心の本体=共認機能の形成過程
2662 自我の源泉は、共認の部分否定にある
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/04/03 AM03 【印刷用へ
真猿が仲間の期待(課題や役割)に応えようとする際(雌が首雄の期待に応えようとする際も同じですが)、まず頭の中に充足イメージ(応合のイメージ)を描き、それを活力源とも先導力ともして、応合行動をとっています。この充足イメージの大部分は過去の体験記憶を元にしていますが、その記憶には自分の体験だけでなく、仲間たちの体験も含まれています。更に一部は願望=幻想です。とりわけ、−捨象・+収束のドーパミン回路によって描かれた評価の充足イメージは、幻想性が強くなります。

従って、自分で頭の中に描いた期待や評価の充足イメージと、現実に周りから与えられる期待や評価(それらは、周り=仲間によって共認されています)との間には、ギャップが生じます。しかし、ギャップが生じるからと云って、必ずしも自我が生じる訳ではありません。同じドーパミン回路を使って充足イメージで+統合し、その実現に向けて努力すれば良い結果につながります(その場合、自我は生じません)。

問題は、周りから与えられた期待や評価を(頭の中の充足イメージとの対立から)不満視or否定視した場合です。その時はじめて評価(≒共認)捨象・自己陶酔の自我(回路)が形成されます。とは云え、彼は皆の評価共認の全てを否定→捨象している訳ではなく、むしろ自分(と特定の否定対象)に対する評価以外の、大多数の仲間たちに対する評価は自分も共認しています。ただ、自分(と特定の相手)に対する評価だけは認めたくないので、捨象して頭の中の+幻想イメージへと収束する訳です。
概ねは共認しながら自分に対する評価だけは捨象するというのは、何とも都合の良い身勝手な回路ですが、この様に自分だけを特別化→絶対化しようとする意識であるからこそ、後に、人類によってそれは「自我」と呼ばれるようになったのでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2662
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
成功を導く確かな理論〜共同体類グループの事例26上司と部下の関係が上手く行く秘訣は「組織の中で形成される充足空間」にある〜 「これからは探求の時代」 12/12/27 AM00
253105 充足イメージで良い結果を 高津彩加 11/06/16 PM09
251783 「大変」は大きく変わるチャンス☆ SHOW 11/05/21 PM10
250599 「自我」は意識が「自分にしか向いていない」ということ 三池晴与 11/04/30 PM05
249204 周りから与えられる期待や評価との『ギャップ』も実現回路を太くするチャンス funikura arch 11/04/10 PM09
245955 仲間からの期待や課題を通して,可能性に貪欲になることが大事 たっぴ 11/02/19 AM03
245879 初めて図解化をして 高橋崇雄 11/02/17 PM10
227225 成功体験の吸収を阻害するもの 大脇正嗣 10/02/26 PM05
211719 充足イメージは如何にして実現されてゆくか? 大森義也 09/07/28 PM08
198739 サロンで自己否定の連鎖からの脱出法が聞けました。 眼鏡人 09/01/31 PM11
198736 【図解】自我の源泉は、共認の部分否定にある 澤根和治 09/01/31 PM10
198734 感情的になった時、自我ではなく、共認に向かうには? ゆずりょくちゃ 09/01/31 PM10
195276 自分に対する評価は相手が決める事 和田哲郎 08/12/20 AM03
195269 素直は最高の知性 シティボーイ 08/12/20 AM00
191835 実現に向けて必要になる充足イメージでの+統合の必要性 Rivet16 08/11/09 PM04
191781 実現に向かうか自我生起に向かうか、その分かれ目は何? ばきちょこ 08/11/08 PM10
189599 共認機能成立の充足イーメージについて STP 08/10/13 PM04
186007 【幹図解】自我の源泉は共認の部分否定にある 嶺山志保 08/09/18 PM09
163547 ≪自分≫を温存しているから、相手に踏み込めない 樫村志穂美 07/10/16 AM02
144018 この過程の繰り返しこそが、『成長』のサイクル 吉川功祐 07/02/03 AM01
142581 みんなの成功体験と、自分の努力で、2馬力☆!! 河野梨恵 07/01/17 PM05
142024 不確実な状況で最も活性化するドーパミン細胞 橋口健一 07/01/11 PM07
142023 まずはありのままの評価を受け入れ、背後にあるみんなの期待(圧力)を注視すること 三浦弘之 07/01/11 PM07
142017 素直に充足に向かえる人は、周りの評価を素直に受け入れられる人 三浦弘之 07/01/11 PM06
141990 規範の再生が集団統合していく上で、重要なポイントの一つ 塩貝弘一郎 07/01/11 AM02
141972 評価を「評価」する矛盾 米澤祐介 07/01/10 PM10
141947 壁の先には充足が待っている☆ チーズケーキ 07/01/10 PM06
141350 「自我」というものがわかって・・・ 303 06/12/30 PM05
139735 【ギャップ対応】 倉橋利弘 06/12/09 PM11
139528 充足イメージ(応合イメージ)の作り方。 チウエ* 06/12/07 PM10
139480 ギャップの生起は必然であり必要なもの! 江岸元 06/12/07 AM11
124866 「依存症」ははちきれそうな自我の裏返し 渡邊かお里 06/07/05 AM04
119234 今や、私的共認の場こそが自我の温床。 福田尚正 06/06/08 PM10
119226 自我のコントロール 米澤祐介 06/06/08 PM10
118914 分かれ目 鈴木康夫 06/06/07 PM01
112666 幼少期のうちから、もっと真っ当な評価と役割を。 Svengali 06/05/10 PM06
112566 自分の頭の中で描いた期待と、周りから与えられる期待 ゆずの素 06/05/10 AM03
110466 充足イメージ=現実直視 鈴木邦彦 06/04/28 AM00
109794 否定視を伴う自我回路は、認識機能上の欠陥か? 福田尚正 06/04/24 PM11
108220 男と女の自我はどう違うの? 澤根和治 06/03/28 PM11
98201 マイナス評価を注視せよ ゲン 05/09/30 PM02
95964 共認機能の再生 酒井俊弘 05/08/13 PM10
94673 変われないのはなんでだろう 西知子 05/07/17 AM00
93245 共認充足に応える 志水満 05/06/23 PM11
93231 自我回路は+幻想回路 雪竹恭一 05/06/23 PM10
猿から学ぶ 「京男達の『なんで屋』道中記」 05/06/06 PM07
90121 自我回路 井上翠 05/05/06 AM01
89018 充足イメージのトレーニング 岡本誠 05/04/17 AM01
89001 充足イメージと応合活力 森政子 05/04/16 PM11
88738 評価のギャップは活力源! 田野健 05/04/12 PM10
振り返り 「あったかい場所」 05/04/04 AM00
84161 自我の形成についての疑問 匿名希望 05/01/18 AM00
82736 自己防衛の自我 宇津義和 04/12/17 PM11
82445 同一視あっての期待と応合 矢野悟 04/12/12 PM04
81855 自我回路はいつ形成されたのか? 澤根和治 04/11/29 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp