人工物質の脅威:大気・水・食品
267295 合成洗剤が無くならないのは原発と同じ構造A〜合成洗剤ではなく重曹を使うべし!〜
 
rino 12/08/04 PM10 【印刷用へ
〜@(267292)の続き〜
生活の中に蔓延る合成洗剤。経皮毒から身を守るにはどうしたら良いのか?
現在の消費の構造そのものを見直すことが、根本解決になるが、目先的にでも私達ができることはないのだろうか?

それは合成洗剤ではなく、「重曹」を使うことだ。

【虫歯予防を超える歯磨き!?】科学を身近に☆NewStream(リンク)の中でも、歯磨きには重曹をと勧められている。

引き続き、経皮毒・・その知られざる脅威!!/飄(つむじ風)
リンクより引用します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(中略)
はたして、解決策はあるであろうか?

ある!

合成洗剤の使用を止めることだ。

そんなことは可能か?

可能である!

界面活性剤でなくとも、いや、それ以上に汚れが落ちる洗浄剤がこの世の中に登場している。しかも特許を得ている。のみならず、世界の大手洗剤メーカーの合成洗剤と伍して、その洗浄力ではトップの座を占めている。

と言ったら、耳を、あるいは目を疑うであろう。

疑ったら、検証するべきのが常道で、勿論、それは自由であるが、それがあるからこうして記事にするわけだ。

それを簡単に説明しよう。

きわめて簡単に言うと、あの台所でも常時使用される重曹というものがある。難しく言うと炭酸水素ナトリウムという。あのベーキングパウダーとして調理に使われる奴である。これが洗浄剤の主原料である。

これを電気分解して溶液を作ると洗浄剤として、優れものになると言うことで発明された。細かなことについて触れないが、これが20カ国以上に特許申請されている。既に特許も降りた国々も多い。

これで出来た洗浄水中では、メダカが48時間生存すると言うから、その安全性が分かるだろう。しかもその洗浄力は、前にも書いたが、世界でトップである。

メカニズムは重曹、炭酸塩からでるマイナスイオンと見なされているが、原理は重曹泉と言われる天然温泉の『美肌の湯』と同じである。それに洗浄後の再汚染防止作用を究めた故の特許である。と言えば、詳しい方もおられるだろうから、それ以上は書かない。

ところが、こんな話、誰が聞いたことがあろうか?

良いことはなかなか世に広まらないのが、現代の世の常である。それは大きく言うと利権構造にある。それは欲と利権によって世の中が支配されているからだ。

原子力問題で、そのことをいやと言うほど見せられているではないか?

虚心坦懐に書いているだけだ。もしも、気がついて、ひょっとしたらそうかも知れないと思ったら、使ってくれたまえ。決して無理強いはしないつもりだ。又出来るわけもない。

(引用終わり)
 
  List
  この記事は 266752 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_267295
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
273155 合成洗剤 〜「白く染めるニセの清潔さ」が及ぼす健康被害〜 太刀川省治 13/02/19 AM10
270812 重曹は放射能汚染除去にも強い威力 山上勝義 12/11/24 PM07
267353 重曹は良いですよ^^ 佐藤英幸 12/08/07 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp