市場の支配構造
267834 発狂したか田母神・元防衛省航空幕僚長の尖閣上陸:ホンモノの愛国軍人なら戦争回避に動くべし!
 
新聞会 12/08/20 AM11 【印刷用へ
新ベンチャー革命リンクより転載します。
----------------------------------------------
 2012年の終戦記念日(敗戦記念日)のサプライズ、それは、8月19日、田母神・元防衛省航空幕僚長一行9人が今話題の尖閣諸島に向け、石垣港を出港し、尖閣諸島に上陸したというニュースです。
 
 なぜ、田母神氏がこのような行動を取ったのか、次期総選挙への出馬を狙って、自民右派に悪乗りしたのか、現時点ではその意図が不明です。この行動が日中韓にどのような波紋を投げかけるのか、予断を許さない状況です。
 
 いずれにしても中台にて反日運動が激化する危険は避けられません。
 
 シリアで子供が血だらけになっているニュースを観て、戦争だけは絶対にやってはいけないと痛感します、元軍人の跳ね返りは危険です。
 
 米国防総省でも、実戦経験豊富なプロの軍人は普通、戦争を回避しようとするのが常です、なぜなら、戦争の悲惨さを熟知していますから・・・。
 
 われら国民は冷静になりましょう。
 
 毎年、8月15日の終戦記念日には決まって、悪徳ペンタゴン・マスコミは政治家の誰が靖国参拝したか、しないかとそればかりを追いかけてきました。ところが、今年は竹島・尖閣騒動でそれどころではありませんでした。本ブログでは再び、米戦争屋極東担当が蠢き始めたとみなしています。そこに、田母神氏の尖閣上陸サプライズです。ちょっと理解に苦しみます。
 
 さて、2012年8月15日の終戦記念日に合わせて、筆者は今、日米戦争はなぜ始まったのかについて記した著作に目を通しています、それは『ルーズベルトの責任』という本です。
 
 日米が戦争に入った、1941年12月7日(ハワイ時間、日本時間は12月8日)直前の日米交渉の歴史については、いろいろな説があり、謎に満ちています。
 
 上記著作も、日米交渉を含み、戦前の米国が、いかなるプロセスで、第二次世界大戦に参戦を余儀なくされたのかが分析されています。当時の大統領はルーズベルト(FDR)でした。
 
 この大統領は海軍次官出身の軍人大統領であり、彼の家系は世界的寡頭勢力のインナーサークルに属すと思われます。その意味で、本ブログのメインテーマである米国戦争屋の戦前における草分けの一人とみなすことができます。
 
 戦前、米国戦争屋はまだモンスター化しておらず、デビッドRFの支配力も及んでいませんでした。当時の米戦争屋は世界的寡頭勢力(ロンドン・オリンピックの仕掛け人)に操られる存在だったと思われます、当時の世界寡頭勢力は欧州寡頭勢力が主導権を握っており、当時のチャーチル英首相は、欧州寡頭勢力のエージェントと位置づけられます。
 
 戦前の米国を第二次世界大戦に引き込んだ責任者、それが、FDR(ルーズベルト)大統領だったのは間違いありません。彼は民主主義選挙で選ばれた米大統領だったはずなのに、米国民の90〜100%が嫌がって反対した戦争に米国民を引き摺り込んだ張本人です。上記著は、筋金入りの反戦家・ビーアド・元コロンビア大学教授によって書かれていますが、著者はそれをこの本で告発しています。この本を読むとわかるのは、米国民の多くは戦争を非常に嫌がる国民だということです、彼らは夫や息子を戦地で失うことの悲しみをよくわかっています。
 
 この本によれば、日米開戦前、日米交渉していたのはもっぱらコーデル・ハル米国務長官(米海軍次官出身のFDRの腹心)と野村吉三郎・駐米大使(日本帝国海軍大将出身)であることがわかります。そのため、米国議会の議員(米国民の代表)は日米外交の真相を知らされないままに、日本海軍による真珠湾奇襲攻撃(米国民は日本による卑劣な国家テロと認識した)が行われたことがわかります。これが米国民の怒りを買い、米国民は戦争に引き摺り込まれてしまったのです。
 
 当時の日本は、米国政府によって石油資源と食糧の禁輸(エンバーゴ)が行われて、窮地に追い込まれていたわけですが、日本が先にテロ行為に踏み切ったキッカケは有名なハルノートを突き付けられたからと言われています。本件に関して、前出の田母神氏は日米交渉の重大陰謀を暴露して更迭されました。同氏の暴露論文によれば、日本が受け取ったハルノートは当時の米財務次官補ハリー・ホワイトによって、日本が宣戦布告せざるを得ない過激な内容に密かに差し替えられたというものです、しかもホワイトはソ連スパイだったという仰天内容です。
 
 なぜ、ソ連スパイが米国政府中枢部に潜入できたのか、それは一言、FDRは米国民を代表する大統領というより、世界的寡頭勢力(当時は欧州寡頭勢力が主導)のエージェントだったからです。ちなみに、ソ連を闇で支援していたのがこの欧州寡頭勢力です。その秘密を田母神氏が日本国民にばらしたのです。これが日米安保マフィアを怒らせたのです。
 
 核技術も宇宙開発技術(=ミサイル技術)も、すべて、米国にて最初に開発されていますが、同時期に、ソ連も核技術、宇宙開発技術(=ミサイル技術)を開発して持っていました、なぜでしょうか、それは米国内に大量のソ連スパイが潜伏し、米政府は彼らソ連スパイが米軍事技術を盗むのを黙認したからです。上記、ホワイトもその例です。なぜ米国はソ連スパイを泳がしていたのでしょうか。
 
 それは、核技術もミサイル技術も、米国で開発されたものの、実質的所有者は米国民ではなく、世界寡頭勢力だからです。その意味で、日本に原爆を落としたのは、米軍ですが、それを決めたのはロンドン・オリンピックの仕掛け人・世界的寡頭勢力なのです。そして、田母神氏が暴露したように、ソ連をつくったのも世界的寡頭勢力です、だから、米国の核技術、ミサイル技術をソ連にシェアするのは当然なのです。ところが、その後、歴代のソ連指導者は必ずしも、世界的寡頭勢力のいうことを聞かなくなったのです、その代表が、現在のプーチン大統領です。そして、いうことをよく聞いたのがゴルバチョフ元大統領(世界的寡頭勢力のいうことを聞かなくなったソ連を潰した男)です。
 
 周知のように、ロンドン・オリンピック仕掛け人である世界的寡頭勢力の命令で米軍が日本に原爆を落としたと同時に、北方からソ連軍が日本領(満州)に攻めてきました。まさに日本は挟み撃ちですが、米軍を操っていたのも世界的寡頭勢力、ソ連軍を支援していたのも世界的寡頭勢力だったのですから、日本を無条件降伏させた張本人は米軍でもなく、ソ連軍でもなく、彼らを操る世界的寡頭勢力だったのです。そのことを田母神氏はばらしたのです。今回、彼ら世界寡頭勢力が仕切ったロンドン・オリンピック開会式での“日本選手団退場”演出はわれら日本国民への黙示です 。それがわかった日本の支配層が、この事実を国民にひた隠ししたのは頷けます。
 
 このように、前出の田母神氏は、日米安保マフィアが、日本国民に対し、絶対に秘密にしておきたいタブーをすでに国民にばらしています。
--------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267834
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp