が最も多く設置された年となりました。それらは新規設置の20%に達し、クリーンエネルギーは多くの国と地域に普及しつつあります。世界レヴェルでいうと、今日、再生可能エネルギー施設には500万もの雇用が生まれており、雇用におけるポテンシャルが、こうした技術を優遇する政策を押し進める主要因のひとつとなっています」。Ren21(21世紀再生可能エネルギー政策ネットワーク)の広報担当、モハメッド・エル=アシュレイはそう述べている。

詳細を見ると、太陽光発電においても、予測はあまり正確ではなかったことがわかる。科学者や技術者たちは20年までに7.6ギガワットの発電量を予測していたが、すでに昨年には69.7ギガワットと、予測の約10倍もの発電量が記録されているのだ。

しかし彼らの弁護のために、当時この分野の展望は悲観的なものだったことは言っておかねばならない。「2000年には、世界に設置されていた太陽光発電の総量は1.5ギガワットだった。そしてその大部分は、NASAの衛星のパネルや山間部の小さな家の小さな設備のように、電力網の外にあった」とFresh Energyは付け加えている。

すべて事実だ。しかし、なんという錯誤だろう。

風力発電に関しては、穴がさらにずっと大きい。「世界エネルギー展望」の頭でっかちな専門家たちは、10年までに世界中で30ギガワットの風力エネルギーがつくられるだろうと予測していた。これに対して、2年前の発電量は200ギガワット以上だった。総額4,000億ドルもの投資の結果である。

環境問題におけるあらゆる失態にもかかわらず、風力エネルギーの発展を牽引したのは中国だ。10年に、この広大な人民共和国においては2ギガワットの発電量が想定されていたが、実際には45ギガワットに達していた。今年の予測は150ギガワットと、想定されていたものの約40倍である。

中国の太陽光発電に関しては、世界銀行の専門家たちは20年までに0.5ギガワットの発電量を予想していた。それよりすでに10年も前に中国はこれを達成し、世界の発電量の1%を超えていたのだ。

引用ここまで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 261479 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267841
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
273942 グリーンバブルの終焉 スパイシーモス 13/03/22 AM02
268199 前世紀のお荷物ウランと原発を押し付けられてきた日本は資源大国でもあった! 猛獣王S 12/08/31 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp