法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
265994 驚愕!すでに日本の消費税は世界第2位になっていた!
 
ET 12/06/29 PM08 【印刷用へ
・日本は消費税率が低いというのは間違いである
・国税収入に占める消費税の割合はすでに世界第2位である
・消費税が10%になると、間接税が直接税を上回る

【稗史(はいし)倭人伝】リンク より紹介します。
----------------------------------------------------------------
このままではギリシアのようになる。
耳にたこができるほど聞かされた言葉である。
本当は、消費税を上げるとギリシアのようになる、のである。

ヨーロッパ諸国の大方は消費税率20%程度である。
日本は5%である。
だから20%まで上げてもいいのだという。

これだけ聞くと、『そうかな』と思ってしまう。
実際はどうか?

国名・消費税の標準税率・消費税(付加価値税)が国税収入に占める割合
(ウィキペディアより宮内豊編「図説 日本の税制 平成18年度版」より引用)
 フランス・19.6%・47.1%
 ドイツ ・19.0%・33.7%
 イタリア・20.0%・27.5%
 イギリス・17.5%・23.7%(平成15年度実績額)
 日本  ・ 4.0%・20.7%【5.0%・24.6%(地方税1%を含めた数字)】

税率が日本の3.5倍のイギリスよりもすでに日本の消費税の国税収入に占める割合の方が高いのである。ここで消費税を2倍にすれば、国税収入に占める消費税の割合はどうなるか?
ドイツも抜いてしまう。
実はフランスも抜いてしまう。


もう少し細かく見てみよう。
恐ろしいことが分かってしまった。
次は財務省発表の数字である。

消費税など(消費課税)に関する資料(平成24年4月末現在)
 税目等課税対象・平成24年度予算額・構成比(の順)
 国税収入計      452,830億円 100.0%
 消費課税計      174,003    38.4%
 消費税 資産の譲渡等 104,230    23.0
 個別間接税計     69,773    15.4
 酒税         13,390    3.0
 たばこ税等      10,912    2.4
 揮発油税等      29,123    6.4
 自動車重量税      7,032    1.6
 航空機燃料税       566    0.1
 電源開発促進税     3,290    0.7
 石油石炭税 原油等   5,460    1.2
(備考)
1.上記の予算額には一般会計分(423,460億円)の他、特別会計分を含む。
2.上記以外に「消費課税」に含まれるものとして、関税、とん税等があり、これら(税収9,325億円)を加えた場合の国税収入に占める消費課税の割合は40.5%となる。

日本の場合消費税率1%で2.5兆円と言われる。
国税収入に占める消費税の割合は38.4%〜40.5%になっている。
今現在でも世界第二位である。
イギリスの2倍近くである。
これで消費税を5%上げたらどうなるか?
上の財務省の数字を使って試算してみよう。

国税収入   消費課税   直接税収入 
452,800億円−174,000億円=277,200億円

5%上げた分を国税収入とすると125,000億円である。
174,000億円+125,000億円=299,000億円

299,000億円÷(277,200+299,000)億円×100=51.2%
消費税世界一位確定である。
これでは国は保たない。
軽減税率など適用しても焼け石に水である。
日本の消費税率:ヨーロッパの消費税率=5%:20%

こんな税率比較だけで騙されてきたのがわたしたちなのである。
15%などというのは狂気の沙汰である。

最近、直間比率という言葉を聞かなくなっていた。
なるほど、使いたくなかったわけだ。
今現在で、(直)6:(間)4である。
5%上げたら、(直)48.8:(間)51.2となる。
間接税(消費課税)が直接税を上回ってしまうのである。

私たちは叫ばなければならない。
せめて消費税はイギリス並みに下げろ!
---------------------------------------------------------------

消費税の関連投稿
◇ 社会保障と税の一体化?…大ウソ!ただの搾取(1)265799
◇ 社会保障と税の一体化?…大ウソ!ただの搾取(2)265800
◇ トヨタ社長より高い 庶民の実質税負担 265428
◇ 消費税、瓦礫/放射能拡散と金貸し・金融資本の思惑 263007
◇ 消費税10%なら大企業は6兆円のボロ儲け 262993
◇ 増税分は全て米国へ貢納される 261665
◇ 「今こそ、資産課税が必要だ」261376
 
  List
  この記事は 265800 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265994
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
282039 『日本の消費税が低い!』は嘘。マスコミお得意の詭弁だった。 吉田達乃鯉 13/10/08 AM01
271125 世界の国々の消費税率比較表 石川笑美 12/12/07 AM00
267593 世界最速のスピードで大企業(金貸し)優遇が進んでいる日本 きっちょむ 12/08/14 PM08
267553 世界にみられる面白い税の取られかた リンゴヨーグルト 12/08/13 PM05
267275 消費税増税を簡単に葬る方法@〜一度決めたことは何度でも決め直せば良い 猛獣王S 12/08/04 PM07
267132 今税収を上げれば、ギリシャなどのようにアングラ経済が拡大する 本田真吾 12/07/31 PM01
266427 消費増税法案を読めば読む程、この法案をよしとする議員の気持ちがわからなくなる コロコロ 12/07/11 PM07
265996 いつのまにか 加生真希夫 12/06/29 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp