否定脳(旧観念)からの脱却
266905 成功体験は、恐れず、まっすぐに飛び込んだ者に与えられる。
 
阿部佳容子 ( 50 大阪 営業 ) 12/07/24 PM05 【印刷用へ
「『方針なき飛び込み営業』は悪である、という風潮が部内にはびこっている」

聞き捨てならないセリフを聞いた。

昔いた職場(不動産仲介)のメンバーから相談を受けていたときのこと。あるビルにお客さんをつけたいという彼に対して、「そもそも、こういう立地に店や事務所を出そうとするお客さんって、何考えてるの?なんでここに出すんやろ?」と質問した。

ありきたりの答えが返ってきた。

「そんなん、高校生でもわかるわ〜。そのへんの情報誌やネットに書いてるやん。というより地図みたら誰でもわかる。そういうことじゃなくて、もっと具体的にどういうメリットがあるのか、一度出店したら、ずっとそこにい続けるのか、安けりゃいいの発想で、節操なくエリア内を点々としているのか、その場合も、電話主体の商売だから、電話番号だけは変わらないエリアがいい、とかいうのがあるのかないのか。等々等。そこにいるお客さんの深い実感、欠乏を掴まないことには、どうする ≒答えは出されへん。まずはそこを掴みにいくこと!!」。

そういうやりとりの後、彼から出てきたのが冒頭のセリフだった。

「えっ?住宅や小規模な事務所はひとの生活に密着していること、だから、そのひとたちがどういう思いで、どんな欠乏を持っているのか、ネットにも情報誌にもどこにも載っていない生の声を聞きにいくのが営業なんちゃうん?『方針』なんて、そんな大げさに考えずに、だいたいこのあたりかな、という当たりをつけて、まずは人間社会に飛び込む、そこから得た声をみんなで持ち寄ってすり合わせる、そうやって『方針』なるものが明確になってくる、その繰り返し。社会はどんどん変化している、ひとの実感もグルグル変わる、だから、大層な『方針』なるものを立てるためにあれこれ調べる時間があるんだったら、まずは動いたら?飛び込むっていうのは、可能性に飛び込むってことやで」。

そのような話をした。長らくいっしょにやっていた彼は「そうなんですよね〜」とすぐ得心してくれた。

話を聞いていて思ったのが、この子たちは成功体験が足りないな、ということ。いまさらながら、体験しないと成功体験は積めない、という当たり前のことに気がついた。そして、その体験=可能性探索にブレーキをかけているのは、自分たちで捏造した、一見もっともらしい観念「方針なき飛び込みは悪」。それにがんじがらめにされている。げに観念は恐ろしい。とりわけ正当化観念は知らず知らずのうちに集団全体を誤らせる。

まさに、「観念内容を誤れば、人類は滅亡する。」(260955)

行きたくないなら、行きたくないって言え!その方がまだしもすがすがしい!!

今、彼は、仲間とともに現地に飛び込み、そこで生きるひとたちの話を丹念に拾いながら、「イケル!」という確かな手ごたえを掴かみつつある。

成約まであと少し。ガンバレ!!
 
  List
  この記事は 260955 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_266905
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp