西洋医療と東洋医療
267409 対症療法よりも自然の摂理を学んで健やかに生きる☆
 
みかん ( 26 山梨 ) 12/08/09 AM08 【印刷用へ
熱が出たとき、頭が痛くなったとき。
病院に行って先生に診てもらって、病名がついて、お薬出してもらって飲んだら良くなるはず!
そう思う方多いと思います(私も含めて)。

でもそれってどうなんでしょう?(>o<")

==========================================================
リンクより

抗生物質がどれほど乱用されているかという僕の大切な友人たちの会話。

“以前知り合いが話したことなんですけど、子供が中耳炎を繰り返すので2週間おきに耳鼻科に通って抗生剤を出してもらって何カ月もずっと飲んでたんですって。
それだけでも驚きなんですけど、

あるとき病院を変えたら新しい先生から「お母さん、抗生剤は肉や魚にいっぱい入ってるから、普段の食事で十分摂れてて、わざわざ薬を飲む必要なかったのに」って言われて、
その知り合いは「な〜んだ〜そうだったのか〜早く言ってくれればよかったのに」って思ったって話だったんです。

落ちの展開の意外性にまさに鳩豆状態で、
一体なんと返事してよいのかとうまい言葉も思い浮かばなかったんですけど、
かろうじて「健康なのに知らないうちに抗生剤食べさせられるのって怖くない?」って言ったんですが、

それについてはあんまり気にしてないみたいでスルーされちゃって、
「だから子供が調子悪い時には早めに医者に行った方がいいよ」って言われました。
ちょっとした不調でも医者にかからなければ手の施しようがない、くらいに思ってるみたいですが、
その医者に頼ってしまった結果が今回の顛末なのにそれは気にしてない。
そして食べ物に抗生剤の話は疑問にも思ってない。”

(中略)

アトピーなどもそうだが、解熱剤を使用し熱を下げたりステロイドを使用し、肌をきれいにしたり、子供の為にって言っているけど、僕は、嘘でしょうと言いたい。それはあなたが安心したいがために、目先を良く見えるようにしているだけでしょう。アトピーの孫に対する、おじいちゃんおばあちゃんの対応にも良くありがち、いくら説明してもすぐに綺麗にならないと気が済まない。それって誰の為?

“医療が必要な時、それは症状の重さとか関係なくて「誰かが不安を感じた時です」って。
子供が熱を出して、本人は大丈夫と思っていてもお母さんが不安になったらそれは医療(の出番)、
本人とお母さんがこれくらい大丈夫と思ってもばあちゃんが「座薬入れろ」っていったらそれは医療、家族全員大丈夫と思っていても地域の人が「予防接種しろ」って言ったら、それは医療。
逆にどんなに症状が重くてもみんな大丈夫、治ると思っていたら医療の出番じゃないって。
当たってるって思いました。“
==========================================================

病(調子が悪い)って一見厄介なもの、嫌なものと捉えてしまいがちですが、

『ガンは、生命を維持させるための「排毒」の治癒反応』リンク 
『体の冷えは万病の元!』リンク 
『風邪は万病の素を取り除く』リンク 

など、体を守ってくれている働きの表れだったりするんです☆
それが分かれば、体に負担をかける薬を飲まずにすむし、不安に思うこともなく安心する。
また、頑張ってくれてる体に感謝もする☆
そう思っているうちに、体調も良くなっていきそうですよね(^^)

このように、自然の摂理や生命原理を学び考えていくことって、気持ちよく生きていくためにとっても大事ですね☆+゜
 
  List
  この記事は 267167 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267409
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
279494 この世の中に病気ほど結構なものはない 匿名希望 13/07/22 PM10
267639 「遺伝病」と「遺伝子が発現や進行に関わる病気」とは別物 松井英仁 12/08/15 PM08
267514 職場(病院)自慢 12/08/12 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp