西洋医療と東洋医療
267835 癌の治療中の患者は8割感染症で死ぬ!それは抗がん剤で免疫不全を起こすからだ!
 
山上勝義 ( 47 京都 建築士 ) 12/08/20 PM00 【印刷用へ
飄(つむじ風)リンク
より、以下引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
原発マフィアと抗ガン剤マフィア 船瀬俊介氏

ガンは治る!末期癌でも治る!免疫賦活で速やかに治る!
と書いたのは、もう一年半前の話だ!!
癌の治療中の患者は8割感染症で死ぬ!!
癌では死なないのである!?
それは、抗ガン剤で、免疫不全を起こすからだ!!

 又、一人の友人(前回の友人ではない。)が死んだ。それほど親しく付き合っていた友人ではないが、風の便りに聞いた。勿論、抗ガン剤投与をしていたのだろう。間違いない。

 そして、その死因は? 

 多臓器不全だ。

そう、春ウコンを、最適量(オプティマム)を摂取した人は生存率ほぼ100%である。このことは、上記書籍を分析した吉岡英介さんがまとめて頂いた。これも一年以上前だ。

 癌は恐れるに足りないのだが、パニックを起こし、医者の奨めるままに抗ガン剤に走る。そして、予定通り、死ぬ。これが現実である。

 誰がそのことを伝えることが出来るだろうか? これが問題だ。

 春ウコンばかりでもないだろう。一説には大麻草がその特効薬であるとする。これは理解できる。が、大麻取締法はこれを封じている。

 これはまさしく、罠である。

 原子力マフィアが巨大でも、おそらく、抗ガン剤マフィアには勝てないだろうと思う。日本でも癌に関する総費用は年間数十兆に及ぶとされている。実際、上記の書籍は一般市場に配本することはおそらく無い。

 著者は恐れている。

 配本を継続したかったが、不発の理由がそれであった。大麻取締法の成立原因と理由は同じであろうと考えている。癌は治っては困るのである。巨大市場が水泡と化す。

 賢明な方は、今すぐ、思考を始めてほしい。自ら情報を収集することだ。けっして、他力本願ではいけない。殊に、癌に関しては医者の言いなりになってはならない。そのことだけを言いたい。

 何故、今そのことを書こうとするのか? 言うまでもないことである。原子力マフィアがその原因を振りまいている。そして、近い将来、抗ガン剤マフィアとの共同戦線が作り上げられるであろう。考えてみれば、空恐ろしいことである。

 多くの人々が、その毒牙に絡め取られようとしているのが、見える!?

 このことは、決して絵空ごとではない。現実の緊急の課題である。

 その時、救いとなる手段はあるか? ある。しかし、考えなければならない。思考しなければならない。情報を正しく掴まなければならない。どれとは言えないが、その方策はある。そのために書いている。

 三度四度、重複するが、視聴してくれたまえ。希望を見いだす人は幸いであろう。少なくとも、船瀬俊介氏の漫談に腹から笑うことも出来る。そうしたら、ナチュラルキラー細胞も6倍とまでいかないまでも、数倍に増えることは間違いない。

引用ここまで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 267671 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267835
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
267934 抗ガン剤は絶対に使ってはいけない! たっぴ 12/08/23 PM03
267879 抗がん剤は、実は増癌剤だった 中村英起 12/08/21 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp